プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、はんこ、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪
万年筆初心者。


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
179

[書籍] 読んだ本(2015.04):「伊曾保物語」「幻想の挿絵画家カイ・ニールセン」他

4月に読んだ主な本の感想メモ。

こうやって月毎に区切る意味あんまりないかも、ジャンル毎にまとめようかな・・・などと思いつつ、どこかで区切らないといつまでも更新できないので、やっぱり月毎まとめを継続してみる。

ホームズはお休み。画集多め。アリスのアーサー・ラッカムからつながった挿絵画家の本で、たっぷりどっぷり目の保養♪


2015年04月
武藤 禎夫 / 岩波書店 (2000-12-15)
★★★★☆読了日:2015年4月10日
フィリップ・K・ディック / 早川書房 (2014-07-10)
★★☆☆☆読了日:2015年4月25日
海野 弘 / マール社 (2010-11)
★★★★★読了日:2015年4月24日
海野 弘 / マール社 (2011-11-28)
★★★★☆読了日:2015年4月12日
海野 弘 / マール社 (2012-10)
★★★★☆読了日:2015年4月27日
南 雄介 , 福満 葉子 / 東京美術 (2015-02-28)
★★★★☆読了日:2015年4月21日

ひとことふたこと感想↓
(ネタバレなし)



伊曾保物語
4003027612 万治絵入本 伊曾保物語 (岩波文庫)
武藤 禎夫
岩波書店 2000-12-15

by G-Tools

アリス挿絵つながりのアーサー・ラッカムがイソップ物語の挿絵も描いていて、それでふと読んでみようと思い立つ。
古文の風雅な味わいが新鮮。「和殿原が有様、あつぱれ、つたなき有様」とか、いいよなぁ。そして擬人化された動物、着物を着た動物の浮世絵が良かった!
前半は「すごいよイソポさん」外伝って感じ。「その如く〜なり。」などといった具合に各話の最後が教訓で締まってた。



小さな黒い箱
4150119678 小さな黒い箱 (ディック短篇傑作選)
フィリップ・K・ディック 大森望
早川書房 2014-07-10

by G-Tools

ディックのSF短篇傑作選第5弾。
主に宗教や政治を扱った作品集ってことで、個人的にはおそろしく退屈・・・。
「時間飛行士へのささやかな贈物」だけかろうじて楽しめたのが救いかな。スタートレックTNGの某話を思い出す、時間にまつわるゾクッとするお話。



幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン
4837304397 幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン
海野 弘 マール社編集部
マール社 2010-11

by G-Tools

art nouveau曲線の極致!!だそうで!!いやすばらしい!!細身で流麗な輪郭線、素敵。
ニールセンはデンマーク出身、白夜の都育ちで、そういうのも空の色彩だとかに影響してるとかしてないとか。育った環境は大きいよなぁ、海岸近くか山奥か、田舎か都会かなんてのも。
私は山育ちだけど目はよくないな・・・ゴホン。



神秘なる挿絵画家エドマンド・デュラック
4837304400 神秘なる挿絵画家エドマンド・デュラック
海野 弘
マール社 2011-11-28

by G-Tools

「線のラッカム、色のデュラック」なんて称されるらしい。
なんというか、女性的でエキゾチック。
このマール社のシリーズ、読み易い。



流線の挿絵画家ジェシー・キング
4837304435 流線の挿絵画家 ジェシー・キング
海野 弘
マール社 2012-10

by G-Tools

空間格子を見つけて、それに絡む曲線を楽しむべしとのこと。
グラスゴーローズって可愛い。
淡い色彩と優美でメランコリックな線が素敵。いくつかとてもツボなものがあった!緑色がきれいな、家のドアの前の絵。絵が上手ければなぁ、きっと真似して描いてるわ。



もっと知りたいマグリット
4808710188 もっと知りたいマグリット 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
南 雄介 福満 葉子
東京美術 2015-02-28

by G-Tools

あの謎の物体は「ビルボケ(けん玉)」っていうのか!
国立新美術館のマグリット展を観に行った後に読み、おさらいになった。
どうでもいいけど奥さんのジョルジェットがロビン・ライトに見えて仕方ない。



以上♪

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop