プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan

耳コピ楽譜まとめ
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
281

[手帳] ほぼ日手帳7年生、初めてカバーごと買う

2018年も引き続きほぼ日手帳カズンで参ります。
昨年と違って迷いはなく、カズン一択。
発売日当日にロフトで購入し、心穏やか。

今回は初めてカバーごと買いました。

ほぼ日2018ネコスリーだよ

落ち着いた雰囲気と色味が素敵くっきりめのオレンジ色に元気もらえそう
好きですねー、この感じ。

ラインナッププレビューにも初めて足を運び、実物を見て触って確認してきました。

とうとうカバーにしてやられ

2011年にほぼ日デビューして以来、ずっと本体だけを買っていました。
当時ほぼ日に乗り換えた理由はよく覚えてないんですが、カバーとセットで買うという選択肢ははじめからなかったです。

カバーに対してはどこか冷めてた部分があったんですが、とうとう何か巨大なものに飲み込まれた感が。
毎年毎年ラインナップ発表といってはカバーばかりがやたら目立つ印象で、違和感があったんですよね。ええ、あったんですよ。いや、今もなくなったわけではないんですが。カバーは二の次でしょうと。

で、今回は、言ってみれば「気に入ったカバーを見つけたんで買った」っていうそれだけのことなんですけど、なんだろうこの一抹の敗北感は( ゚д゚)

そして、改めてほぼ日のサイトを見てみると、ちゃんと本体をプッシュしているようでもある…おや、私の眼が曇っていただけか!?

第一印象

現在のカバーはコクヨのシステミックを使っており、これで全く問題はないんですけどね。


とはいえ「ネコスリー」、さすがほぼ日専用カバー、ゆとりを持って本体が収まる気がします。少々ふくらんできても余裕で包み込んでくれそうな安心感。厚み24mm(カズン本体は17mm)。縦×横も約229×164mm(A5のカズン本体は210×148mm)。実際、手元に迎えてみて大きいなと感じました。

それから、大小さまざまなたくさんのポケットがとにかく新鮮。無駄にいろんなものを入れたくなる。

バタフライストッパーは使わないだろうなぁ。家置きで、ペンを挿しておく必要も、閉じておく必要もあまりないので。むしろ書きたい時にすぐパッと開いて書きたい。ただ、使わないからといって別に邪魔ではないし、いかにもほぼ日らしいフォルムを担ってるので、らしくていいんじゃないの、というところです。

しおりひもは、システミックにも同じようなのが2本付いてますが、年、月、週、日と2本では足りないので、結果あまり使ってません。カズン生活はもともとシンプルなブックカバーとともに始まったので、しおりひもに頼らないほうが慣れてるんですよね。インデックスシールやふせんで開いてますが、来年はどうしようかなぁ。

プリントはいずれはがれてくるだろうけど、それも味ってことで。カバー・オン・カバーなるものがほぼ日界には存在しますが、せっかくの手触りを損ないたくないので使いません。なんて思ってたら、この「ネコスリー」は色移りするので推奨されてないようですね。

あとは来年までおあずけ。カバー、今年のうちに使い始めることも考えたけど、やっぱり楽しみは後に取っておこうかと。毎日デレデレしながら大事に使うぞ〜。

以上。

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop