[万年筆INK] エルバン オペラレッド

みかん

名前の華やかさとは裏腹に、淡さのある落ち着いた赤色のオペラレッドが個人的に旬な今日この頃。
エルバンのインクは本当いつも絶妙にツボを突いてくるなぁ(о´∀`о)

オペラレッド - ボトルと
▲ガラスペン使用、紙は例によってトモエリバー

小さい10mlボトルのほうで買いました。お試しサイズとしてちょうどいいうえに、見た目もめっぽう可愛い。
何でしょうね、このミニボトルのスキのあるちょこんとしたたたずまいは。
リピートするならまたこのボトルにしようかな。細長くて吸入もしやすいし。

乾くと鮮やかな赤がすっと退いてひかえめになります。

オペラレッド - 乾燥前後
▲上:書いた直後、下:乾いた後

フチの感じがたまらんなー。この模様、なんだかウル○ラ怪獣か何かに見えてきましたがそれはおいといて。

preppy(EF)で淡さを満喫しています。書き心地も今のところわるくなし。

オペラレッド - preppy02で
▲preppy(EF)でインクの説明文を

インクの説明にある情熱的な愛というのは個人的にはあまりピンと来ないですね。
激しさよりは穏やかさを感じます。紙やペンが変われば印象も変わるかもしれません。

淡い赤には淡い青ってことで、藍濃道具屋(レンノンツールバー)の熨斗目花とセットで使うとちょっと幸せになれたりして。というか、むしろそれを狙って買いましたよフフフ。赤&青は何かと使いやすいからね。

オペラレッド - preppy02で熨斗目花と
▲どちらもpreppy(EF)

濃淡がイイ!落ち着く…(´ω`)

インク名に「ルージュ」って付くほうが、ありきたりな「○○レッド」よりも個性的で良いのになぁ、などと生意気なことを思ったりしますね。フランスらしさが前面に出るし、「ルージュ」って言葉に馴染みがあるからそう気取った感じもしないんじゃない?なんて。

色の比較

手持ちの似た色との比較。

  • エルバン オペラレッド
  • パイロット 色彩雫 紅葉

オペラレッド - 比較
▲ガラスペンでトモエリバーに

惑星 - オペラレッド 惑星 - 紅葉
▲マルマンの白クロッキーに

どちらもピンク寄りの赤ですね。オペラレッドはより淡く、紅葉はよりくっきり鮮やかに見えますね。
「赤」という強烈カラーの割には、いくぶん優しく和らいだ印象のオペラレッドです。

以上。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply