[手帳2020] 真っ白い!マンスリーの日祝背景が無色になったEDiT週間ノート

みかん

EDiTの週間ノートを2冊目として(仕事用はノーカン)購入しました。
ざっくり3分割のバーチカル手帳で、SUNNY手帳とかなり迷った末。

決め手は真っ白の衝撃。マンスリーの日曜祝日の背景がグレーから無色=白に変わった衝撃。
店頭で見て心が躍りました。些細なことのようですが、現にこうして購入に至ってるんだから重要な要素なんでしょう。
フォーマット全体を眺めながら書く内容がすらすら浮かんだってのもありますが、それは後付けの理屈のような気もしてきた。

ということで、初めてのEDiTの週間ノートです!

EDiT週間ノート2020 - オモテ

EDiT週間ノート2020 - ウラ

公式セミA5 週間ノート(ETH) - 手帳2020(12月・1月始まり) - EDiT(エディット)手帳 2020

「セミA5」という特殊なサイズのカバーはもちろん持っておらず、ふとA5カバー×リフィルで大は小を兼ねるか…と思いました。が、万一ぶかぶかだと後悔しそうなので、カバー一体型(取り外し不可)のスープル・ビスにしてみました。

手触りが売りのスープルは前からちょっと気になっていまして。
実際手元で改めて触ってみると、確かにしなやかで柔らかくて気持ち良いかも。意味もなくぷにぷにつつきたくなります(о´∀`о)

仕様

  • 価格:2,600円(税抜)
  • 期間:2019年12月〜2020年12月
  • 用紙:NEO AGENDA II for EDiT ※1日1ページと同じ紙。
  • 内容:3年カレンダー、年間カレンダー、年間プランニング&レビュー、プロジェクトタイムライン、マンスリー、ウィークリー、 ノート(136ページ)、アドレス、パーソナルデータ
  • 付録:海外祝日一覧、世界地図、国内9都市地下鉄路線図
  • 備考:月曜始まり、しおりひも2本

《参考》EDiTの手帳用紙

  • 「NEO AGENDA II for EDiT」:1日1ページ、週間ノート
  • 「NEO AGENDA II」:週間バーチカル、週末重視の月間手帳

EDiT週間ノート2020の真っ白さよ

ああ、白い!驚きの白さ!(洗剤か)

過去のEDiTと比較。フォーマットもサイズも違いますけど…。でもグレーの有無で印象がガラッと変わるのが分かると思います。

EDiT週間ノート2020とEDiT1日1ページ2016のマンスリー比較

ページ構成

各ページの写真をページ順に。
透け感や開き具合など参考になれば。

3年カレンダー

EDiT週間ノート2020 - 3年カレンダー

年間カレンダー

EDiT週間ノート2020 - 年間カレンダー

年間カレンダーのグレーは別に気にならないんですよね。面積が小さいからか、このほうが俯瞰しやすいので利便性が勝っているのか。何が何でも真っ白がいいってわけじゃないんだなぁこれが。

年間プランニング&レビュー

EDiT週間ノート2020 - 年間プランニング&レビュー

プロジェクトタイムライン

EDiT週間ノート2020 - プロジェクトタイムライン

マンスリー

EDiT週間ノート2020 - マンスリー

マンスリー1年分の後に、ウィークリー1年分が続きます。(ひと月毎に交互に来るタイプではありません。)

ウィークリー

EDiT週間ノート2020 - ウィークリー

マンスリーの白さが購入のきっかけではありますが、もちろんメインコンテンツであるこのウィークリーのフォーマットが気に入ったのはいうまでもありません。カレンダーの配置がメインを邪魔せず、素敵です。は や く 書 き た い。

ノート(メモ)

EDiT週間ノート2020 - ノートメモ

ドット横罫136ページ。

地図・路線図などの付録、アドレス

EDiT週間ノート2020 - 付録の路線図アドレス

パーソナルデータ

EDiT週間ノート2020 - パーソナルデータ

裏抜けチェック

EDiT週間ノート2020 - 裏抜けチェック

万年筆での裏抜けはなさそうですが、個人的に「EDiTでは万年筆を使わないほうが心乱れず安らか」という結論に至っているので、ボールペンで平和に過ごそうと思います(笑) 一時期万年筆での書き心地の快・不快が日替わりで揺れに揺れてもうどうしようかという事態になったのでね、あえて万年筆でなくても、ということで。あくまで私個人の感想です。

1冊目との使い分け

こんな風に役割分担する予定。

  1. MATOKA B6 週間ブロック … 生活・健康・交際・日記
  2. EDiT セミA5 週間ノート … 趣味・娯楽

過去記事[手帳] 2020年はマトカのB6週間ブロックにしてみる

MATOKAの生活手帳は母艦。毎日習慣として書く。何をしたか、何があったか、何を思ったか。
EDiTの趣味手帳はサブ。必要な時だけ書く。(趣味で)何をしたか、何をしたいか。

2020年のプライベート手帳2冊
▲2020年はこの2冊で参ります

あとがき

店頭にEDiTの手帳用紙を試せるリーフレットがありましたが、すばらしいですね!2種類の手帳用紙が数ページずつと、いくつか使用例が載ったフリーペーパー。書き心地や裏抜けを事前に試せるのはすごくありがたい。今年からかな?

このリーフレットの存在を知る以前に私EDiTの週間バーチカルを買っていたので…いや紙質その他が気になり過ぎてね…なので微妙にニアミスでした(笑)いや、でも、いいのさ、うん。

来年を楽しみに、残り3ヶ月、ハイタイドの週間バーチカルを満喫します(*゚∀゚)

以上。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply