[手帳] 2020年はマトカのB6週間ブロックにしてみる

みかん

2020年の手帳は週間バーチカルから週間ブロックに変更
エルコミューンのMATOKA(マトカ)という手帳を買ってみました。

マトカ手帳2020おもて

公式EL COMMUN.,Inc. – 有限会社エルコミューンのオフィシャルサイトです。

カバーと本体リフィルのセットです。(←普段リフィルのみ買ってる人の言い方)

週間バーチカルから週間ブロックに変更した理由

  • 時間より日記を重視したくなったから。
  • スマホと重複するライフログを省略したくなったから。

時間帯や所要時間にとらわれず、何をしたかは日単位で分かれば十分だな、と思い至りました。
その点ではゆるいバーチカルも候補でした。朝昼晩3分割のざっくりしたやつとか。でも、いったん思い切って時間の概念をなくしてみようと思いました。

アイコンや色分けも定着してきたので、フォーマットが変わろうともひと目で区別できるはず。

仕様

  • タイプ:週間ブロック
  • サイズ:B6
  • 価格:1,700円(税抜)
  • 期間:2019年10月〜2020年12月
  • 内容:カレンダー、年間予定表、マンスリー、ウィークリー
  • 付録:世界&日本白地図、全国鉄道路線図、[別冊]メモ
  • 備考:月曜始まり、しおりひも2本、ペンホルダーあり

マトカ手帳2020 - 週フォーマット - エルコミューンさんより

マトカ手帳2020 - 月フォーマット - エルコミューンさんより

(画像出典:EL COMMUN ONLINE SHOP(楽天)

誕生石が載ってるって新鮮です。

ほんのりクリーム色の紙に、全体にスッキリした控えめなデザインだと思います。枠線にほどよく遊び心があって良き。

月と週が交互に来るタイプではなく、月は月で1年分まとまっています。(マンスリー1年分の後に、ウィークリー1年分が続きます。)
個人的にはどちらのタイプでもいいんですが、この手帳のように、日にちが月末で分断されずシームレスだと、「ウィークリー」手帳らしいなって思いますね。月をまたいで週のくくりで俯瞰できるし。

裏抜けチェック

マトカ手帳2020 - 裏抜けチェック

予想どおり、万年筆、マイルドライナー、呉竹クリーンカラードット、DAISOの黒スタンプインクなどは裏抜けしますね。
油性ボールペンやアーティストブラシもギリギリのライン。
いつまで続くんだろう、裏抜けを気にする人生(笑)

過去記事[文具] スタンプインク「オールパーパスパッド」のグレーを手帳で裏抜けチェック
過去記事[文具] 呉竹 ZIG クリーンカラードットの裏抜けチェック

書く内容の案

メインの週間ブロックは天気、食事、日記など

マトカ手帳2020 - 週 - 例

クリーム色の紙なので茶系で行く案が濃厚。
写真はSARASAのブラウングレー(0.5)とJuice up(0.4)で試しに書いてみた図です。0.5って手帳にはちょっと太いんだけど、どんなもんかなぁ。

ちなみに罫線幅は6mmです。

過去記事[文具][万年筆INK] ボールペンの茶色7つ盛り合わせ ココアブラウン添え

月間カレンダーは収支とダイジェストと

メインのカレンダーには普通に行った場所とか休暇とかを書きます。予定管理には使いません。
余白にその月の収支をスタンプで記録。

縦長のミニカレンダーを活用してみたいところですが、例年どおりダイジェストを書こうかなと。スペースがそこしかないので。
ダイジェストっていうのは、その月の主な購入品や読んだ本、観た映画などのまとめを勝手にそう呼んでいて、まあ言い方は何でもいいんですが、その月に何に夢中だったか、趣味や買い物が充実していたか(または買い過ぎたか)、月毎に振り返るとなかなか面白いのです。

年間予定表で健康チェック

お通じ、腹痛、頭痛、睡眠不足、生理の5つを、何かしらマークなり色なりを決めて記録。

カレンダーで趣味チェック

カレンダーの日付を趣味で色分け。
読書は緑、映画は青といった具合に。
今年の手帳でやってみたところ軌道に載ったので来年もと考えている案です。 今月はピアノをたくさん弾いたなとか、最近映画観てないなとか、そんな傾向を確認してですね。

呉竹のクリーンカラードットを使おうかなぁ。
手帳本紙では裏抜けしますが、カレンダー部分の厚い紙なら裏抜けしないことを確認したので。

過去記事[文具] 呉竹 ZIG クリーンカラードットの裏抜けチェック

以降、ページ構成の写真は続きからどうぞ。

ページ構成

ページ順に。

カレンダー

マトカ手帳2020 - カレンダー

表紙をめくるとすぐカレンダーがあります。
その後すぐ(間に1枚もはさまず次ページで)年間予定表が続きます。

年間予定表

マトカ手帳2020 - 年間予定表

たとえば手帳の名前や年度が書かれた扉ページでワンクッションってのがない。
ちょっと驚きましたが、すぐ本題に入ってくれるのはそれはそれでいいか。余計なページ数がカットされている感じ。

この年間予定表はつまり、左のページは厚手の紙で、右のページから手帳本体の用紙になっています。左右で紙の厚みが違うのは若干気になりますが、まあ慣れるでしょう。

背景は日祝のみ色付き。

マンスリー

マトカ手帳2020 - 月

背景は平日も休日も等しく無色。

ウィークリー

マトカ手帳2020 - 週

背景は日祝のみ色付き。

翌年の年間予定表

週間ブロックが終わると、翌2021年の年間予定表が来ます。(2020年と同様のため写真は省略。)

付録ページ
世界&日本白地図

マトカ手帳2020 - 世界白地図

マトカ手帳2020 - 日本白地図

なにげに「白地図」という点が良いかも。日本地図は県名と県庁所在地のみ。情報が最低限で見やすいし、色だって塗れるよ。
思いがけず地理の復習になりましたよね。

全国鉄道路線図

マトカ手帳2020 - 路線図

なんと全20ページもあります。地下鉄も載っています。

出身地のローカル線を見つけて思わず見入ってしまいました(*゚∀゚)
いつも大都市しか載っていないことに慣れていたので、うれしい驚きです。

付録の路線図をまともに見たの初めてかも。

翌年のカレンダー

マトカ手帳2020 - 翌年のカレンダー

カレンダーに始まりカレンダーに終わる。
右は別冊のメモ帳がデフォルトで挟まっています。

別冊メモ

マトカ手帳2020 - 別冊メモ

淡いグリーンの5mm方眼、32ページ。
突発的に「1日1ページ手帳的な使い方」をしたくなった時のための予備、と思うと安心かな。

あとがき

つい最近まで、来年の手帳は万年筆を使う気満々でいました。
がしかし、そうすると書き心地の好みでトモエリバー一択になってしまい、選択肢が激減。ああ、かつて何の気なしに使い始めたほぼ日でたまたま万年筆にハマったばっかりに、こんな身体に…(笑)

ひとまず来年の手帳が決まってひと安心です。

以上。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply