プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

92

[書籍] シャーロック・ホームズの優雅な生活

ワトスンの三枚目キャラに爆笑!


photo
シャーロック・ホームズの優雅な生活 (創元推理文庫)
マイクル・ハードウィック&モリー・ハードウィック 榎林哲
東京創元社 1974-07
評価

by G-Tools


映画のノベライズというこの作品、盛り上がる要素には事欠かない印象で、テンポ良かったです。
ただ、まあ、なんだかなぁと思う点も。

笑いの部分を評価したいと思います。いやもうかなり笑わせてもらったんだ!
ここしばらく、暗くてシリアスな贋作に若干打ちのめされていたので、この本の陽気さはありがたかった(笑)ホームズが元気で嬉しくなっちゃうね。

またしてもタイトルがしっくり来ないという;


ざっくり感想は続きから↓
(ネタバレなし)




ざっくり感想


笑いの神が舞い降りたワトスン


ワトスン、紳士成分をちょっと減らす代わりに、滑稽さと俗っぽさと気短さの混合物を加えたような感じ。

さっきまで浮かれてると思ったら今度はぷんぷんのワトスン(●`ε´●)
ホームズにあることをされて激怒。まあもっともな怒りだ、沽券に関わる。しかし、気の抜けた姿のせいで全然さまになってない(笑)もう、ワトスン、しっかりして!

何ひとつビシッと決まらないワトスン君はこれはこれでたまんなかったです!!

そしてこれ。

P106
「どちらがホームズさんで、どちらがワトスンさんですの」
ホームズは微笑した。
「ワトスンはハンサムなほうです」
わたしは口ひげの両はしをひかえめにひっぱらずにいられなかった

ちょっと、、、もう(笑)
わたしは肩を震わせて笑わずにはいられなかった、ですよ(笑)



"つめたくて無感動な"ホームズ その他


美女が出てきてドキドキっていうエンターテイメント要素は、まあ、仕方ないです、ね。
ただやっぱりどうもホームズの禁忌に触れている感は否めないので、なんだかなぁという気も。
どうして俗なほうにホームズを引っ張ってしまうのかなぁ・・・。

ホームズって、一見防御力高そうな鎧着込んでるけど、実はその鎧、鎧の絵がプリントされただけの布の服でした、みたいなところがあるよなぁ。
どこを読んだからとかいう根拠は特にないけど、なんだかそんな風に思いました。


P43
「ぼくはつめたくて無感動だということでたびたび非難されてきたね、ワトスン。そのことは認めるが、ぼくはぼくなりのつめたくて無感動なやり方で、きみがとても好きなのだ」

これはッ・・・!!ワトスンでなくても射抜かれますね!この台詞周辺のシーンも面白かったなぁ。

ワトスンの記述ミスネタをさてどこに持ってこようかと作者は絶対楽しんでるに違いない。ていうか皆さんそうでしょうね。都合よく使っているとも受け取られかねないから諸刃の剣のようにも思うけど。

前半は怒濤の笑い、後半は物語が進展して大がかりな方向へ、そしてラストちょっと切ない・・・そんな感じでした。
映画は機会があればいつか観ようかな。
全体的には文章が面白くてとても読みやすかったです!


以上♪

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。