私の手帳履歴

みかん

手帳の使用履歴をまとめてみました。
ほぼ日デビューした2011年以降について。

以下は除く。

  • 年をまたぐもの 例)ジブン手帳LIFE、連用日記
  • お試し用に買ってノート化したもの(手帳としてはほとんど使っていないもの)
  • 趣味特化ノート  例)読書ノート(どこまで「手帳」に含めるか微妙なところですが一応)

(最終更新日:2019/10/08)

手帳履歴一覧

手帳 サイズ フォーマット
2011 ほぼ日手帳カズン A5 1日1ページ
2012 ほぼ日手帳カズン A5 1日1ページ
2013 ほぼ日手帳カズン A5 1日1ページ
2014 ほぼ日手帳カズン A5 1日1ページ
2015 ほぼ日手帳カズン A5 1日1ページ
2016 (1) HIGHTIDE NZタイプ(→ボツ)
(2) DELFONICS タイプC
(3) EDiT(→ボツ)
(4) Hobonichi Planner
(1) A5
(2) A5
(3) B6変形
(4) A6
(1) 週間バーチカル
(2) 週間バーチカル
(3) 1日1ページ
(4) 1日1ページ
2017 ほぼ日手帳カズン A5 1日1ページ
2018 ほぼ日手帳カズン A5 1日1ページ
2019 (1) HIGHTIDE NZタイプ
(2) クラシ手帳
(3) COATED ダブルマンスリー
(1) A5
(2) ?(スリム、縦はB6未満)
(3) A5
(1) 週間バーチカル
(2) 週間ホリゾンタル(レフト)
(3) ガントチャート
2020
(予定)
(1) エルコミューン MATOKA
(2) EDiT 週間ノート
(3) LACONIC 仕事計画 ガントチャートマンスリー
(1) B6
(2) セミA5
(3) A5
(1) 週間ブロック
(2) 3分割の週間バーチカル
(3) ガントチャート
備考

2011年、ほぼ日デビュー当時は、マンスリー以外はほぼらくがき帳と化。
筆記具は主に油性ボールペン(ジェットストリーム0.5)で、例によってじんわり経年裏抜けしていますがそれもまたいい思い出。

2012年、「貼る」全盛期で肥えに肥やす。
2013年、ほぼ日カズンの週間バーチカルのページを使い始める。
2014年、万年筆を使い始める。
2015年、インク沼の兆候。万年筆ライフが快適にはかどり過ぎるトモエリバー用紙が加速させたと言ってよし。

2016年、ほぼ日カズンをいったんやめる。そして「万年筆×トモエリバー」の相性がいかにすばらしかったかを思い知る。
2017年、再びほぼ日カズンに戻り、存分にトモエリバー充する。
2018年、初めてほぼ日のカバーを買う。

2019年、見た目の好みでハイタイドに。
筆記具は「手帳には万年筆!」の執着を捨て、ボールペンに。
また、仕事用にガントチャートの手帳を導入。
2020年、週間ブロックと初のざっくり3分割バーチカル。さてどうなることやら。

以上。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply