プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、はんこ、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪
万年筆初心者。


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
260

[万年筆] #3776 センチュリー ブルゴーニュ 細字

ついにというべきか、案の定というべきか。

数ヶ月前に試筆台で魅了されて以来、じっくりのんびり検討していたプラチナの #3776 センチュリー を先日購入しました。
ブルゴーニュの細字。

3776センチュリーブルゴーニュ - TOP

プラチナ万年筆/Century

書き味:硬めでざくざく頼もしい

硬めでとっても書きやすいです!!まあ、だから買ったんですけど、改めて良い物買ったなーと。
シャープでソリッド、しかし「カリカリ」とは違う。

3776センチュリーブルゴーニュ - 365デイズノート - 「買いました」
▲365デイズノート×プラチナBB

太めの軸と大きなペン先。堅牢で安定感があり、しっかりと地に足を着けているようで、書いていて頼もしいです。

トモエリバーでなめらかに書けるのは言うまでもなく、365デイズノートなどのざらざらした紙に書いた時の、ざくり、ざくりというこれまた快適な書き心地がたまらない。「おぉぉ…これが伝説の…#3776センチュリーの力か!!」と、わかったようなわかってないような、ともかくひとりひれ伏して盛り上がってます。

3776センチュリーブルゴーニュ - 365デイズノート - 「感想memo」
▲365デイズノート×プラチナBB
3776センチュリーブルゴーニュ - トモエリバー - ワトスン地に足
▲▼トモエリバー(ジブン手帳IDEA)×プラチナBB
3776センチュリーブルゴーニュ - トモエリバー - ワトスン地に足ズーム

インクはまずプラチナのブルーブラック(カートリッジ)を入れた後、色彩雫の深海に変更しました。

3776センチュリーブルゴーニュ - トモエリバー - 深海good
▲トモエリバー(ジブン手帳IDEA)×深海

パイロットの柔らかい書き味と比べると対照的ですね。パイロットが「ほろよい」なら、センチュリーは「しらふ」だな(笑)センチュリーはシャキッと覚醒して正座しているイメージです。もちろんどちらもそれぞれに良いです。

ペン先は我が家史上最大のサイズで、最初は手からペンポイントまでわずかながら距離を感じました、書きながら。
その割には意外とコントロールができ、すぐに慣れて気にならなくなりました。

こういうひとつひとつが書き味に影響するんですね。


外見:でかくてごつい…のは気のせいでした

3776センチュリーブルゴーニュ - 全体

こっくりとした深みと透明感をあわせ持つワインレッド
いやー、手元に迎えてみると思っていた以上にきれいで可愛くてあたたかみがあって、感激しております!

3776センチュリーブルゴーニュ - 手前

実は当初この外見が好きじゃありませんでした。

妙にでかくてごつくて、のっぺりと間延びした感じがして。店頭で実物を見た時の第一印象がそれ。

そんなマイナス印象がいつのまにかプラスに転じ、こうして我が家に来ることになるとは。

でかいなーと思った理由は、おそらく小ぶりな名月と比べていたせいかな。名月と並べれば確かに大きいけど、その後入手したプロギアΣスリムやカスタムヘリテイジ92と比べると、別に全然大きくない、むしろ同じくらい。何だったんだ一体。

光の当たり具合によっては多少重たく見えなくもないです(店頭でどす黒く見えたのも引っかかってましたね…)が、そうかと思えば鮮やかな赤がきらり。半透明ゆえに重たさが緩和されるんでしょうか。いやほんと、思った以上に愛着が湧きそうです。

あとがき:もう万年筆はこのへんで落ち着きたいぞ

しばらく放置しても乾かないというスリップシール機構を搭載していますが、今のところ放置する気はありません。
放置OKな万年筆に限って頻繁に使う傾向にあるなー、preppy02もそうだ。

そろそろ万年筆買うのはこのへんにして、手持ちをじっくり育てるほうに注力したいところ。

とか言って、また買ってしまうのだろうか。シャルトルブルーもいいよね…!
書くのが楽しいからというだけで諭吉を使わせる引力。


以上。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop