プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan

耳コピ楽譜まとめ
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
279

[ドラマ] SHERLOCK 4 ざっくり感想

SHERLOCK シーズン4を1周観終えたざっくり感想。 盛大にネタバレしてますのでご注意。 結論から言うと、衝撃的で心にくくて最高でした。 photo credit: Carlos Mata Photography 221B Baker Street: Sherlock Holmes via photopin (license) ざっくり感想(ネタバレ大あり) 6つのサッチャー(The Six Thatchers) 臥せる探偵(The Lying Detective) 最後の問題(The Final Problem) “The Dying Detective... <p>SHERLOCK&#160;シーズン4を1周観終えたざっくり感想。<br /> 盛大にネタバレしてますのでご注意。</p> <p>結論から言うと、<strong>衝撃的で心にくくて最高</strong>でした。</p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blog-imgs-114-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/pp-baker221b-welcome.jpg" alt="pp-baker221b-welcome" width="400" border="0" height="304" /> <br /> photo credit: Carlos Mata Photography <a href="http://www.flickr.com/photos/51714910@N00/2942106281">221B Baker Street: Sherlock Holmes</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/">(license)</a></p> <br /> <h3>ざっくり感想(ネタバレ大あり)</h3> <ol> <li>6つのサッチャー(The Six Thatchers)</li> <li>臥せる探偵(The Lying Detective)</li> <li>最後の問題(The Final Problem)</li> </ol> <p>“The <strong>Dying</strong> Detective”(瀕死の探偵)…原作<br /> ”The <strong>Lying</strong> Detective”(臥せる探偵)…ドラマ</p> <p>今回もタイトルからして面白いです。</p> <p>はじめ、あまりにシリアスなのとアクションシーンが長く感じたのとで、「シーズン4はずっとこうなんだろうか…」と不安になりましたが、4-2でいつもの調子に戻り、胸をなでおろしたのもつかのま、心臓が飛び出そうな最終話。</p> <p>死んだはずのモリアーティ、ワトソン夫妻の子、もうひとりのきょうだい、「赤ひげ」etc...</p> <p>もうひとりの「きょうだい」がまさか妹だったとは!!<br /> やられた〜!こてっとだまされました!ありがとうありがとう!!「東の風」の威力すさまじ。<br /> 以前ホームズ伝記本か何かで3人兄弟説を読んだ<span style="font-size: x-small;">(※)</span>こともあって、てっきり男だと信じで疑わなかったよ。<br /><br /> <span style="font-size: x-small;">※これです。</span></p> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309460364/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/515NPjcwiOL._SL75_.jpg" alt="シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)" style="border: none" width="54" height="75" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309460364/mikannomoto0c-22" target="_blank">シャーロック・ホームズ ― ガス燈に浮かぶその生涯</a></div> <div class="amakuri-default-author">W・S・ベアリング=グールド</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">河出書房新社</div></div></div> <br /> それに、人間の目って都合よくできてる…!<br /> 思えば<span style="font-size: x-large;"><strong>ジョンが惹かれる女性なんだから只者なわけがなかった</strong></span>。 <p></p> <p>お兄ちゃんとただ遊んでほしかったんだよね、SOSを送っていたのに解いてくれないんだもんね。<br /> はるか上空でひとりぼっち、大人たちはみんな寝てる、このままでは墜落する、どうしていいか分からない、助けて。<br /> 何を言っても響かず伝わらない馬鹿な大人たちは、彼女にとっては寝ているも同然だったってことかな?<br /> 「驚異的」と評されたマイクロフトをして「光り輝いていた」と言わしめるほど天才的に賢いけど、ずっと子どものまま。</p> <p>ぬおぅ、凡人には理解不能な世界です。なんせ<strong>医者で元軍人でめちゃくちゃ察しの良い</strong><span style="font-size: x-large;"><strong>ジョンが低スペック扱いされる世界</strong></span>だからなぁ!<br /> でも凡人なりに想像はできるよ、少なくとも想像しようという努力は。</p> <p>しかしあの<strong>モリアーティでさえちょっとかすんだ</strong>よ。いやぁ、びっくりした。怖かった。チクタクチクタク。</p> <br /> <p>メアリの死には驚いた。原作での扱いを思えばそう驚くことでもないのかもしれないけど、驚いた。<br /> <strong>死んだと見せかけて実は生きてるんじゃないか、と願いました</strong>。<br /> だってねぇ、<span style="font-size: x-large;"><strong>2年も死んだふりしてた奴が身近にいるもんねぇ</strong></span>。</p> <p>ジョンがその現実を受け入れて前に進むシーンには泣きました。<br /> 妻を失って少し時が経ってからの(視聴者的にもいったん間を置かれてからの)ジョンの告白には、ジョンの誠実さとリアルな人間味が出ていて良いです。たぶん今後何回観ても泣くと思う。前シーズンで妻の黒い過去を暖炉に放り込むあのシーンも毎度涙腺が刺激されて仕方ない。</p> <p>メアリの死によってジョンとシャーロックの友情に大きな亀裂が入るものの、結果メアリによって救われる。<span style="font-size: large;"><strong>「私たちの愛すべきジョン」</strong></span>だよ本当にぐおぉ。メアリの遺言もたいへんぐっと来ます。「救わせて」にはしびれました。なんてかっこいいの。なんて素敵な社会不適合者たちなの。というかもうこの3人ほんと何なの大好きだぞ馬鹿野郎ゲス野郎。</p> <p>感情は邪魔だとするシャーロックの人格形成にも感動を覚えました。こんな風にシャーロック・ホームズというキャラクターに肉付けをしてくれるなんて。ああ、シャーロック、あなたというひとは。抱きしめたいを通り越して蹴飛ばしてやりたい(愛情表現)。そしてやっぱり<strong>次男坊</strong>なんだな。</p> <p>シーズン初期の頃は、元ネタが分かって嬉しい、あれは出てこないのかな、そう来るとは意外、などと基本的に原作視点で楽しんで観てたんですが、今や<strong>元ネタは二の次</strong>で、<strong>純粋にシャーロックやジョンやメアリ、ハドソンさんにモリー、マイクロフト、モリアーティひとりひとりに会いたくて</strong>観てる。原作を元にした現代版というより、<strong>まったく別物の人間ドラマがそこにあって、たまたまホームズ要素をふんだんに取り入れたに過ぎない</strong>、という気もしなくもないです。</p> <p>もちろん原作あってのドラマには違いないし切っても切り離せないんですが、偉大なる原作の肩の上にちょこんと乗っかっていると思ってたけどけっこう存在感発揮してる感じ?うーん、書いていてよく分からなくなったぞ?とにかく、こんなに夢中になれるドラマがあるって幸せなこと。私にとっては稀有な体験です。「SHERLOCK」に匹敵する面白いドラマを見つけるにはどうしたらいいんだろう。</p> <p>あー、でも怒涛の伏線回収で、もう知ってしまった、だまされ終えてしまった、もう戻れないのがちょっと寂しい。<br /> 何度も初見を味わいたいからあの一時的に記憶をなくす薬を私にも打ってくれ!(笑)</p> <p>まあでも潔い幕引きなのかなぁ。(4で終わり…なんだよね??)<br /> ラストの「MISS YOU」はたいへんズルいと思いました。なんだかまともに聞けなかった。<br /> しかし<span style="font-size: x-large;"><strong>愛が深い</strong></span>ドラマであります!</p> <p>またシーズン1からゆっくり観返すぞ〜。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01IRDD4ZY/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61yUD%2BuOMIL._SL160_.jpg" alt="Sherlock - Series 4 / シャーロック シリーズ 4 (英語のみ) [PAL-UK] [DVD][Import]" style="border: none" width="113" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01IRDD4ZY/mikannomoto0c-22" target="_blank">Sherlock - Series 4 / シャーロック シリーズ 4 (英語のみ) [PAL-UK] [DVD][Import]</a></div></div></div> <p><span style="font-size: x-small;">▲英語のみらしいですね。画像を載せときたいがためにリンク貼っておきます。</span></p> <br /> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B018SIBVSU/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51nelEeTXUL._SL160_.jpg" alt="『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン1" style="border: none" width="140" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B018SIBVSU/mikannomoto0c-22" target="_blank">『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン1</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">KADOKAWA / 角川書店</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B018SIBVYO/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51viN%2Bye13L._SL160_.jpg" alt="『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン2" style="border: none" width="139" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B018SIBVYO/mikannomoto0c-22" target="_blank">『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン2</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">KADOKAWA / 角川書店</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B018SIBVOO/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61-ywRzNsVL._SL160_.jpg" alt="『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン3" style="border: none" width="139" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B018SIBVOO/mikannomoto0c-22" target="_blank">『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン3</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">KADOKAWA / 角川書店</div></div></div> <p>以上。</p>
  • Date : 2017-07-26 (Wed)
  • Category : ドラマ
278

[読書] シャーロック・ホームズ 最後の解決

映画「ネバーエンディング・ストーリー」に出てくるカタツムリに乗った人と「鷹の爪」の菩薩峠を足して割ったような不気味な顔の表紙。 読みました。 (原題:The Final Solution) シャーロック・ホームズ 最後の解決 Posted with Amakuri マイケル・シェイボン 新潮社 以下ネタバレご注意。 ざっくり感想 「ホームズ」の名は一切出てこず、ただ「老人」とだけ描かれる点は良かったです。 彼だと分かる描写が散りばめられていて... <p>映画「ネバーエンディング・ストーリー」に出てくるカタツムリに乗った人と「鷹の爪」の菩薩峠を足して割ったような不気味な顔の表紙。</p> <p>読みました。</p> <p>(原題:The Final Solution)</p> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lB4Zu6zqL._SL160_.jpg" alt="シャーロック・ホームズ最後の解決 (新潮文庫)" style="border: none" width="112" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank">シャーロック・ホームズ 最後の解決</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">マイケル・シェイボン</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">新潮社</div></div></div> <p>以下ネタバレご注意。</p> <br /> <h3 id="toc_1">ざっくり感想</h3> <p><strong>「ホームズ」の名は一切出てこず、ただ「老人」とだけ</strong>描かれる点は良かったです。</p> <p>彼だと分かる描写が散りばめられていて、どこか一歩引いて見ているような独特の雰囲気が新鮮でした。</p> <br /> <p>舞台は1944年、第二次世界大戦真っ只中の英国。<br /> そこで養蜂を営む老人は、ある少年と出会う。少年の肩には、謎の数字を唱え続けるオウムが。<br /> 数字の意味とは?口の聞けないその少年には一体何が?</p> <br /> <p>冒頭にはぐいぐい引き込まれたんですが、最後はもやっとしました。<br /> てっきりすべてを白日のもとにさらしてくれるものと思い込んでいたので、みなまで語られずに終わってしまって。<br /> 「ぎゃふん」って言うなら今。</p> <br /> <p>振り返ってみれば、老いたホームズ、もとい「老人」は、以前のような<strong>怜悧さは失っている</strong>。<br /> 御年89歳。かつての面影はありません。<br /> 時代も移り変わり、街の様子もすっかり様変わり。<br /> もっと荒廃したロンドンを期待したのに、アメリカナイズされちゃって…と元名探偵は感慨にふけります。</p> <p>ホームズもひとりの人間であって、不老不死の超人ではないけれども、そうはいっても、です。<br /><strong>老いてもなお喜々として芝居がかった種明かしを披露してくれるんじゃないか、とつい期待</strong>してしまいました。そういうんじゃあなかった。</p> <p>老ホームズのキャラが個人的にもうひといきというところでした。</p> <p><strong>変人度も低かった</strong>気がするし。<br /> 偏屈な老人ではあるんだろうけど、そんなのありふれてる。もっと強烈な光るものを見たい。</p> <br /> <p>そして何よりーーここが肝心ーー<strong>ワトソンがいない</strong>!!</p> <p>いや、分かってたよ、なんとなく、ワトソンは出てこないだろうってことは。