[文具] Kemmy's Laboの無色透明なガラスペンを購入

みかん

やっぱり軸もガラス製のガラスペンが恋しくて、Kemmy's Labo(ケミーズラボ)のガラスペンを買いました。
字幅はなんだかんだで自分的にオールラウンダーなF(細字)で。

ケミーズラボさんガラスペン - 深海に染まるペン先よ

その者あおき衣をまといてトモエリバーの野に降り立つべし…(*゚∀゚)
色彩雫の深海に染まった美しいペン先。

ケミーズラボさんガラスペン - 深海に染まるペン先ズーム

はー、ため息出るわぁ(´∀`*)

シンプルで可愛らしく、書き心地も申し分なく。

仕様とか
  • 長さ:普通のボールペンよりちょっと長いくらい(アバウト)
  • 字幅:F
  • 価格:2,300円(税抜)
  • 有料で修理可
  • 取扱説明書あり
  • ペンレスト付き

ケミーズラボさんガラスペン - 竹夕外観1

無色透明のシンプルなものを求めていたのでうってつけでした。

すとんと細いスマートな軸。
小ぶりのストレートなペン先。
目立ち過ぎないロゴ。
あつかいやすい長さ。
尖らず平らで丸みを帯びたおしり。

ペンレストは持ってなかったのでうれしいです。
ないならないでどうとでもなるけど、あるならあるで定位置ができて落ち着く。

ケミーズラボさんガラスペン - 箱と説明書と
▲箱と説明書と

持った感触をひらがな1文字で表すと「ぬ」。(意味不明)
ガラスで硬いはずなのに柔らかく感じるのは見た目がみずあめみたいだから?

何色にも染まる軸

軸全体が無色透明だと、ペン先だけでなく軸そのものが何色にも自在に染まって楽しいです。

カラフルなものの上に無造作に置くだけでほら。

ケミーズラボさんガラスペン - ピンク丸シールの上で
▲シールの上にごろり

ケミーズラボさんガラスペン - 色鉛筆の上
▲色鉛筆の上にごろり

背景に溶け込む様はまさに映画「プレデター」を彷彿と…しないか(笑)
だいたい色鉛筆の上に普通置くか?ってね。とにかく無色透明バンザイなのです。

あとがき

Kemmy's Labo(ケミーズラボ)とはハンドメイド作家の深澤亜希子さんという方のブランドのようです。

公式AKIKO FUKAZAWA

作り手がどこのどなたかはっきりしていて、修理についても説明書に明記されているって安心。

なんせ過去に謎の安価なガラスペン(しかし書き味はすこぶる良かった)を部位破壊して駄目にしたことがあるんでねーHAHAHA。私としては丁寧に使ってたつもりなんですけどね…。

なので、修理に出すことを想定しつつ、かといってあまり神経質にならずに普段使いできる価格帯で、ちょうどいいかなと思ってます。

美しい工芸品として飾っておくんじゃなくて、筆記具として気軽に書いて楽しみたいんじゃー。
もちろん今度は壊さないようになるべく気をつけます。

万年筆で飲みきれないインクたちと戯れていこうと思います。

ケミーズラボさんガラスペン - 竹夕文字

↓記事で使用した色彩雫のインクたち。

以上。

関連記事
Posted byみかん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply