プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
99

[書籍] 夜来たる

アシモフのSF短編集。

nightfall_one

photo
夜来たる (ハヤカワ文庫SF)
アイザック アシモフ 美濃 透
早川書房 1986-11
評価

by G-Tools



面白かったー!!
全体を通して もやもや と スッキリ のバランスが絶妙な読後感。


夜来たる

6つの太陽を持つ惑星ラガッシュに、2000年に一度の夜が来る。
根源的な恐怖。


緑の斑点

地球とよく似た理想的な惑星セイブルックには、どの生物にも緑の斑点があって・・・。
秩序と無秩序。


ホステス

この銀河系に存在する知的生命体の中で、地球人だけが自然死する理由。
ぜんぶアレのせい。


人間培養中

自殺願望に取りつかれた天才ラルソン博士曰く。
原因と結果。


C-シュート

クロロ人の捕虜になった地球人たちの人間模様。



「緑の斑点」、「ホステス」、「人間培養中」が好き!
「夜来たる」はずっと読みたい読みたいと思ってる間に期待し過ぎてしまったかな。

ざっくり感想は続きから↓
(ネタバレなし)




ざっくり感想



夜来たる


てっきり夜が来た後の狂乱がメインだと思ってた・・・ら、むしろその直前の話でした。

夜が来ると数百万の"星々"が現れると信じるカルト教団を笑う学者たちってのが痛快な皮肉。
宇宙がそんな広いわけないだろうと。
もし太陽が1つしかなくて自転する惑星があるとしたら、一日の半分が夜!?あり得ない!そんな星では生命は生存不可能だ!

ですってよ、奥さん。

そんな人々に世界の終わりを告げる夜がやって来る。

宇宙は広く、人は無知。
見えぬけれどもなんとやら。
そして再び、約2000年のサイクルが何事もなかったかのように繰り返されるわけですね。

電気(照明)はないの?とふと思いましたが。


pp_stars_201407
photo credit: zAmb0ni via photopin cc



緑の斑点


地球そっくりの惑星の秘密にゾクッとしました。これぞ醍醐味、ちょー面白い!
読みながらいかに先入観でものをとらえているかにハッと気付かされる楽しさもありつつ、ちょっとコミカルで、ちょっとホラーでした。

スタートレックに出てくる可変種やボーグを彷彿としたなぁ。
当たり前だけど、我々の正常が彼らにも正常とは限らないのですよね。
同様に、彼らの救済が我々の救済とも限らない。
温度差がどこか滑稽さと切なさと恐怖をいっぺんに誘いました。

最後の博士の台詞がなんか良かったなぁ。

「かれ」が私を読み取った場合、「明敏-考体」なのか「朦朧-考体」なのかちょっと気になった(笑)
(ヒトならすべて「明敏-考体」だったような気がするけどよくわからぬ。)
朦朧はヤだな朦朧は(笑)


pp_greenplants_201407
photo credit: rore via photopin cc



ホステス


異星人を自宅に招待することになった生物学者ローズと、非協力的な夫。
それぞれの思惑と失踪事件とが絡んで、ちょっとしたミステリでした。
我々地球人の生態について、なるほどそういう見方ができるのかぁって。

結末が最高にもやっとする・・・んだけど、全部アレのせいってことでいいのかな(笑)

ローズの個人的な疑惑の理由は、確かに考え方次第では絶望的だけど、それって彼らだけに限ったことじゃないし、感知できないんだもの、自分の信じたいように信じたらいいんじゃないのかな?生物学者という職業が何か受け入れ難くさせているのか、単に私の読み方が甘いのか。
まあ、知らなきゃよかったってのは、あるかな・・・。




人間培養中


人間の傲慢さを嘲笑しているかのようで小気味よい話です。

われわれは知性が重要なものだと思っている。しかし、それはわれわれが知性を持っているからにすぎません。

われわれはいわゆる自然の摂理というものに従っていますが、この自然の摂理とは、自分たちに押しつけられた理解不能の力を解釈したものにすぎません。

そういうものを便宜上、ナントカって呼んだり呼ばなかったりして。
お釈迦様の手のひらで踊らされた孫悟空だ。

有耶無耶な中に無力感と希望が混在。

「ホステス」読んだ時に思ったのと同様、どうにもならないことは、自分が理解・認識できる限りにおいて、ささやかな世界を精一杯幸せに楽しく生きれれば、私はそれでいいっす。



C-シュート


C-シュートとは宇宙葬用の小型エアロック。
そのC-シュート周りの様子がいまいち分かりにくくて入り込めなかったけど、
人間臭さはダントツでした。
マリンが描かれ方からしてぷんぷん匂うのでした。
星新一の「人類愛」を思い出したなぁ。




▼こちらは長編版。前に一度挫折してます(笑)気が向いたらいつか読む。

夜来たる 長編版 (創元SF文庫) 夜来たる 長編版 (創元SF文庫)
アイザック アシモフ ロバート シルヴァーバーグ

by G-Tools



以上♪

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop