[手帳] A5&A6手帳のカバーをコクヨの「システミック」でおそろいに

みかん

今年の手帳たちに、コクヨのノートカバー「システミック」を着せました。

  • A5茶:ハイタイドの週間バーチカルNZタイプ + ジブン手帳LIFE
  • A6紺:Hobonichi Planner

ベーシックタイプ|SYSTEMIC [システミック]|KOKUYO

システミックにまとまる2016年の手帳たち
▲この青い宇宙人のシールは高校時代に買った遺物

Hobonichi Plannerは当初カバーなしで行く予定でしたが、表紙がぺら〜んと開いてしまうのが気になり、既に持っていたA5のカバーとおそろいにするのも可愛いかな、ということで。

色違いの兄弟のようになり、たいへん気に入りました。

手帳カバー2016システミック - かさね
▲厚みもほどよく

機能・デザイン・価格がちょうどいいシステミック

今まで普通のブックカバーを使っていたくらいなので、手帳カバーに機能性や収納力などは求めていませんでした。

このシステミックは、ブックカバー+αといった薄くてシンプルな趣で、その実ブックカバーよりちょっと便利。そういうところが自分にはしっくりきました。ポケットなんかは、使っても使わなくてもどちらでもいいですよ、使わなければ邪魔はいたしません、使うならどうぞ、という控え目さ、さりげなさが良いです。

2冊収容できるけど、別に1冊でもOK。

おおげさに自己主張せず黙々と仕事をこなし、対応が利く人、そんなイメージ。そういうものに、わたしもなりたい。

見た目も甘過ぎず落ち着いた中性的なデザインで、さらに価格も手頃。気軽に使い易いです。安っぽい?それは安いものに向けることばではないので、高級感が欲しければ相応の価格のものを探せばよいと思います。

手帳カバー2016システミック - A5開き2 手帳カバー2016システミック - A6開き
▲中はあられもない感じですが

A5茶のほうは、2冊収容機能を味わうべく、ジブン手帳のLIFEを左に挟んでます。縦長(というか横短)のLIFEはそのままだと実は書きにくい…のですが、使用頻度を考えて許容。むしろ毎日使う手帳にくっついてること、そこに重きを置いてます。

A6紺のHobonichi Planner のほうは1冊使い。内ポケットが深く設計してあるので(ノートをしっかりと固定するため)、片側に裏表紙を挟んだだけですが、問題なし。カバーがある程度固いので、ずれたりしません。

当分、手帳カバーはこれで行こうと思います♪

《関連》 [文具] 2冊収容できるシンプルなノートカバー、コクヨの「システミック」を購入♪手帳カバー候補に


以上♪

Posted byみかん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply