プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
210

[書籍] 読んだ本(2015.08):「20世紀SF〈1〉」「手帳で楽しむスケッチイラスト」他

SF、手帳関連、恐竜、エッセイ2冊にジャンル不明1冊。


  • 20世紀SF〈1〉1940年代―星ねずみ
  • 手帳で楽しむスケッチイラスト
  • そして恐竜は鳥になった
  • なんらかの事情
  • 石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常
  • 新・四字熟語

20世紀SF〈1〉1940年代―星ねずみ (河出文庫) 手帳で楽しむスケッチイラスト 〈イラスト・写真・スタンプ・付箋・シールを使った活用術〉 そして恐竜は鳥になった: 最新研究で迫る進化の謎 なんらかの事情 石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常 (集英社文庫) 新・四字熟語 (幻冬舎よしもと文庫)

(メディアマーカーのHTMLをやめて映画まとめと同形式にしてみた。)

ひとことふたこと感想は続きから↓
(ネタバレなし)


20世紀SF〈1〉

photo
20世紀SF〈1〉1940年代―星ねずみ (河出文庫)
アイザック アシモフ ブラウン 中村 融 山岸 真 Isaac Asimov
河出書房新社 2000-11
評価

by G-Tools

SF作家入門にと。
読後感ならブラッドベリの「万華鏡」が好きかな。
思ったほどには楽しめなかったけど、次巻以降に期待。ひとつでもふたつでも面白いものに出会えたならめっけもの、くらいの気負わなさで読んでみよう。
インパクト大の表紙には星5つ。(the pillowsのジャケ絵の方なのね…φ(・д・))

手帳で楽しむスケッチイラスト 〈イラスト・写真・スタンプ・付箋・シールを使った活用術〉

自分の手帳生活へのプラスを求めて。

ヨシムラマリさんの、ちょっと脱力したシンプルで可笑しみのあるイラストがいたく気に入った…φ(・ω・*) アナログで描いて、デジタルで彩色、なるほどそれは盲点だった。練習してみる価値はありそう!

他の人の使用例ってやっぱり面白い。自分にない発想、スキル、センス、趣味嗜好が。

そして恐竜は鳥になった

photo
そして恐竜は鳥になった: 最新研究で迫る進化の謎
土屋 健 小林 快次
誠文堂新光社 2013-07-10
評価

by G-Tools

甥っ子の恐竜図鑑を見て、おばちゃんの中で眠っていた恐竜熱が上昇。

・・・ってちょっとおばちゃん冒頭からびっくりよ!恐竜の定義。翼竜やクビナガリュウ(漢字じゃなくカタカナ表記だったのでそのまま)は恐竜じゃない、だと・・・!?ぜんぶ引っくるめて恐竜だと思って生きてきたよ?

早くもついていけない不安を感じたけど、大丈夫。絵が多くて読み易く、根拠がきちんと説明されていて、納得しながら進められた。

なんらかの事情
photo
なんらかの事情
岸本 佐知子
筑摩書房 2012-11
評価

by G-Tools

「め」は「ぬ」の亜種、「ぬ」は「め」の欠陥品、「ん」の野望、ひらがな擬人化ドラマの発想が面白い。
イラストも素敵。精密でモノクロで余白たっぷり。

私的フレーズ大賞:

あの寒いことで有名な冬に

石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常

冬がきらい、酒が好き、の繰り返しなのに面白いのがすごい。
今度口内炎ができたら私も名前をつけてみようと思う。

私的フレーズ大賞:

「分け入っても何をどうしても北海道」

新・四字熟語

photo
新・四字熟語 (幻冬舎よしもと文庫)
又吉直樹 田中象雨
幻冬舎 2015-01-14
評価

by G-Tools

絶望をまとっているのにほのぼのと優しい。
四字熟語そのものよりもむしろひとり歩きする解説が面白い!
題字も多種多様で目が楽しい。

解説込みで笑ったマイベスト3:【河童速報】【突撃哲学】【素人八段】

私的フレーズ大賞:

溜め息を吐く体力が無い


以上♪


関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。