[文具] カキモリさんのローラーボールに再び振り回されてみる

みかん

すぐ乾く。下手をすれば1日で。
不意にかすれて書き出すのに苦労する。振ってインクが出ればラッキー、時には作業が中断することも。
水洗いNG。インククリーナーが必要。ゆえにうかつにインクの変更もできない。そのうえインクとの相性がなんやかんや難しげ。
毎日書いてメンテしても、新品でも、駄目な時は駄目。

快適さを維持するのが万年筆以上に大変

…というのがローラーボールの正直な使用感です。過去に水洗いしたうえに(水洗いNGとの説明が掲載されたのは買ってだいぶ後のことで、時既に遅し)長期間放置したこともある私ですから、自業自得な面もあるかもしれません。しばらくお手上げ状態でしたが、ふと使いたくなる引力がどうもあるんですよね、このローラーボールという筆記具は。こんなにめんどうくさいというのに。

独特の書き味というか、妙に癖になる感じがあって。
どんなに残念な思いをしても、快適に書けた時の楽しさですべて吹っ飛ぶというか。それって心なしか危険な香りが。
好きな万年筆インクを入れてボールペン感覚で使える。
万年筆より気軽にガシガシ書けて、それでいて筆跡には万年筆のような濃淡
いちど書き始めると、ぐりぐり、うるうる、楽しいんだこれが。

リベンジは深海で

字幅0.5mmのペン先でリベンジ中。
インクを入れてまだ1ヶ月ほどですが、幸い大過なく使えています。意識してなるべく毎日書いています。

カキモリローラーボール05 - 外観
▲紙はやはりトモエリバーが幸せになれる

公式カキモリ オンラインストア - ローラーボール ペン先

インクとの相性は粘度などいろいろあるようですが、結局は使いたい色を入れないと続くものも続かないので、好みを優先して色彩雫の深海を入れてます。

カキモリローラーボール05 - 筆跡ズーム
▲ほぼ日手帳に

インクを入れて数日の間はかなり色が薄く出ましたが、1週間も経てば写真のようないい塩梅の濃さに。

0.5mmの太さは国産万年筆の中細〜中字くらいでしょうか。
もちろん、インクや紙、筆圧、個体差などにもよるでしょうけど。

カキモリローラーボール05 - 字幅比べ
▲紙はトモエリバー

使用上の注意点(カキモリさんHPより引用)
乾燥警報

notice – inkstand

●ローラーボールのペン先は非常に乾きやすくなっています。1日使わなかっただけでも書き出し時に少々インクが出づらい場合がありますが、ほとんどの場合はペンを振ればインクが出てきます。(インクが飛び出ないようにティッシュ等を当てながら振ってください)
●ローラーボールの完全洗浄は難しいため、同じ色を補充しながら使ってください。

※ペン芯部分(蛇腹の部分)で固まった顔料を洗浄しきるのは難しいため、完全に固まってしまった場合はペン先の購入をお勧めいたします。(ペン先は1本540円にてインクスタンド、カキモリで注文を承っております。
※基本的には乾燥して固まらないようにこまめにお使いいただくことをお勧めします。(目安 1日1回以上)

ローラーボールペン │ たのしく、書く人。カキモリtest

また完全洗浄が難しいため、一色につき一本でお使いください。
水洗いをしてしまうと、ペンの書き心地を損なう原因になるため、避けていただきますようお願いいたします。

インクとの相性

カキモリのローラーボールの推奨メンテナンス方法 │ たのしく、書く人。カキモリ

インクを薄めてたり、薄く淡い色だと粘度が低くなり
問題が発生しやすい事例があるようです。
また黒に近い色のものですと乾きやすく、詰まりやすくなります。
洗浄しても改善しない場合はインクとの相性の可能性もあるので、
インクの色を変えていただくか、カキモリまでお問い合わせください。

過去記事[文具] カキモリさんのローラーボールを万年筆インククリーナーで洗浄

あとがき

毎日使うって簡単そうで難しいです。ローラーボールは複数本持っているんですが、私には1本を集中的に使うのが現実的。万年筆のように何本も並行して使うなんてとてもじゃないけど無理だと痛感しました。義務的になってしまう。

趣味としてだけでなく、生活面でのメモ書きにもどんどん使うようにしています。
万年筆ほどペン先に神経質にならなくていいので、万年筆を使わない夫とも共用で。

そういう点では「気軽」に使える筆記具ではありますが、「手軽」とは言い難い
万年筆よりずっとメンテナンスが大変
。現に振り回されていますし。
水道水でちゃちゃっと洗えて数日放置しても動じない万年筆(例外はあるが)がすこぶる楽なものに思えてきます。

いずれにせよ用法・用量を守って正しく使っていきたいです。もしもの際にはまたクリーナー風呂で湯治しよう。


【追記:2019/12/03】
案の定乾ききってしまい、使用を断念しました。
かすれないためにメンテしようと手に取っても、その時点でかすれると心折れる。
振り回されるのにもう疲れたよパトラッシュ。
またいちから気を取り直して使おうかって気にはなれない。きっと二の舞だろう。
ちょっと自分には使いこなせない代物でしたね。


パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SNK シンカイ
Posted with Amakuri
パイロットコーポレーション

以上。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply