[楽譜] ピアノコレクションズ ファイナルファンタジー10

みかん

「ピアノコレクションズ」のFF10の楽譜を最近買ったんですが、全体的に期待以上の素敵アレンジで歓喜しております!

水水しいFF10のイメージの真逆をいく砂砂しい表紙がちょっと意外ですけども、中身の曲は潤いたっぷりです。

収録曲
  1. ザナルカンドにて
  2. ティーダのテーマ
  3. ビサイド島
  4. 祈りの歌
  5. 旅行公司
  6. リュックのテーマ
  7. グアドサラム
  8. 雷平原
  9. 襲撃
  10. 浄罪の路
  11. 素敵だね
  12. ユウナの決意
  13. 極北の民
  14. 決戦
  15. Ending Theme
  16. 決戦(Special Presents)

曲数は「ピアノコレクションズ」の中では多いほうですかね。

全体のざっくり感想

期待以上に気に入りました。

アレンジ良し、弾きやすさ良し

全体的に音域が高めで、キラキラと飛び跳ねる雫のようです。
いかにもきれいな感じで、実際きれい。ピアノの音ってきれいだなぁと実感しながら楽しめます。

突飛過ぎず、普通過ぎず、他の「ピアノコレクションズ」に比べて統一感のあるまとまった作品群という風に感じました。
妙に浮く曲とかがないです。

ピアノ専用の曲として無理なく自然につくられた感じがする…って当たり前か?
そもそも原曲の時点で既にピアノ成分が多めでお洒落なサウンドでしたから、「ピアノコレクションズ」として違和感がないです。

初見でも比較的指馴染みが良いというか、弾きやすいです。
だからといって簡単だということでは決してありませんが。

思い出補正抜きで良し

ゲーム作品のほうは、個人的には他のFFに比べると思い入れは弱いです。
1周さらっとクリアしただけ…いや正確にはほぼ「見る専」でした。(必ずしも自分でプレイしなくても見てるだけで楽しい)。
面白かったけど、子どもの頃に夢中になって以後何周も遊んだり聴いたり弾いたりしてきた他の作品(FF4〜7あたりが熱い)と比べるとどうしてもね!

その割にこの楽譜の引力が強いということは、思い出補正を抜きにしても、純粋にひとつのピアノ譜として楽しめるということにほかならない!と思います。

まあ音楽のほうはゲームプレイ前からぼちぼち聴いてたので、原曲の好みに左右される面はあります。

が、アレンジが好みの楽譜に出会うと、つられて原曲の好感度も上がるってもんです。
「ティーダのテーマ」とか「素敵だね」とか、特別好きというわけではなかったけど、おやこんなに良い曲だったのかと…どうもすいませんでした。参りました。

って褒め過ぎか。

個別のひとことふたこと感想

以下、ピックアップして感想を。

ザナルカンドにて

お気に入り度:star5.png

ストレートに美しいです。弾くべし

ビサイド島

お気に入り度:star5.png

3連符に乗ってすごくきれい。
途中ドビュッシーの「月の光」を彷彿とするような。もうキラキラですよ。

原曲のどこか脳天気な感じも大好きですが、このアレンジもたまりません。

浄罪の路

お気に入り度:star4.png

雰囲気もリズムも原曲に忠実なのでとっつきやすい半面、原曲のようには展開しないので焦らされます。でも大丈夫、ちゃんとカタルシスは来る!

ただちょっと薄味かなぁって気もする…原曲が好きなのでもっと濃い何かを期待してしまいます。

極北の民

お気に入り度:star4.png

静かで張りつめた入りから一転、自然の厳しさ雄大さを思い知るがごとき力強いフレーズで、そのメリハリにしびれます
ただ、せっかく盛り上がってもすぐおとなしくなっちゃうのでそこが個人的に惜しいです。節制を強いられる感じが若干ある。

原曲はN◯Kのドキュメンタリー番組とかで流れてもおかしくなさそうな渋い曲。好きです。

雷平原

お気に入り度:star4.png

意外といろいろな表情があって、弾いていて楽しいです。
すっと晴れ間が見えるようなすがすがしいところや、お天気雨みたいなところとか。

ティーダのテーマ

お気に入り度:star3.png

3拍子でしっとり。おおらかに、素直な心で弾きたいなと思わせる曲です。
イントロ部分は「見かけほど難しくはないのだ」と言い聞かせています。

ふと思ったけど、ティーダはハ長調が似合うなぁ。

素敵だね

お気に入り度:star3.png

メロディと8分音符と3連符がポロポロときれいな曲。
見た目以上に難しく、ミスを連発するので、美しいポロポロを目指して要練習。

あとがき

何度も弾きたくなるような楽譜に出会えてうれしい限りです。
「ピアノコレクションズ」ってアレンジの当たり外れが大きい印象ありますけど、このFF10版は例外かな。

じっくり長く楽しめそうです。

以上。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply