[万年筆INK] パーカー クインク ブルーブラック

みかん

PARKER Quink Blue Black(以下、パーカーBB)――
緑がいい塩梅の大のお気に入りインクです。

パーカーBB - ボトルと箱と

色の変化

書きたてほやほやはうっすら緑寄りの濃紺
乾いてしばらく経つと、やや褪せて淡くなり、緑味が増します

パーカーBB - 名月 - before
パーカーBB - 名月 - after

上:緑変前、下:緑変後。
ほぼ日手帳(トモエリバー)の月初の扉ページにインク一覧として書いたものです。
万年筆はセーラーの名月で。

次は時間経過を追ったもの。トモエリバーにガラスペン使用。

パーカーBB - 3色比較 - 変化4パターン

この褪せ加減と緑加減がたまらない!!
緑が多過ぎず、少な過ぎず。この塩梅がどうやら飽きにくいらしいです、私にとって。
書きたての色も明るめでありながら落ち着いた青で、たいへん使いやすい色です。何がそんなに他と違うんだろう?なんか、好きなんだよなぁ。

緑系の濃紺という点で似た色の、色彩雫の松露および月夜と比較。

パーカーBB - 3色比較 - 数分後

パーカーBB - 3色比較 - 1日後

パーカーBB - 3色比較 - 1ヶ月後

はじめ月夜寄りだったのが、だんだん松露寄りに。
なんというか、一粒で二度美味しい。

他にも緑変後の色を過去のノートから発掘。

パーカーBB - preppy02 - 例
▲preppy02で365デイズノートにて

パーカーBB - kakunoM - 例
▲kakuno(M)でトモエリバーにて

ああ、この優しい色合いをなんとする!!

以前、#3776センチュリー(F)に入れた時は、筆記線がか細くなり実に心もとなく感じたため、即洗浄コース。
preppy02では意外と(?)するする書けます。名月でもほどよい書き味。セレモやkakunoでもまずまずだったかな。成分的にはフローは渋めですが、どんなもんなんでしょう。

もともとはKMOKさん(ブログはこちら)からタミヤ瓶でいただいたのがきっかけ。
タミヤ瓶を使い切った後、ボトルを購入しました。クールなたたずまいのシンプルなボトルも渋くて素敵です。価格が手頃な点もすばらしい。

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TY ツキヨ
Posted with Amakuri
パイロットコーポレーション

以上。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply