プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、はんこ、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪
万年筆初心者。


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
254

[手帳] 2016年の迷走と2017年のほぼ日回帰

ちょっと早いけど、2017年の手帳はほぼ日手帳カズン1冊に決めました。うん、決めた、決めたぞ、だからもう迷わない、たぶん、いや絶対にだ!

hobonichi2017-top-01

9/1の発売日にロフトでカズン本体を購入。いつもはもっと涼しくなってから、10月過ぎ頃にのんびり買ってたのに、今年はどうかしてる。本体だけなので急くこともなかったんですけどね。でもまあ、買っておいてもいいよね。

A5サイズのカズン - 全ページ徹底解説 - ほぼ日手帳 2017

他に検討中だったUNITED BEESのほうは、結局しっくり来る使い分け方をひねり出せなかったので、購入をやめました。ひねり出してでも使いたいと思わせる魅力があったことだけはここに記しておきます。

過去記事:[手帳] 2017年はほぼ日カズンかUNITED BEESか比較検討中

2016年の迷走

まだ2016年真っ只中ではありますが。

今年は、ほぼ日カズン以外の手帳に冒険したくなり、週間バーチカル+1日1ページ手帳の2冊体制にしたのです。

  • 週間バーチカル:ハイタイド NZタイプ(A5)
  • 1日1ページ  :EDiT(B6変形)

しかし、万年筆との相性がいまいちで挫折。
ハイタイドは裏抜けがひどく、EDiTは書き心地に難あり(もちろん主観)で。

そこで、万年筆で裏抜けしない手帳に乗り換えたのですが。

  • 週間バーチカル:デルフォニックス タイプC(A5)
  • 1日1ページ  :Hobonichi Planner(A6)

今度は紙面が足りない。

Hobonichi Plannerはトモエリバーゆえ書き心地は悠々クリア!日々のお言葉も英語で気にならず、コンパクトな紙面が無駄なく埋まってゆくのは気持ちよかったです。

が、いかんせん小さい。

紙面が限られていると、内容を取捨選択して書かねば、だってくだらないことを書くスペースなどないのだから、と気負ってしまう節もあり、どうものびのびできませんでした。

デルフォニックスの週間バーチカルのほうは、裏抜けこそしませんが、書き心地はトモエリバーにはおよばず。「やっぱりトモエリバーがいい!」との思いを強くしました。

手帳の使用場所は常に自宅、内容は趣味やライフログ、な私は、複数冊持つ必要性はないんですよね、実は。持ち運び用にコンパクトなサイズがいいとか、仕事用はバーチカルにしようとか、そういった使い分けは一切必要としてない。自分用、家族用などと内容で分けてもいないし、ただ物理的が分かれていただけなんです。いや、わかってた、わかってたよ、でもいろんな手帳を使ってみたかったんだ。新鮮で楽しかったので後悔はしてないです。

《関連記事》

ほぼ日手帳カズン、再び

そんなわけで、A5のカズンに帰ってきました。トモエリバーがいっぱいでひゃっはー!!この1冊に1年を詰め込むのだ!うおぉ!!

なんだかんだで使い慣れているカズン。まざまざと蘇りました、カズンを手に取った時のこの感じ。いっぱい書ける安心感。2017年、もういつでも来い。

使い方は、今までどおり、ライフログや趣味や日記を。

  • 年:読んだ本、観た映画など
  • 月:できごと、その月のダイジェスト
  • 週:タイムテーブル、天気、睡眠時間、体調、お通じ、歩数、食事など
  • 日:日記他何でもOK

こんな感じです。
昨年のカズンの未使用ページを使ってシミュレーション中。こういう作業はめっちゃ楽しい。
もちろん今使ってる週間バーチカル手帳でも常に試行錯誤中ではあります。
詳細は来年になって(ちゃんと実践して)から記事にしようかなと思います。

ああそうだ、万年筆のインク遍歴も書いておきたいなぁ。

あとがきの戯れ言

スケジュールやToDoはiPhoneで管理するので、手帳には書きませんね。私のこの家置き手帳は、現在や未来をどうこうするというよりは、確定事項つまり過去を面白おかしく楽しく書き記すための遊び道具です。長い目で見て、年単位になってる時系列のらくがき帳みたいなもの。

手帳自体が趣味のようなものですから、実用性とか気にしません

かつて仕事で手帳を使ったことは一応あります。その時は会社から支給されたものを「試しに」使っていました。が、基本デスクワークで、外出時は携帯/スマホで事足り、活用できたためしがありませんでした。適当なペンでギリギリ判読可能な程度の雑な字で書いてたなぁ;何も上司への憤りを文字に込めなくてもいいのに、にくしみを込めて「ふんっ!」と鼻息荒く殴り書きしていた記憶が…(笑)あ、思い出すと胃が。

打合せや何やらで外出が多くスケジュール管理が慌ただしい時期もありましたが、たぶんそんな時こそ手帳(特に週間バーチカル)が役立つのでしょうけど、それこそ忙しくて手帳どころじゃなかったというか。手帳で何とかしよう、という発想にはならなかったなぁ。

もちろん無理にアナログ手帳を使わなきゃいけないってことはないんですけどね。

今も一応働いてはいますが、もし仕事で手帳を使うなら、実用性重視で、目的意識を持って、効率良く、有意義で有用なことを書きたいです。が、根っからの怠け者体質なのか、思考が全然そっちに向かっていかないやーHAHAHA…哀しい。

それはそうと、カズンは年月週日、全部入りの自由帳。頼もしい限りです。

あんまりぱんぱんに膨れないようにしたいですね。あれ、一度やって満足した、というか懲りました。何らかの達成感はあったけど、持った時につるんと手をすべらせて落としそうになるのでね。書いて終わりじゃなくて、振り返ってにやにやするという第2ステージを楽しむのに、太り過ぎは不便。何事も中庸がよろしいようで。

以上。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop