プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan

耳コピ楽譜まとめ
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
148

[書籍] 不思議の国のアリス(角川文庫/河合祥一郎訳)

アリスを久しぶりに再読。どんな話だったかおさらいしつつ、言葉遊びに着目しつつ。 不思議の国のアリス (角川文庫)ルイス・キャロル 河合 祥一郎 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-02-25by G-Tools 訳が素晴らしいと思いました!!荒唐無稽でナンセンスな話を、原文を知らずとも日本語単体で楽しめるよう工夫が凝らされていて、訳者さんの汗とセンスの賜物ではないかと感じました。とはいえ思わず原文も確認しました... アリスを久しぶりに再読。<br />どんな話だったかおさらいしつつ、言葉遊びに着目しつつ。<br /> <br /> <table cellpadding="5" border="0"><tbody><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AD%E3%83%AB/dp/4042118038%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4042118038" target="_blank"><img border="0" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51yB5s%2BWwcL._SL160_.jpg" alt="4042118038" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AD%E3%83%AB/dp/4042118038%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4042118038" target="_blank">不思議の国のアリス (角川文庫)</a><img width="1" height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" style="border: none;" alt="" /><br />ルイス・キャロル 河合 祥一郎 <br />角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-02-25<br /><br /></font><font size="-2">by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html">G-Tools</a></font></td></tr></tbody></table> <br /> 訳が素晴らしいと思いました!!<br /><br />荒唐無稽でナンセンスな話を、原文を知らずとも<strong>日本語単体で楽しめる</strong>よう工夫が凝らされていて、訳者さんの汗とセンスの賜物ではないかと感じました。<br />とはいえ思わず原文も確認しましたが(ごく一部)。<br /> <br /> <br />
147

川瀬巴水展@日本橋高島屋に行ってきた♪

日本橋高島屋で開催中の「川瀬巴水展」を、うっとりと堪能してきました! 芸術を語る術を持ち合わせていないので、ひとこと、ただもうすばらしかった、見れてよかった、好きだ、とだけ記しておきます。 川瀬巴水展 - 郷愁の日本風景 -|タカシマヤ 「川瀬巴水展―郷愁の日本風景―」 期間:2015/01/02(金)〜2015/01/12(月) 時間:10:00〜19:30(20:00閉場) ※初日... 日本橋高島屋で開催中の「川瀬巴水展」を、うっとりと堪能してきました!<br /> 芸術を語る術を持ち合わせていないので、ひとこと、ただもうすばらしかった、見れてよかった、好きだ、とだけ記しておきます。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="300" border="0" height="300" alt="川瀬巴水展201501 パンフ" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kawasehasui201501-poster.jpg" /></div> <br /> <table border="0"> <tbody> <tr> <td width="150" valign="top"><a target="_blank" href="http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event"><img width="150" border="0" height="130" alt="" src="http://capture.heartrails.com/150x130/shadow?http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event" /></a></td> <td valign="top"><a target="_blank" href="http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event" style="color:#0070C5;">川瀬巴水展 - 郷愁の日本風景 -|タカシマヤ</a></td> </tr> </tbody> </table> <br /> 「川瀬巴水展―郷愁の日本風景―」<br /> 期間:2015/01/02(金)〜2015/01/12(月)<br /> 時間:10:00〜19:30(20:00閉場) ※初日と最終日は異なる<br /> 場所:日本橋高島屋8F<br /> 入場料:一般800円(Webクーポンで100円割引)<br /> <br /> 平日の仕事帰りに寄ったので、1時間程度しか居られず、全っっ然足りなかった!<br /> というのも、思った以上に開催場所が広く、作品数も膨大だったからです。会場が百貨店→こじんまりとした展示、と思い込んでましたすみませんm(__)m 後半は疲労も重なってダッシュ鑑賞、ああ、もったいない!<br /> でも期間中に行ける唯一の時に行けたので、満足感はあるかな。<br /> <br /><br /> <div style="text-align: center;"><img width="299" border="0" height="400" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kawasehasui201501-poster-omote.jpg" alt="川瀬巴水展201501 パンフ表" /> <img width="299" border="0" height="400" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kawasehasui201501-poster-ura.jpg" alt="川瀬巴水展201501 パンフ裏" /></div> <br /> <br />雨や夕暮れ、月、雲、橋、水面などがとっても美しいです。好みです。蒼。静謐。<br /> グラデーションってきれいだなー、なんて改めて思いました。<br /> 「ぽつねんと」って、いい響き。<br /> 巴水さん曰く、「風景が版画に見える」そうですね。<br /> <br /> 私が好きなのは、「清洲橋」と「時雨のあと」です。きれいー。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="300" border="0" height="224" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kawasehasui201501-postcard-1.jpg" alt="川瀬巴水展201501 ポスカ1" /> <img width="250" border="0" height="250" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kawasehasui201501-postcard-2.jpg" alt="川瀬巴水展201501 ポスカ2" /></div> <br /> ポストカードを厳選して購入。<br /> <br /> スケッチや水彩画も並んでいたりして、比較して楽しむこともできました。<br /> 版画の色刷りの製作過程の動画もありました。ひとつの作品に何十枚も費やされ、丁寧に丁寧に陰などが重ねられていく様子が、面白かったです。<br /> <br /> 地下鉄日本橋駅の構内から直結しているため、体を冷やさずに済んだのはありがたや〜でした。<br /> それなりに混んでたなぁ。作品が見えないほどではないけど、自分のペースで進むのは困難なくらい。<br /> <br /> ポストカードはもう1枚、「別府の朝」も買いました。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="250" border="0" height="250" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kawasehasui201501-postcard-3.jpg" alt="川瀬巴水展201501 ポスカ3" /></div> <br /> 以前買った画集を眺めてまたどっぷりと癒やされようと思います(●´ω`●)<br /> <br /> <table cellpadding="5" border="0"> <tbody> <tr> <td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%B7%9D%E7%80%AC%E5%B7%B4%E6%B0%B4%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86-%E5%B7%9D%E7%80%AC-%E5%B7%B4%E6%B0%B4/dp/4808709694%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4808709694" target="_blank"><img border="0" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/4808709694.09.MZZZZZZZ.jpg" alt="4808709694" /></a></td> <td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E5%B7%9D%E7%80%AC%E5%B7%B4%E6%B0%B4%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86-%E5%B7%9D%E7%80%AC-%E5%B7%B4%E6%B0%B4/dp/4808709694%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4808709694" target="_blank">川瀬巴水作品集</a><img width="1" height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" style="border: none;" alt="" /><br /> 川瀬 巴水 清水 久男 <br /> 東京美術 2013-03-29<br /> <br /> </font><font size="-2">by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html">G-Tools</a></font></td> </tr> </tbody> </table> <br /> <br /> <a target="_blank" href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%80%AC%E5%B7%B4%E6%B0%B4" style="color:#0070C5;">川瀬巴水 - Wikipedia</a><br />キーワード:「旅の版画家」、「昭和の広重」<br /> <br /> <br /> 以上♪<br /> <br />
  • Date : 2015-01-08 (Thu)
  • Category : 日記
146

IFTTTを使えば「ブクログ」からEvernoteに保存できる♪Evernoteでの読書管理は「ブクログ」か「メディアマーカー」かどっちにしよう?

読書管理にブクログとメディアマーカーを使ってますが、どちらも一長一短でひとつにしぼれないままずるずると今に至ります。見た目の洗練度なら断然ブクログなんですが、ブクログにはEvernote投稿機能がない。Evernoteにライフログを集約したいので、Evernote投稿機能があるメディアマーカーをやめられない。なんだかなぁ〜と思っていましたが、ブクログのその惜しい点を補えるツールがあったじゃない! IFTTTです。 《参考》  ... 読書管理に<a target="_blank" href="http://booklog.jp/">ブクログ</a>と<a target="_blank" href="http://mediamarker.net/">メディアマーカー</a>を使ってますが、どちらも一長一短でひとつにしぼれないままずるずると今に至ります。見た目の洗練度なら断然ブクログなんですが、<strong>ブクログにはEvernote投稿機能がない</strong>。Evernoteにライフログを集約したいので、Evernote投稿機能があるメディアマーカーをやめられない。なんだかなぁ〜と思っていましたが、ブクログのその惜しい点を補えるツールがあったじゃない!<br /> <br /> <a target="_blank" href="https://ifttt.com/">IFTTT</a>です。<br /> <br /> 《参考》 <br /> <a style="color:#0070C5;" href="http://toyamanokensan.blog44.fc2.com/blog-entry-851.html" target="_blank">Op.851 読書管理を『メディアマーカー』から『ブクログ』に移行しました。 - Opus 1123</a><br /> <br /> レシピも公開してくださってます感謝!<br /> <a href="https://ifttt.com/view_embed_recipe/114825-save-stored-books-on-booklog-to-evernote" target="_blank" class="embed_recipe embed_recipe-l_42" id="embed_recipe-114825"><img width="370px" src="https://ifttt.com/recipe_embed_img/114825" alt="IFTTT Recipe: Save stored books on #booklog to #Evernote connects feed to evernote" style="max-width:100%" /></a><script async type="text/javascript" src= "//ifttt.com/assets/embed_recipe.js"></script><br /> <br /> IFTTTを使って、ブクログのRSSフィードをEvernoteに保存するんですね。<br /> その手があったかー!<br /> <br /> IFTTTは、2つのサービスをつなげてくれる便利なサービスで、「if this then that」の頭文字というのが覚え易いです。<br /> 私は例えば、 <ul> <li>YouTubeに動画をUP → Evernoteにノートを作成</li> <li>foursquareにチェックイン → Evernoteにノートを作成</li> </ul> なんてことに使ってます。<br /> もちろんEvernoteに限らずいろいろできます。<br /> <br /> <h5>IFTTTの設定</h5> ブクログのRSSフィードは、「http: //booklog.jp/users/●/feed」(●:ブクログのID)。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="460" border="0" height="190" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/ifttt-trigger-booklog-to-evernote.jpg" alt="IFTTT トリガー Booklog→Evernote" /></div> <br /> 「Body」の内容はデフォルトから一部変更しました。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="460" border="0" height="358" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/ifttt-action-booklog-to-evernote.jpg" alt="IFTTT アクション Booklog→Evernote" /></div> <br /> 他、保存先のノートブックやタグを指定。<br /> <br /> <h5>Evernoteでの表示</h5> ブクログで新規登録してしばらくすると、Evernoteに下記のノートが作られました。<br /> (読書管理といいつつここでは楽譜の例を。楽譜管理も同様に行ってます。)<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="446" border="0" height="371" alt="Evernote ブクログ 例)FF9ピアコレ" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/evernote-booklog-ff9pc.jpg" /></div> <br /> 著者名ではなくブクログのニックネームだったり、読了日時ではなく登録日時だったり、若干虚を突かれましたね。<br /> 有益な情報は表紙画像とタイトルくらいでしょうか。画像が付いてくれるのが救いです。<br /> <br /> <h5>ブクログとメディアマーカーのEvernote表示比較</h5> メディアマーカーに慣れた視点で見比べると、どうしてもブクログの情報量の少なさが引っかかります。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="260" border="0" height="216" alt="Evernote ブクログ 例)FF9ピアコレ" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/evernote-booklog-ff9pc.jpg" /> <img width="260" border="0" height="363" alt="Evernote メディアマーカー 例)FF9ピアコレ" src="https://blog-imgs-76-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/evernote-mediamarker-ff9pc.jpg" /></div> <br /> <h5>結論</h5> メディアマーカーのほうが情報量も多く設定がきめ細かいので、Evernoteに保存という点ではやっぱりブクログよりメディアマーカーだな!<br /> タイトルと画像だけでもかまわないなら、ブクログに一本化するのもありだけど。<br /> とりあえずメディアマーカーをかなぐり捨てるほどの効果は感じられなかったので、現状のまま2本立てを継続します。<br /> <br /><br /> 2つのサービスに重複して登録するなんてめんどくさい!ですけど、日々の作業としては、iPhoneアプリ「図書館日和」から各サイトにほぼ自動でログインできるので、実はそこまで手間ではなかったりします。"図書館"とありますが、図書館の本に限らず手持ちの本もまとめて管理。読みたい本や読中・読了ステータス管理を「図書館日和」で行い、読み終わったら同アプリからブクログとメディアマーカーに登録。なのでブクログやメディアマーカーのiPhoneアプリはほとんど使ってませんね。っていうかメディアマーカーのアプリはいつの間にか終了してたっけ。<br /> <br /> <a href="https://itunes.apple.com/jp/app/tu-shu-guan-ri-he/id402215845?mt=8&uo=4&at=11l8nG" rel="nofollow" target="_blank"><img width="75" hspace="6" align="left" alt="" src="http://a1152.phobos.apple.com/us/r30/Purple2/v4/da/d5/43/dad543d1-cb29-2845-4736-b9a2d50b89c9/icon.png" style="margin-right: 6px;" /><b>図書館日和</b> <img alt="App" src="http://ax.phobos.apple.com.edgesuite.net/ja_jp/images/web/linkmaker/badge_appstore-sm.gif" style="vertical-align: text-bottom;" /><br /> </a>カテゴリ:ライフスタイル<br /> 価格:無料<br /> リリース日:2010/11/12<br clear="all" /><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://ifttt.com/">https://ifttt.com/</a><br /> <a target="_blank" href="http://booklog.jp/">http://booklog.jp/</a><br /> <a target="_blank" href="http://mediamarker.net/">http://mediamarker.net/ </a><br /> <br /> 余談ですが、当ブログの月まとめ「読んだ本メモ」の冒頭のHTMLは、メディアマーカーで出力したものを使ってます。<br /> <br /> 以上♪<br />
  • Date : 2015-01-05 (Mon)
  • Category : Evernote
    Return to Pagetop