プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
227

[iPhone] 現在私が利用しているiPhone写真印刷パターン(201511):PrintSmash × ファミマ

手帳やノートに、iPhoneの写真を小さく印刷して貼りたい!
自宅のプリンタではなくコンビニで印刷したい!

そのために現在私が利用している印刷パターンの覚書です。


  • アプリ:PrintSmash
  • コンビニ:ファミリーマート
  • 出力先:A4普通紙、A4光沢紙、L判
  • 出力サイズ:38×50mm、30×40mm、20×30mm など
  • 費用:¥120、¥100、¥30

iPhone写真印刷パターン in ほぼ日 A4、L判


ちなみに以前はL判分割のみでもっと小さく印刷してました。徐々にファミマをメインにしていきました。
[iPhone] コンビニなどでできるiPhone写真プリントサービス5つ(L判分割)


[共通] アプリとコンビニ

PrintSmash
カテゴリ: ユーティリティ


PrintSmash -プリントスマッシュ- アプリのご紹介:シャープ

このアプリで写真をアップロードし、ファミリーマートなどのマルチコピー機で印刷しています。


[A4印刷] A4普通紙(または光沢紙)に15・24・40枚

A4の紙にたくさん並べて印刷します。

《枚数とサイズのパターン》

  • 15枚:38×50mm (並べてプリント)
  • 24枚:30×40mm (インデックスプリント)
  • 40枚:20×30mm (インデックスプリント)

《価格》

  • 普通紙 ¥100
  • 光沢紙 ¥120

「並べてプリント」「インデックスプリント」は店舗での操作時にそれらを選ぶ場面が出てきます。
インデックスプリントは写真によっては端が切れてしまうので注意。まあインデックスですしね。
光沢紙は普通紙より高画質で、つるつるしてて厚みがあります。


美術展ノート - シスレー展
▲美術展のチラシは38×50mmで(紳士なノートA5サイズに)

MD映画ノート - 銀河ヒッチハイクガイド
▲映画のポスターは20×30mmで(MDノート文庫サイズに)


[L判印刷] L判に2・4・8枚

その日のうちに印刷してすぐ手帳に貼りたい、なんて場合はこっち。

アプリは、「PrintSmash」の他に「ワルフォト」を使ってます。


÷フォト
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル


複数の写真を1枚にまとめてくれるアプリ。印刷用の分割写真が簡単に作れます。

《枚数パターン》

  • 2枚)
  • 4枚
  • 8枚

《費用》

  • L判 ¥30

ワルフォトふち有無
▲左:フチ・余白・切取線とも全部あり、右:全部なし


「ワルフォト」アプリは、フチなし、余白なしが設定できるので、余分なゴミも出ず、切り取るのが楽です!

「ワルフォト」はあくまで印刷用写真を作るアプリ。実際の印刷作業は「PrintSmash」のほうで行います。
なので、L判が想定されてるみたいだけど、必ずしもL判じゃなくてもOKってことですね。やったことないけど。


《参考記事》
イラストが苦手なら写真で手帳運用!『ワルフォト』で手軽に写真を印刷しよう。
「ワルフォト」を知ったきっかけの記事です。セブンイレブンで印刷する場合は netprint ですね♪


余談

写真を並べるだけなら「Moldiv」などのコラージュアプリでもできます。


Moldiv コラージュフォトエディター
カテゴリ: 写真/ビデオ


が、写真印刷に特化した「ワルフォト」のほうが、縦横の向きを自動調整してくれたりして便利ですね。「ワルフォト」は正方形の写真などは端が切れてしまうので、手動でも調整できるとうれしいかも。でも、あんまりあれこれ機能が増えると、何がしたいアプリなのかわからなくなりそうだから、シンプルなままでいいのかな。


以上♪

関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。