ホームズが養蜂家をやっている時には既にワトソンはいないイメージがあるし(少なくとも90近い年齢の時には)。それは致し方ないと思ってたんだけど。</p> <p>ホームズひとりでも、この作品の雰囲気が肌に合いさえすれば面白かったと思う。ちょっともの足りなかったものだから、急にワトソンが恋しくなる。</p> <p>ワトソンがいない寂しさが増幅する。</p> <p>やっぱりワトソンがいないと駄目だな!!<strong>砥石がないと錆びちゃう</strong>んだよ!!</p> <br /> <p>若干リアリティのあるホームズ爺さんというところでした。<br /> そういうリアリティは追求せずにおいてほしいなぁ。せっかくのフィクションなんだから。</p> <br /> <p>最後にあとがきから、著者のことば。</p> <blockquote> <p>“すべての小説は続篇であり、影響を受けることは至福である”</p> </blockquote> <p>著者曰く、意識的にせよ無意識的にせよ、誰しも先人の影響を受けている。独創性にこだわるあまり、誰かの真似だと非難されるのを恐れるなんて理解できない。そんなようなニュアンスを述べた後の、締めくくりの一文です。</p> <p>絶対に何かしらの影響は免れないという意味では確かに100%オリジナルなんてないんですよね。<br /> 特に何か創作しているような身ではありませんが、これにはなんだか心が軽くなりました。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lB4Zu6zqL._SL160_.jpg" alt="シャーロック・ホームズ最後の解決 (新潮文庫)" style="border: none" width="112" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank">シャーロック・ホームズ 最後の解決</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">マイケル・シェイボン</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">新潮社</div></div></div> <br /> <p>以上。</p>
277

ミニスーファミが出ると聞いて

ミニスーファミが出ると聞いて懐かしさを抑えきれない30代の私。 スーパーファミコンの21タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」 全21タイトルで税抜7,980円。 本体のみ手乗りサイズで、コントローラーは元のサイズ。 《収録タイトル》 上記URLより抜粋。 スーパーマリオワールド F-ZERO がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 超魔界村 ゼルダの伝説 神々のトライフォース ... <p>ミニスーファミが出ると聞いて懐かしさを抑えきれない30代の私。</p> <p><a href="https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170627.html" target="_blank">スーパーファミコンの21タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」 </a></p> <p>全21タイトルで税抜7,980円。<br /> 本体のみ手乗りサイズで、コントローラーは元のサイズ。</p> <p>《収録タイトル》<br /> 上記URLより抜粋。</p> <blockquote> <ul> <li>スーパーマリオワールド</li> <li>F-ZERO</li> <li>がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻</li> <li>超魔界村</li> <li>ゼルダの伝説 神々のトライフォース</li> <li>スーパーフォーメーションサッカー</li> <li>魂斗羅スピリッツ</li> <li>スーパーマリオカート</li> <li>スターフォックス</li> <li>聖剣伝説2</li> <li>ロックマンX</li> <li>ファイアーエムブレム 紋章の謎</li> <li>スーパーメトロイド</li> <li>ファイナルファンタジーVI</li> <li>スーパーストリートファイターII</li> <li>スーパードンキーコング</li> <li>スーパーマリオ ヨッシーアイランド</li> <li>パネルでポン</li> <li>スーパーマリオRPG</li> <li>星のカービィ スーパーデラックス</li> <li>スターフォックス2</li> </ul> </blockquote> <br /> <p>収録作品以外では遊べないとはいえ、けっこうもりだくさんではないかと。<br /> 「スターフォックス2」は当時未発売だったものなのですね。</p> <p>それにしても<strong>「スーパー」と名の付くものの多い</strong>こと!</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="https://blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/pp-key-superfamicon.jpg" alt="pp-key-superfamicon" width="320" border="0" height="213" /><br /> photo credit: toughkidcst <a href="http://www.flickr.com/photos/45153470@N00/261200570">Key Holder with Nintendo SuperFamicom - SNES</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.0/">(license)</a></p> <br /> <h6>駆られっちまった懐かしさに</h6> <p>うち、「スーパーマリオカート」、「ヨッシーアイランド」、「超魔界村」などは、ここ数年の間にも遊んでいます。</p> <p>マリカーは、現実世界でペーパードライバーの私が唯一ハンドルを握る場所。<br /> ヨッシーアイランドはとにかくすべてが可愛らしい。特にヘイホー。</p> <p>魔界村シリーズは難易度が高いアクションゲーム…らしいけど、<strong>アクション全般が下手な私にはその難しさがピンとこない</strong>。ちょうど<strong>方向音痴過ぎて新宿駅のダンジョンっぷりがいまいちピンとこない</strong>のに似てる。すべての駅という駅で迷う私に死角はない。<br /> <strong>「村」という牧歌的な一字</strong>によって、魔物たちが攻撃してくるというよりは「これはもしや<strong>彼らなりの歓迎の挨拶なのでは?</strong>」などと思ったり思わなかったりする。永久凍土の5面の曲が好き。</p> <p>「桃源郷」「牛歩」「臨機応変」などのことばを覚えたのは「スーパーマリオワールド」の攻略本だったなぁ。</p> <p>スト2といえば、高校の時「ヨガファイヤー」の発音がやたら上手い子がいて。<br /> 「ヨガ?」って言うと、「fire」って言う。こだまでしょうか、いいえダルシム。<br /> 時々「frame」が混入したりもしたなぁ。</p> <p>FF6を含むFFシリーズは、なんだかんだで大人になってからもほどほどに触れて遊んだので、現状満足しており優先度は低め。でも不意にセッツァーとダリルの友情とか思い出すと熱い。音楽も良いよね、良い。</p> <p>未プレイのタイトルの中では、「聖剣伝説2」が気になるなぁ。「不思議なお話しを」がゲーム中で流れるのを聴いてみたい。<br /> 「聖剣伝説3」なら最近初めてプレイしてクリアしました。「Evening Star」が流れた時は感動。<br /> 2も3も音楽先行なんですよね。<br /> そして音楽といえばドンキーコングの水中のステージの曲も美しい。</p> <p>ゴエモンゆき姫は友人宅でかじる程度遊んだ記憶が。私が下手で全然先に進めなかった記憶が。<br /> でも最近、「きらきら道中」をクリアしました。クリアできました。夫と協力して、だけど。どうでもいいけどデリバシティをダイバーシティとよく間違えてた。</p> <p>ゼルダ、カービィ、ファイアーエムブレムはシリーズのどの作品にも触れたことがないので、機会あらば。</p> <p>そういえばスマホでも過去の作品を遊べるケースがあるけど、スマホでゲームをする気にはなれないので見送り。</p> <h6>我が家のスーファミ環境今昔</h6> <p>…などと思い出や願望がちらほら蘇るわけですが。</p> <p>現在我が家にあるハードは、ズバリあのグレーのスーパーファミコンではなく、「NEW FC DUAL」というもの。或る日どうしてもスーファミ版マリオカートで遊びたくなったのがきっかけで、ふらっと入った店舗でよくわからんまま購入。</p> <p>見た目はたいへんチープですが、ファミコン用のソフトも遊べるみたいだし、現状これで間に合ってはいます。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004TIF1SK/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41yHOb-PLTL._SL75_.jpg" alt="NEW FC DUAL (ニューエフシーデュアル) ファミコン・スーパーファミコン互換機" style="border: none" width="75" height="75" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004TIF1SK/mikannomoto0c-22" target="_blank">NEW FC DUAL (ニューエフシーデュアル) ファミコン・スーパーファミコン互換機</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-platform">No Operating System</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">GAME JOY</div></div></div> <br /> <p>ただこれ、時折コントローラーのボタンが陥没するなどして効かなくなるのが難点。</p> <p>連打とかする際にちょっと不安になる。私の扱いが雑なのか?いつも壊すの私だし…(疑惑濃厚)。いやいや、ゲーム機ですぞ?ちょっと繊細過ぎでしょう。</p> <p>何度、夫にドライバーでこじあけてもらったことか。壊す妻あれば直す夫あり。</p> <p>でも、そんな<strong>「常に当たり前に問題なく遊べるわけではない」という状況すらも懐かしい思い出の再現</strong>であり、<strong>それ自体が楽し</strong>かったりします。</p> <p>小学生当時、やっとのことで親に買ってもらったスーファミ本体は、ちょっとした衝撃でバグったり止まったりが日常茶飯事でした。ハードもソフトも中古だったせいかな?友人宅ではあまりそういう目に遭ったことがないですね。たとえばFF5で「クルル」が「ゲルル」になったり、カーソル音が変な「ぐしゃっ」って音になったり、初めて見るエンディングでフリーズしたり。<br /> <br /> だからそれはもう腫れ物に触るように大切に大切に扱いましたよね。それでもセーブデータよく消えたなぁ(涙)。<strong>データが消える絶望感たるや、魔界村シリーズであとひと息のところでふりだしに戻されるそれの比ではない</strong>ですね。いや魔界村の強制ふりだしも相当なものだけど、あれは、醍醐味だから。</p> <p>まあそんなわけで、ちらちらミニスーファミが気になりつつ、懐ゲーで遊んでいきたいと思います。</p> <p>以上。</p>
  • Date : 2017-07-05 (Wed)
  • Category : 雑記
    Return to Pagetop