プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan

耳コピ楽譜まとめ new
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
287

[文具] STALOGYのマスキング丸シールを手帳や楽譜に導入

365デイズノートですっかり愛着の湧いたニトムズのSTALOGY。
そのSTALOGYから出ているマスキング丸シールを購入しました。

STALOGYマスキング丸シール - 365デイズノートに

マスキング丸シールとは、マスキングテープ素材の貼ってはがせる丸いシール。というとそのまんまですけど、それはつまり、商品名に情報が簡潔に詰まってるってことですね。

ほぼ日手帳カズンの月間カレンダーの日付部分に色分けして貼る、といういたってオーソドックスな目的のために導入しました。

今までは、日付の横に手描きで丸を描いていました。日付の「上」ではなく「横」に描く理由は、preppyなどの万年筆で描くため、塗りつぶすと日付が見えなくなるからです。別にそれで問題はなかったんですが、この丸シールを貼りたい衝動がむくむくと生じまして。

買ったのは以下のタイプ。

φ8mm:600片
(1シート60片 × 10シート)

  • サクラピンク
  • スプレーブルー
  • ブリリアントイエロー
  • テンダーグリーン
  • シャッフルプライズ(メタリック×3色) ※2017年10月に発売したようです。 プレスリリース(pdf)

STALOGYマスキング丸シール - ほぼ日手帳マンスリー

シャッフルプライズはいずれの色も下の文字はほぼ透けません。

それでは日付の上に貼るという当初の目的に合わないうえ、メタリックという点でも他のシールとテイストが異なり統一感に欠けますが、それを差し引いても惹かれるものがあったので買いました。まあ理屈どおりにはいかないもんですよね。

必要を感じたら上からボールペンで書けばいいんじゃない?

ちなみに上の写真は、一度他のところに貼ったものをはがして貼った状態です。
この写真だとよく分かりませんが、実際には目を凝らして見ると爪で剥がした後が多少しわになっています。でも、それが気になるような人はわざわざはがせるシールを使う必要がないでしょうし、はがさずに使えばいいと思います。

シートは5枚バラバラに入っているものと切り取り線付きでつながっているものとがありました。
各色1枚ずつ切り取って、手帳カバーのポケットに入れました。

グリーンに関してはもう少し渋い色味もあり、どちらかというとその渋いほうが色としては好みなんですが、あえてポップで明るいほうの色にしてみました。既に今年の過去の月を振り返って貼ってみましたが、ごちゃごちゃしやすい私の紙面では視認性が高く、目立っていいんじゃないかなってところです。

それにしても、シールを貼るという作業は楽しい!
何よりマステ素材の柔らかい触り心地と見た目が快いです。ツルツルしたごく普通のシールを使っていた時期もありますが、このシールのむらのある感じはたまりませんね。


手帳の他に楽譜や本にも

8mmサイズはひと袋600個もあるので惜しみなくどんどん使えます。定価は税抜400円、ひとつあたり1.5円。

手帳の他に、楽譜にも試験的に取り入れてみました。
普段、楽譜に書き込んだり、ましてや何かを貼ったりすることはほとんどないんですが、よくつまずくところ、気を付けたいところなどでの注意喚起、程度のライトな感じで。

STALOGYマスキング丸シール - 楽譜

邪魔に感じたら、はがせばいいだけのこと。

楽譜にシールを貼るなんて幼少期のピアノ教室以来だなぁ。
合格すると先生が好きなシールをタイトルや番号のところに貼らせてくれたんですよね。先生が用意した、のどかなイラストが描かれた切手風のシールから選んで。小さいうちだけですが。懐かしや〜。
それから、なかなか弾けない箇所には要練習の意で赤丸シールを貼られました。
今回のは後者に近いようで前者の楽しさもあります。

このシールを夫に勧めたところ、最近の夫の専らの趣味である詰め将棋の本に使い始めました。シャッフルプライズの金銀銅を始め、目的別に色分けして貼り、「後でお前にも解かせる」と。
将棋の類は苦手だけど、勧めた手前やるしかないな…!

万年筆にも貼りました。
普段使いの万年筆はフラットペンケースに立てているんですが、14Kスタンダードの黒とセレモの黒がよく似ていて間違いやすいので、片方の天冠にこのシールを貼り、区別しやすくしました。
サイズも8mmでたまたまぴったり。
見栄えはともかく、家で実用的に使う分には十分満足です。

思い付き次第で何にでも使えて汎用的なシールだと思います。

ちなみにこれらは代官山駅前の「STALOGY LABORATORY TOKYO」に立ち寄った際に購入しました。
店頭ではばらでも買えるみたいでした。(ただし5枚以上だったかな?)

STALOGY – Stationery, Standard & Technology | マスキングシール

関連記事:[文具] STALOGY「365デイズノート」を愛でる!万年筆裏抜け個体差チェックあり


以上。


関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop