[手帳] 1日1ページ手帳の時間軸を試す:ほぼ日カズン、365デイズノート

みかん

来年の手帳探しの一環として、1日1ページ手帳の時間軸を使った書き方を試してみました。
以前、UNITED BEES(ユナイテッドビーズ) の手帳でやってみたものの、B6というサイズがネックに感じたので、手持ちのA5手帳でもやってみようかと。

過去記事[手帳] トモエリバーの UNITED BEES B6 デイリー 2018 をお試し

試したのは、

  • ほぼ日手帳カズン
  • ニトムズ STALOGY 365デイズノート ※厳密には手帳じゃないけど。

の2冊。

仕様と感想
ほぼ日手帳カズン
  • サイズ:A5
  • 罫線 :3.7mm方眼
  • 時間帯:4:00〜翌4:00(1時間あたり幅3.7mm)

cf. カズンの週間バーチカルの時間帯:6:00〜24:00(1時間あたり幅7.4mm)

1日1ページ時間軸 - ほぼ日カズン

  • ◎ トモエリバーなので万年筆での書き心地が最高
  • 時間軸の間隔が狭い
  • △ 週間バーチカルのページの存在意義がゆらぐ

初めてまともにこの時間軸を使ったなぁ。
時間帯が狭いので本当にざっくりとしか書けない。やはり、あくまで1日1ページの補足といった感じなのか。しっかり書きたければ週間バーチカルのほうを使ってねと。時間軸を中心に書きたい私としてはやはりもの足りなさはあります。
まあ、となりにいくらでも補足できるスペースがあるんですけどね。

ニトムズ STALOGY 365デイズノート
  • サイズ:A5
  • 罫線 :4mm方眼
  • 時間帯:0:00〜24:00m(1時間あたり幅8mm)

1日1ページ時間軸 - 365デイズノート

  • ◎ トモエリバーよりもスタンプに味わいが出る
  • ◯ 条件次第ではあるが万年筆での書き心地が良い
  • ◯ 時間軸の間隔が十分広い
  • △ 時間軸と余白の境界がないので、自分で線を引くなど工夫する必要がある
  • 年間・月間のフォーマットがないので、自分で用意する必要がある

24時間対応で上下余すところなく時間軸として使える。トモエリバーよりは筆を選ぶけど、メインで使う万年筆で快適に書けるあいだは問題なさそうに思われる。が、トモエリバーの1日1ページ手帳の選択肢がある中で、それらをさしおいてまで使うかとなると、1歩が踏み出せないなぁ。読書ノートが軌道に乗ったのもあり、日々このノートには接している。手帳はやはり他の選択肢に軍配か…?

表まとめ

表にまとめるとこんな感じですか。
以前検討したUNITED BEESも合わせて。

ほぼ日手帳カズン 2018
(A5)
365デイズノート
(A5)
UNITED BEES デイリー 2018
(B6)
罫線 3.7mm方眼
(罫線色は月毎)
4mm方眼
(罫線色はグレー)
5mmドット方眼
(罫線色は黒朱2色)
時間軸 4:00〜翌4:00
(1時間3.7mm)
0:00〜24:00m
(1時間8mm)
6:00〜翌6:00
(1時間5mm)
税抜価格
(記事公開時)
¥3,500 ¥1,800 ¥2,000
時間軸と余白の
区切り
縦に実線あり なし 無地とドットで境界あり
その他 トモエリバーで万年筆充
お言葉(日本語で複数行)あり
スタンプ充
年間・月間は別途要調達
トモエリバーで万年筆充
TIPS(英語で1行程度)あり
分割ガイドあり
週間バーチカルから1日1ページに変更する場合の個人的な長所・短所

現在はほぼ日手帳で週間バーチカルをメインに書いています。
上記2冊を試してみて、1日1ページの時間軸を使う方向にすると、下記の点が浮上しました。

  • 週間バーチカルでのスペース不足が補える(プチ日記が適度な分量で充実する)
  • 週と日のページを行き来しなくて済むようになる(週と日とで内容が分散しない、1日が1ページで完結する)
  • 週毎の俯瞰ができなくなる
  • △ 紙面を広々と使えなくなる
  • フォーマット用スタンプの準備が週間バーチカルより大変
  • 週間バーチカルに比べて過去のいつのできごとかを思い出しにくい

週間バーチカルでは、月〜水は左ページ、木〜日は右ページ、と曜日の位置が固定されているので、書いた場所つまり曜日から記憶をたどれます

たとえば先々週あたりにあるお店に行ったとすると。具体的に何日に行ったのか知りたくなった時、まあ手帳を見れば早いんですけど、「確かそれ左のページの真ん中あたりに書いたなぁ」ということだけ思い出せれば、火曜だと分かります。そしておのずと日付も分かる、と。

1日1ページだと、火曜が左ページにあったり右ページにあったりしますから、そういった思い出し方ができません。

些細なことですが、週間バーチカルの良いところのひとつだと思います。

さあ〜て、来年の手帳さんはぁ?

以上。


関連記事
Posted byみかん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply