[手帳] 2019年はハイタイドのA5週間バーチカルに!裏抜けチェックと使い方案

みかん

来年の手帳はデザイン重視でHIGHTIDE(ハイタイド)の週間バーチカルに決めました。A5サイズ、Z(NZ?)タイプ。
やっぱり見た目は大事1年いっしょに過ごすんだから、気分が上がるものがいいに決まってる!
ってことで、リベンジです。

ハイタイド2019Z - 週間バーチカル

前回(2016年版)は万年筆の裏抜けのため使用中止と相成りました。万年筆を使いたい気持ちのほうが強かったためです。

今回は、「手帳に何が何でも万年筆じゃなくたっていいか、万年筆は万年筆で別途楽しめばいいや!」という心境に至り、素直にボールペンを使うことにしました。

過去記事[手帳] ハイタイドの週間バーチカルが恋しくてトモエリバー縛りをやめようか悩ましい2018年初夏

仕様
  • サイズ:A5
  • 厚み :1cm
  • 価格 :1,500円(税抜)※リフィルの価格です。
  • 期間 :2018年12月〜2019年12月
  • 内容 :カレンダー、年間スケジュール、月間スケジュール、週間スケジュール、ノート、パーソナルデータ、月間インデックス、[別紙]主要都市地下鉄路線図
  • 備考 :月&週が1ヶ月毎に繰り返し配置、カットインデックス、月曜始まり

一部、オンラインショップより抜粋しました。

ハイタイド2019Z - 公式フォーマット1
ハイタイド2019Z - 公式フォーマット2  

(出典:HIGHTIDE ONLINE


年・月・週(バーチカル)+ガントチャートといった構成です。
時間軸の目盛りは7〜24時。しおりひも2本付き。

ハイタイド2019Z - 構成品

路線図が巻末ではなく別紙になっています。単体で普通に便利に使えそう。

インデックスシールは、裏に貼り方の説明があります。

ハイタイド2019Z - インデックス用シール説明
▲とりあえず1月だけ貼った

しおりひもはこの2色。

ハイタイド2019Z - しおりひも

この手帳の個人的な長所・短所
グレー味に惚れ惚れ

もうとにかくこのスタイリッシュなフォントに罫線の薄さ、グレー味ですよ!!
色の少ないスッキリとした真っ白さに、書き込みたい欲が刺激されます。
余計なお言葉も罫線色もちろんないし…とつい暗にほぼ日をディスってしまうわるい癖。うーむ、でもなんだかんだでほぼ日には今年で8年お世話になってますからね、そういうことです。

裏抜け不安

ただ、裏抜けやにじみには不安要素が。(裏抜けチェックは後述。)
万年筆インク、スタンプインク、マーカーなど、物によってか場合によってか、何かと裏抜けしがちな印象。ええいちょっとくらいかまわんぞと思っても、マイルドライナーを持つ手がつい遠慮がちになる節はある(笑)

まあそこは!裏抜けをどの程度まで気にするかの問題ですし、ひとまず候補のボールペンは大丈夫そうだし、その他カラフル要員は裏抜けしないものを使えばいいさと。

紙面を一部アップで

以下、一部アップで。

ハイタイド2019Z - 年

日曜と月曜の間の点線が濃くなっていて、区切りが分かりやすいです。

ハイタイド2019Z - 週間バーチカル

時間軸の「12」と「18」が濃いめです。

ハイタイド2019Z - ガントチャート

見えますか?写真中央の「振替休日」や「クリスマス」の文字。この、見過ごしそうな薄さだがよく見れば判読可能、といった、邪魔をしない、いい塩梅の薄さに、なぜかときめいてしまいましたよ(笑)こういうの、いい。

ああ、実線と点線のバランスも良いのかもなぁ。

裏抜けチェック
ボールペン、マーカー

書き心地チェックも兼ねて、自分が使いたい有力候補で。

ハイタイド2019Z - 裏抜けCHK - ペン表
ハイタイド2019Z - 裏抜けCHK - ペン裏

この中のボールペンで最も書き心地が快適なのはJuice upのメタリックピンクでした。
ブレーキのかかる(すべらないとも言う)紙というか書き心地の中で、これはたいへんなめらかかつシャープに書けて、ダントツに良い。書き心地だけならメインに据えたいくらいだ。しかしメタリックってどうよ!(ちなみにJuice upの黒0.4も持っていますが、メタリックの書き心地のほうが好きです。)
ひとまずJuice upは色分けの第一候補とし、メインのほうは引き続き検討します。
メインの文字色ははじめ茶色のつもりでしたが、グレーもいいなと思い始めてさあたいへん。スタンプインクと合わせて決めていこうかと。

マーカーはマイルドライナーとアーティストブラシ。
アーティストブラシは、マイルドライナーの渋色よりもさらに好みの色を求めて、いつぞや世界堂でみつくろってきたものです。エルバンのココアブラウンによく似たブラウニッシュグレーの色に感激したのは言うまでもない。

スタンプ

ハイタイド2019Z - 裏抜けCHK - スタンプ表
ハイタイド2019Z - 裏抜けCHK - スタンプ裏

黒はDAISOのスタンプ台です。現在ほぼ日の週間バーチカルに使っているんですが、ハイタイドの手帳にはちょっとこれでは使えないので、別の黒かグレーか茶色のインクを要検討です。
アートニック他のインクも絶対安全とは言えないけど、裏抜けしやすい紙だからこその、このやわらかいマットな感じなんだろうか?

万年筆

ハイタイド2019Z - 裏抜けCHK - 万年筆表
ハイタイド2019Z - 裏抜けCHK - 万年筆裏

裏抜けするのを承知の上で、勢いで6本も書いてしまった。

使い方案
スタンスと内容

スタンスとしては、予定管理ではなくライフログ的なもの。家置き。
日記というほどではないが、その日にあったことをちょこちょこっと書いて振り返る、そんなようなもの。

具体的に何を書くかは9割方決まっています。
基本、現在のほぼ日の書き方をそのまま踏襲するので。
実際に書き込んだ紙面はプライベート全開ゆえ載せられませんが、週間バーチカルはだいたい次の過去記事そのままで行きます。

過去記事[手帳] 週間バーチカルのフォーマットに睡眠、お通じ、食事のスタンプを追加

マンスリーの余白には、その月の収支と、読んだ本や購入品などのダイジェストを。これも現行どおり。
ガントチャート!こちらには、ほぼ日の年間インデックスで記録している健康面のチェックを移行。フォーマットがちょっと変わるだけで、中身は同じです。

ハイタイド2019Z - ガントチャートに丸シール
▲STALOGYのマスキング丸シールをぽちぽち貼っていきたい

分冊体制もあり?

1日1ページ手帳から週間バーチカルになるので、容量不足は避けられませんが、そこはどうにでもなるかなと思っています。

今だってカズンに毎日びっしり書いているわけではないし、他のノートも使っているわけだから、広々と書きたいことがあればそちらで足ります。

貼り物も、適当にページを足すとか適宜やっていけば。
「何でも貼りたい期」はいったん過ぎたので(笑)、そう頻繁にはないと思われます。

STALOGYの1/2イヤーノートを用意して分冊体制にすることも考えましたが、そこまでして1日1ページ的なものが必要かどうか。

カバーは引き続きほぼ日カズン用の「ネコスリー」を使います。というかそのために買った。A5手帳で末永く使うために!
カズン用ゆえ厚みが足りず使いにくい可能性はある。その時は、1/2イヤーノートを挟んでもいいかな、厚み要員として(笑)中身は雑記帳で。このノートも本当、素敵で。

いずれにせよ、まずは限られた週間バーチカルのスペースに濃密に記録したい
実際に使い始めたらまたいろいろ出てくるでしょうけど、こうしてウダウダ考えてるのは楽しいです。

以上。


関連記事
Posted byみかん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply