プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan

耳コピ楽譜まとめ
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
250

[文具][万年筆] プロフェッショナルギアΣスリム 銀 中字

カスタムヘリテイジ92とともに我が家にやってきた、黒×銀のもうひとりの紳士。
私の脳内設定では名月の旦那さんです!あはは!

プロギアΣスリム - TOP

プロフェッショナルギアΣスリム 銀 | SAILOR

店頭で試し書きの結果、字幅は中字に。
細字しか考えてなかったのに、あっさりと変更。まあ、中字1本持っておいて損はないよね、と言い聞かせて。それよりなにより、今回は正直言って、妄想先行です(笑)

プロギアΣスリムと深海

プロギアスリム夫婦

名月に相棒を、とは春先あたりから漠然と考えてました。
プロフェッショナルギアスリムをベースとした名月と、プロフェッショナルギアΣスリム銀(以下、Σスリム銀)。

並べてみるとまあ、お似合いの夫婦。

プロギアスリム夫婦 - open

プロギアスリム夫婦 - ペン先

Σスリム銀のほうがちょっと背高。黒軸なので、よりスマートに見える。
名月はより可愛らしくぽってりして見える。
ただでさえ絶対的な可愛さを持つ名月がますます可愛いとは何事か。

なんだろう、このサイズのバランス、完璧じゃないか!!(自己満足)

黒×銀そしてほんのり金

妄想を脇に置いたとして、Σスリム銀を選んだ理由は、黒×銀のボディですね。
そして、バイカラーのペン先にも惹かれました。今までペン先なんて気にしたことなかったよぅ。

万年筆然とした潔い黒に、引き締まる銀。キャップを開ければさりげない金色
どこのイケメンか!

思えば、万年筆で字を書く時、ペン先は必ず視界に入るのだから、ペン先に心ときめく要素があるってけっこう大事かもしれませんね。まあよほど変なこと書いてなければ(そんなペン先あるのか)無問題だけど、今後ちょっと気に留めてみるかなぁ。

銀銀言ってるけど、黒×金も別にきらいではないのです。より万年筆らしい感じがするし、どことなくピアノを彷彿とさせるし。でも今は、銀の引力が強かった。それに、金の「THE 万年筆」な外見のものは、あえて今選ばずとも、いずれ手に入れることになりそうな予感もしていて。銀タイプはすべてのラインナップにあるわけじゃないからなぁ。

サリサリなめらか

インクは色彩雫の深海と決めていました。

プロギアΣスリムと名月の濃淡
▲グラフィーロにて

細字を使うことの多い私にとって、中字は新鮮。深海の青が映える映える!

エーデルシュタインのアメジストと色彩雫の深海の組み合わせが気に入っているので、名月にアメジストを入れて待ちこがれていました。深海の似合う婿が来るのを。

感無量であります!!

プロギアΣスリムの濃淡
▲トモエリバーにて

書き味は名月に似てサリサリ気味。中字だけあって、なめらかです。濃淡も分かりやすくて楽しいです。

字幅は、名月は中細、Σスリム銀は中字、と厳密には異なるのですが、そこはあまり気にしません。

書き味の表現って難しいですね。

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SNK シンカイ
Posted with Amakuri
パイロットコーポレーション

あとがき

使用頻度で決めるなら断然細字なんですけど、名月の旦那という存在理由を前に、そんなことはどうでもよいのだ。これを機に中字をもっと満喫するって決めたのだ!

むしろ私の場合、普段使いの実用性をそこまで求めないからこそ、「それでも使いたくなる要素」がなくては、なんて思いました。「中字で書きたい」というよりは「Σスリム銀で書きたい」という動機のほうが強いみたいなね。案外そういうことなのかもしれないなぁ。華やかではない無地の黒軸だけど、派手な柄は好みではないし、黒は飽きにくいだろうと踏んでいます。


以上。

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。