プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan

耳コピ楽譜まとめ
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
44

[映画] サウンド・オブ・ノイズ

音楽テロリスト VS 音楽トラウマ警官 って設定に惹かれて、DVDレンタルで鑑賞♪ ▼予告編。 ざっくり感想は続きから↓ (ネタバレあり)... 音楽テロリスト VS 音楽トラウマ警官&#160;って設定に惹かれて、<br />DVDレンタルで鑑賞♪<br /> <br /> <br /> <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GUBH2KO/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51A%2BE%2BKZEEL._SL160_.jpg" alt="サウンド・オブ・ノイズ [DVD]" style="border: none;" /></a> <br /> <br /> <br /> ▼予告編。<br /> <iframe width="400" height="225" frameborder="0" allowfullscreen="" src="//www.youtube.com/embed/Vu3GI_gjLtg?rel=0"></iframe><br /> <br /> <br /> ざっくり感想は続きから↓<br /> (ネタバレあり)<br /> <br /> <br /> <br />
45

[書籍] 読んだ本メモ(2014.01):「TOKUGAWA15」他

1月に読んだ主な本の感想メモ。 山口晃 大画面作品集すぐわかる!4コマ西洋音楽史2001夜物語謎解き浮世絵叢書 歌川広重 冨士三十六景TOKUGAWA15 読み物というよりビジュアル寄りなものばかりですがアハハ。読書は長いこと苦手で敬遠してて。大人になってから少しずつ克服してきてます。 ひとことふたこと感想は続きから↓... 1月に読んだ主な本の感想メモ。<br /> <br /><br /> <ul><li>山口晃 大画面作品集</li><li>すぐわかる!4コマ西洋音楽史</li><li>2001夜物語</li><li>謎解き浮世絵叢書 歌川広重 冨士三十六景</li><li>TOKUGAWA15</li></ul> <br /><br />読み物というよりビジュアル寄りなものばかりですがアハハ。<br />読書は長いこと苦手で敬遠してて。大人になってから少しずつ克服してきてます。<br /><br /> ひとことふたこと感想は続きから↓<br /> <br /> <br /> <br />
43

[映画] 観た映画メモ(2014.01):「スター・トレック イントゥ・ダークネス」他

1月に観た映画の感想メモ。 ひとこと物申したい&個人的にブログに残しておきたいやつだけチョイスです。 「個人的に」って言葉につい頼ってしまうけど、個人的に作って個人的に書いてるブログなんだから当たり前だよなぁ。 最後の忠臣蔵 スター・トレック イントゥ・ダークネス スルース グッド・ドクター プロフェシー ひとことふたこと感想は続きから↓ (ネタバレなし)... 1月に観た映画の感想メモ。<br /> ひとこと物申したい&個人的にブログに残しておきたいやつだけチョイスです。<br /> <span style="font-size: x-small;">「個人的に」って言葉につい頼ってしまうけど、個人的に作って個人的に書いてるブログなんだから当たり前だよなぁ。</span><br /> <br /> <br /> <ul> <li>最後の忠臣蔵</li> <li>スター・トレック イントゥ・ダークネス</li> <li>スルース</li> <li>グッド・ドクター</li> <li>プロフェシー</li> </ul> <br /> <br /> ひとことふたこと感想は続きから↓<br /> (ネタバレなし)<br /> <br /><br /><br /> <br />
41

[楽譜]「ピアノコレクションズ FF12」♪名曲と鳥と豚と私

FF12のピアノコレクションズ、難しいけどお気に入り!! 発売からもう1年経ったのか。いまだたぎる想いを舌足らずな文章に込めましたです。 ピアノソロ ピアノ・コレクションズ ファイナルファンタジー XIIposted with カエレバ株式会社スクウェア・エニックス ヤマハミュージックメディア 2012-12-20Amazon楽天市場 ざっくり感想は続きから↓... FF12のピアノコレクションズ、難しいけどお気に入り!!<br /> 発売からもう1年経ったのか。いまだたぎる想いを舌足らずな文章に込めましたです。<br /> <br /> <br /> <div class="kaerebalink-box" style="text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;/zoom: 1;overflow: hidden;"><div class="kaerebalink-image" style="float:left;margin:0 15px 10px 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/463689362X/mikannomoto0c-22/" target="_blank" rel="nofollow"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51mzN0Pf3EL._SL160_.jpg" style="border: none;" alt="" /></a></div><div class="kaerebalink-info" style="line-height:120%;/zoom: 1;overflow: hidden;"><div class="kaerebalink-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/463689362X/mikannomoto0c-22/" target="_blank" rel="nofollow">ピアノソロ ピアノ・コレクションズ ファイナルファンタジー XII</a><div class="kaerebalink-powered-date" style="font-size:8pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%">posted with <a href="http://kaereba.com" rel="nofollow" target="_blank">カエレバ</a></div></div><div class="kaerebalink-detail" style="margin-bottom:5px;">株式会社スクウェア・エニックス ヤマハミュージックメディア 2012-12-20</div><div class="kaerebalink-link1" style="margin-top:10px;"><div class="shoplinkamazon" style="margin-right:5px;background: url('http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/search?keywords=%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA%20%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC12&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&tag=mikannomoto0c-22" target="_blank" rel="nofollow">Amazon</a></div><div class="shoplinkrakuten" style="margin-right:5px;background: url('http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/15ec847d.0b3883a5.15ec847e.3ece6443/?pc=http%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2594%25E3%2582%25A2%25E3%2583%258E%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BA%2520%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2582%25A4%25E3%2583%258A%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25BC12%2F-%2Ff.1-p.1-s.1-sf.0-st.A-v.2%3Fx%3D0%26scid%3Daf_ich_link_urltxt%26m%3Dhttp%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2F" target="_blank" rel="nofollow">楽天市場</a></div></div></div><div class="booklink-footer" style="clear: left"></div></div> <br /> <br /> <br /> ざっくり感想は続きから↓<br /> <br /> <br /> <br /> <br />
40

[書籍] 2013年に読んだ本ベスト5

2013年に読んだ本のベスト5! 2月半ばって時期的にちょっと中途半端だが気にしないっ。 管仲 137億年の物語 笑う、消しゴムはんこ。 緋色の研究 武者無類ー月岡芳年の武者絵 以下、ひとことふたこと感想です。 管仲 管仲〈上〉 posted with amazlet 宮城谷 昌光 文藝春秋 管仲〈下〉 posted with amazlet 宮城谷 昌光 文藝春秋 「管鮑の交わり」の話、程度の予備知識で読み始めたけど、面... 2013年に読んだ本のベスト5!<br /> 2月半ばって時期的にちょっと中途半端だが気にしないっ。<br /> <br /><br /> <ul> <li>管仲</li> <li>137億年の物語</li> <li>笑う、消しゴムはんこ。</li> <li>緋色の研究</li> <li>武者無類ー月岡芳年の武者絵</li> </ul> <br /> <br /> 以下、ひとことふたこと感想です。<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>管仲</h6> <br /> <br /> <div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167259176/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41IWg-OaPSL._SL160_.jpg" alt="管仲〈上〉 (文春文庫)" style="border: none;" /></a></div> <div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167259176/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">管仲〈上〉</a> <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a></div></div> <div class="amazlet-detail">宮城谷 昌光 <br /> 文藝春秋</div> <div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"></div></div> <div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div> <div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167259184/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41pE84-mt0L._SL160_.jpg" alt="管仲〈下〉 (文春文庫)" style="border: none;" /></a></div> <div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167259184/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">管仲〈下〉</a> <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a></div></div> <div class="amazlet-detail">宮城谷 昌光 <br /> 文藝春秋</div> <div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"></div></div> <div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div> <br /> <br /> 「管鮑の交わり」の話、程度の予備知識で読み始めたけど、面白かった!<br /> <span style="color: rgb(51, 51, 153);"><strong>かげりの管仲、きらめく鮑叔</strong></span>☆<br /> 心に響くことばや台詞がたくさんありました。<br /> 下巻では鮑叔はほとんど出てこなくなり、管仲が輝き出す!<br />鮑叔の退き際がお見事!惚れるわ!<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>137億年の物語</h6> <br /> <br /> <div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416374200X/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61DzTsvso%2BL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416374200X/mikannomoto0c-22/ref=nosim/">137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史</a> <div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a></div></div> <div class="amazlet-detail">クリストファー・ロイド <br /> 文藝春秋</div> <div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"></div></div> <div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div> <br /> <br /> 一家に一冊あってもいいかもしれない、分野にとらわれない読み物兼教科書って感じの本。<br /> 「地球の進路を決定づけた自然界の出来事」の第1位は、<strong>月の誕生</strong>。ああ、そうきたか、そういうことですか!スケールがでっかくていいね!<br /> とても分厚く、返却期限までに読み終わらなかったけど…<span style="font-size: x-small;">全部読んでないくせにベスト5に入れてしまつた(笑)</span><br /> イラストや装丁、書き心地の良さそうな紙質も高ポイントでした。<br /> ちなみに作者のクリストファー・ロイドはタイムマシン作ったあの人とは別人でした<br />(*ノω・*)<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>笑う、消しゴムはんこ。</h6> <br /> <br /> <div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/441813235X/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="笑う、消しゴムはんこ。 かんたん、たのしい、おもしろい" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51EQHRsNkyL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/441813235X/mikannomoto0c-22/ref=nosim/">笑う、消しゴムはんこ。 かんたん、たのしい、おもしろい</a> <div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a></div></div> <div class="amazlet-detail">乙幡 啓子 <br /> 世界文化社</div></div></div> <div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div> <br /> <br /> 「これ彫ってどうすんの?」という疑問をものともしない清々しさで、笑いに走っていてすばらしい!<br /> 活用アイデアが面白いです。きれいな模様だなーと思ったらDNAだったりとか(笑)<br /> 他にも、鳥獣戯画、寛永通宝、阿修羅像、魚類に微生物などなど、巷の可愛い系はんこ本ではまずお目にかかれないモチーフばかり。<br /> 著者はデイリーポータルZの人だったんですね。道理で。<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>緋色の研究</h6> <br /> <br /> <div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042982212/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="緋色の研究 (角川文庫)" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41NaxyG2V3L._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042982212/mikannomoto0c-22/ref=nosim/">緋色の研究 (角川文庫)</a> <div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a></div></div> <div class="amazlet-detail">コナン・ドイル <br /> 角川書店</div> <div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"></div></div> <div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div> <br /> <br /> ホームズ全話リベンジのきっかけになってくれた本。<br /> 非常に読み易い翻訳でした。<br /> 表紙にもかなり惹かれましたが!<br />今年は待ちかねた「SHERLOCK」のシーズン3も放送されるみたいだし、うっふ♪<br /> <br /><br /> <br /> <h6>武者無類―月岡芳年の武者絵</h6> <br /> <br /> <div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048910639/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51kLnO7VadL._SL160_.jpg" alt="武者無類―月岡芳年の武者絵" style="border: none;" /></a></div> <div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048910639/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">武者無類―月岡芳年の武者絵</a> <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a></div></div> <div class="amazlet-detail"><br /> アスキー・メディアワークス</div> <div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"></div></div> <div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div> <br /> <br /> 八幡太郎義家、牛若丸、上杉謙信などなど、つわものたちの躍動感がただただカッコイイです!<br /> 詞書の文字と背景も素敵です。<br /> <br /> <br /> 以上、昨年のベスト5でした♪<br /> <br />
  • Date : 2014-02-15 (Sat)
  • Category : 読書
39

ホームズ登場人物の日本語名を考えた(妄想警報)

「快漢ホルムス」という響きにグッとくる私です。 シャーロック・ホームズ完全解読 (別冊宝島) posted with amazlet 宝島社 (2013-02-13) ある晩、「シャーロック・ホームズ完全解読」という本を読んでおりましたら、ホームズの翻訳というページがありまして。 過去に翻訳された折のホームズの日本名などがたいそう面白く、わたくしの小さな妄想爆弾の導火線に火が点いてしまい、にやにやと眠れぬ夜を過ごしました。 おか... 「<strong>快漢ホルムス</strong>」という響きにグッとくる私です。<br /> <br /> <br /> <div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800207762/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="シャーロック・ホームズ完全解読 (別冊宝島 1965 カルチャー&スポーツ)" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51LGzZElvBL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800207762/mikannomoto0c-22/ref=nosim/">シャーロック・ホームズ完全解読 (別冊宝島)</a> <div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a></div></div> <div class="amazlet-detail"><br /> 宝島社 (2013-02-13)</div> <div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"></div></div> <div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div> <br /> <br /> <br /> ある晩、「シャーロック・ホームズ完全解読」という本を読んでおりましたら、ホームズの翻訳というページがありまして。<br /> 過去に翻訳された折のホームズの日本名などがたいそう面白く、わたくしの小さな妄想爆弾の導火線に火が点いてしまい、にやにやと眠れぬ夜を過ごしました。<br /> おかげで寝不足です。寝不足はすべての敵でございます。<br /> わたくし、8時間は寝ないと体調に支障をきたしますの。<br /> それですので、せっかくですからその妄想を、ささやかながらも白日のもとにさらしたいというわたくしのお気持ち、ご理解いただけると信じております。<br /> <br /> <br /> ベーカー街221Bに訪れた依頼人のつもり(´∀`*)<br /> <br /> <br /> そんなわけなので、<br /> 本に記載の「本間樵麓(ほんま・しょうろく)」にあやかり、「本間」をお借りしまして、<br /> 以下、私の脳内にくすぶる妄想日本名をさらします。<br /> 恥ずかしさ、爆裂。<br /> <br /> <br /> <br /> <h5>どんとこい日本語名</h5> <br /> <br /> <br /> <h6>本と森とのあいだに和</h6> <br /> <br /> <ul> <li>シャーロック・ホームズ → <strong>本間写楽</strong>(ほんま・しゃらく)</li> <li>ジョン・H・ワトソン → <strong>和戸譲太郎</strong>(わと・じょうたろう)</li> </ul> <br /> <span style="font-size: x-small;"><br /> まずここで唐突ですがひとことおことわりを。<br /> 思い付いた時になんか引っかかってて、今ググってみたら、手塚治虫の「三つ目がとおる」の主人公がズバリ写楽でした!相方は和登(わと)さん。そうだったーーー!!しかもホームズが由来なんですね。へぇー!!<br /> 昔アニメ見てたけど知らなかった!<br /> 手塚治虫大先生が使ってたのならば、と自信を持って拝借しますよ。わとさんの字は変えたけど。</span><br /> <br /> <br /> シャーロックは写楽でいっそ謎めいときましょう☆<br /> <br /> 「和」と「譲」は漢字合ってると思うの!親しみを込めて「太郎」を付けて差し上げた。<br /> 写楽に「わとくん、わとくん」ってぇ呼ばれるわけだ。<br /> 「いいかね、わとくん。この一見何の価値もないしょーーもないブログのしょーーもない記事が事件の鍵を握っているんだ。」<br /> 「それ、僕が書いてるブログだよ。」<br /> ・・・はい!ということでね!<br /> <br /> ミドルネームのヘイミッシュは、子どもの頃のあだ名がなぜか「<strong>兵蜜</strong>(へいみつ)」だったことにしよう。<br /> 子ども時代のあだ名なんて謎だらけなものだ。「兵」の「蜜」なんて、なんだか微妙に未来を暗示してたよね的な。<br /> <br /> 字面を鑑みると、ホームズも本の間と書いて本間だなんて、ピッタリだ。<br /> 自室にこもって黙考している感じがする。今日みたいな雪の日なんて特に。<br /> あ、でもホームズは行動的なんだっけ。でも想像して真っ先に思い浮かぶのは部屋の中だから、まあいいんじゃないの。<br /> 「Homes」なら「家々」ってダジャレもありかなと思ったけど綴りは「Ho<strong>l</strong>mes」だからなー。<br /> なるほどホルムス。私最近までずっと「Homes」だと思い込んでました。某不動産情報サイトにもあるし。<br /> <br /> <br /> <ul> <li>ジェームズ・モリアーティ → <strong>森亜都仁武</strong>(もりあと・じんむ)</li> </ul> <br /> ちょっといかにもな。敢えていかにもな。森亜都教授。<br /> でもこのお方は「えっ誰それ?」と思わせてなんぼだから、これくらいぶっ飛んじゃっててもいいかも、という判断。<br /> まっとうにいくなら森脇教授とか?<br /> <br /> <br /> <ul> <li>マイクロフト・ホームズ → <strong>本間真久郎</strong>(ほんま・まくろう)</li> </ul> <br /> 「ま」が連続するのが引っかかるなら、思いっきりカッコイイほうに転んで「<strong>蔵人</strong>(くらんど)」でもありだわね!<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>女性陣</h6> <br /> <br /> <ul> <li>ハドソンさん → <strong>鳩村礼子</strong>(はとむら・れいこ)</li> <li>メアリ・モースタン → <strong>茂臼田真里子</strong>(もうすだ・まりこ)</li> <li>アイリーン・アドラー → <strong>安藤エレナ</strong>(あんどう・えれな)</li> </ul> <br /> <br />チャーミングな大家のハドソンさん、お名前が分からないのでイメージで。<br /> きちんとしてるから「礼」の字、可愛いらしいし安らぐから「鳩」もあながち遠くないか。<br /> メアリさんの苗字は、もっと普通寄りにするなら「増田」さんかな。何にせよ「和戸真里子」になるのだからあんま悩むとこじゃないかも。<br /> "あの女性"はエレーナを採用して、カタカナ表示で目立たせてみたけれど。<br /> 「<strong>愛理</strong>」とか「<strong>愛凜</strong>」も捨て難いかな。<br /> <br /><br /> <br /> <h6>ポリスメン、他</h6> <br /> <br /> <ul> <li>レストレード警部 → <strong>礼堂</strong>(れいどう)警部</li> <li>グレグスン警部 → <strong>暮楠</strong>(くれぐす)警部</li> <li>ホプキンズ警部 → <strong><span class="st">宝金</span></strong>(ほうきん)警部</li> </ul> <br /> <br />みんな警部で合ってたっけ?<br /><br /> 「SHERLOCK」に出てきた女性巡査部長は<br /> <br /> <ul> <li>ドノヴァン巡査部長&#160;→&#160;<strong>土野辺</strong>(どのべ)巡査部長</li> </ul> <br /> でいいか。<br /> <br /> 「SHERLOCK」ついでに法医学者のモリーも♪<br /> <br /> <ul> <li>モリー・フーパー&#160;→ <strong>古畑茉莉</strong>(ふるはた・まり)</li> </ul> <br /> なんか普通にいらっしゃりそうで恐縮してきた。<br /> <br /> <br /><br /> <h6>その他ゲストのみなさん</h6> <br /> <br /> <br /> あとは、<br /> <br /> <br /> <ul> <li>ターナーさん → <strong>田上</strong>(たのうえ)さん もしくは <strong>田中</strong>さん</li> <li>ヴァイオレット・スミス → <strong>梶紫</strong>(かじ・むらさき) もしくは <strong>佐藤紫</strong></li> <li>ヴァイオレット・ハンター → <strong>狩野紫</strong>(かのう・むらさき)</li> <li>ピーター・ケアリー → <strong>郡平太</strong>(こおり・へいた)</li> <li>黒ピーター → <strong>ブラック平太</strong>(へいた)</li> <li>ピエトロ → <strong>平太</strong>(へいた)</li> <li>ベッポ → <strong>別府</strong>(べっぷ)</li> <li>ガリデブ → <strong>細太</strong></li> </ul> <br /> <br /> …だんだん適当になってきた(笑)<br /> <br /> というかホームズ目線からの外国人まで日本名にすると設定おかしくなりますよね。<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>和戸家の兄上は</h6> <br /> <br /> <br /> そういえばワトソン君のお兄さんって名前何ていうんだろう。<br /> ワトソン君が「ワトキンズ」って言い間違いされてたのを採って、そうだなぁ、、、<br /> <br /> <br /> <br /> <strong>         和戸金太郎</strong><br /> <br /> <br /> <br /> なんかごめんなさいぃぃぃ。<br /> <br /><br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/medium_9309185806.jpg/" target="_blank"><img width="400" height="266" border="0" src="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/medium_9309185806.jpg" alt="pp_book_sherlockholmes" /></a> <br /> photo credit: <a href="http://www.flickr.com/photos/chay1288/9309185806/">chay1288</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/">cc</a></div> <br /> <br /><br /> <h5>ああ楽しかった名付け親</h5> <br /> <br /> 名付け親気取りが楽しくなってしまって、出てくる人みんなに付けたくなってきたけど、このへんでやめとこう。<br /> <br /> ※いずれかの御名前の方がいらっしゃったら大変失礼ですね、ごめんなさいm(_ _)m<br /> <br />
  • Date : 2014-02-14 (Fri)
  • Category : 雑記
34

[お気に入りの曲] The Piano Guys「Charlie Brown Medley」

The Piano Guysの「Charlie Brown Medley」に笑顔をもらってます。 とにかく楽しそうに演奏していて素晴らしい!!チェロの人なんて弾かずに叩いてるし(笑) 奏者も聴き手も笑顔で、楽しさが伝染るぞよ(*´∀`*) いや、奏者とか聴き手とか分け隔てるのはナンセンスだとさえ思えてくるね。 ラスト10秒でのおばあちゃんの 「〜 The Piano Guys!!・・・(ティン♪)」がツボ(笑) 原曲があるのかな?それともオリジナル? ちな... The Piano Guysの「Charlie Brown Medley」に笑顔をもらってます。<br /> <br /><br /> <div style="text-align: center;"><iframe width="400" height="225" frameborder="0" allowfullscreen="" src="//www.youtube.com/embed/tyPDQpel8bI?rel=0"></iframe></div> <br /> <br /> とにかく楽しそうに演奏していて素晴らしい!!<br />チェロの人なんて弾かずに叩いてるし(笑)<br /> 奏者も聴き手も笑顔で、楽しさが伝染るぞよ(*´∀`*)<br /> いや、奏者とか聴き手とか分け隔てるのはナンセンスだとさえ思えてくるね。<br /><br /> ラスト10秒でのおばあちゃんの<br /> 「〜 The Piano Guys!!・・・(ティン♪)」がツボ(笑)<br /> <br /> 原曲があるのかな?それともオリジナル?<br /> <br /> ちなみにPEANUTSのキャラの中で一番好きなのがチャーリー・ブラウン(●´ω`●)<br /> なのでタイトルに釣られたのも事実だ!<br /> <br />The Piano Guys&#160;の他の動画もいくつか聴きましたが、<br />ピアノにあんなことやこんなことしたり…Σ(゚д゚)&#160;なかなか面白いことをするスゴイ人たちみたいですね。<br /><br /><br /> 以上♪<br /> <br />
  • Date : 2014-02-12 (Wed)
  • Category : 音楽
37

[書籍] 4コマ西洋音楽史 <全3巻>

漫画ならいけると思い、手に取りましたが。     ざっくり感想 冒頭に地図と年表があり、各ページ見開きで4コマと文章と人物解説、時々コラムといった作りで、読みやすかったです。 時系列で全3巻ありますが、個人的には3巻が一番面白かったですね。 1巻は音楽そのものの歴史という印象。 2巻の終わりでベートーヴェン登場。このあたりからようやっと私の興味アンテナが反応。 3巻ではショパンなど。 やっぱりピ... 漫画ならいけると思い、手に取りましたが。<br /> <br /> <br /> <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636869184/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="すぐわかる!4コマ西洋音楽史 1 古代・中世~バロック初期" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61I17rx0tIL._SL160_.jpg" /></a>   <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636869192/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="すぐわかる! 4コマ西洋音楽史 2 バロック中期~ロマン派初期" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61%2BI%2BAvbPFL._SL160_.jpg" /></a>   <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636869206/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="すぐわかる! 4コマ西洋音楽史 3 ロマン派中期~近現代" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61eBLBZsQ2L._SL160_.jpg" /></a> <br /> <br /> <br /> <br /> <h5>ざっくり感想</h5><br /> <br /> 冒頭に地図と年表があり、各ページ見開きで4コマと文章と人物解説、時々コラムといった作りで、読みやすかったです。<br /> <br /> 時系列で全3巻ありますが、個人的には3巻が一番面白かったですね。<br /> 1巻は音楽そのものの歴史という印象。<br /> 2巻の終わりでベートーヴェン登場。このあたりからようやっと私の興味アンテナが反応。<br /> 3巻ではショパンなど。<br /> <br /> やっぱりピアノが登場してくれないとテンション上がんないな!とか思いながら。<br /> <br /> ショパンやリストが期待通りコミカル(と言っちゃぁなんですが)に描かれていて良かったです!<br /> 五人組なんてただの可愛いおっさん五人衆にしか見えないし^^<br /> <br /> メンデルスゾーンてお姉さんも作曲家だったのですね。<br /> 姉がいたことに妙に納得してしまった。 単なるイメージだけど、確かに、少なくとも男兄弟の長男って印象はなかったわ。<br /> 弟か。メンデルスゾーン、君は弟なんだな。今度から弾くたびに「弟よ」とつぶやいてしまいそう。弟がどうかしたのか私よ。<br /> <br /> <br /> <h5>おわりに</h5><br /> <br /> 西洋音楽史、私の脳みそには漫画の力をもってしても頭に入らないことが分かり、肩を落としました(笑)<br />漫画ならばと思って借りたんだけどなー。<br />ま、いっか。<br /><br /><br />以上。<br /><br />
36

[映画] スター・トレック イントゥ・ダークネス

スタートレックが好きなので、観ました。 前作も一応鑑賞済み。   スタートレック好きと言っても、 数年前に「新スタートレック(TNG)」と「DS9」をひととおり観て以来のにわかファンです。 映画の元になった最初のシリーズは観たことないです。 (ちなみに好きなキャラはデータ少佐♥) 以下、「スタートレック」って書いてる場合、自分が見知っているシリーズ全体を指してます。 ざっくり感想 ひとこと:地球での肉... スタートレックが好きなので、観ました。<br /> 前作も一応鑑賞済み。<br /> <br /> <br /> <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002WYJRPQ/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="スター・トレック イントゥ・ダークネス ブルーレイ+DVDセット【2枚組】" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51K3bpGu6LL._SL160_.jpg" /></a>   <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00G9QQXZ0/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="【Amazon.co.jp限定】 スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイ (Amazon.co.jp 限定特典映像 DVD・コミックブック付き) スチールブック仕様 (3枚組) (完全数量限定) [Blu-ray]" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51hG9piLudL._SL160_.jpg" /></a> <br /> <br /> <br /> スタートレック好きと言っても、<br /> 数年前に「新スタートレック(TNG)」と「DS9」をひととおり観て以来のにわかファンです。<br /> 映画の元になった最初のシリーズは観たことないです。<br /> (ちなみに好きなキャラはデータ少佐♥)<br /> <br /> 以下、「スタートレック」って書いてる場合、自分が見知っているシリーズ全体を指してます。<br /> <br /> <br /> <h5>ざっくり感想</h5> <br /> <br /> <h6>ひとこと:地球での肉弾戦より宇宙での心理戦求む</h6> <br /> <br /> 私は<span style="color: rgb(51, 51, 153);"><strong>肉弾戦が続くと冷めてしまう</strong></span>ことがありまして。<br /> アクションがきらいなわけじゃないんですけど、何かの拍子にものすごくしらけてしまうんですよね。<br /> なんか<span style="color: rgb(51, 51, 153);"><strong>誤魔化されてる感</strong></span>?CGの派手な演出にも同じことが言えます。<br /> それに、舞台は23世紀、もっとスマートにやろうよ、いろいろあるんでしょ未来のスゴイ武器がさぁ!?<br /> スタートレックはSF&人間ドラマだから、そこがグイグイ琴線に触れてくれないと満足できない。<br /> 頭脳戦や心理戦、駆け引き、絶妙な心の機微、ウィットに富んだ会話が見たいのよーー!!<br /> <span style="font-size: large;"><span style="color: rgb(51, 51, 153);"><strong>アクションや映像美は二の次</strong></span></span>なんだかんね!!<br /> 人間ドラマを宇宙SFで美しく包み込んだ絶品を味わいたいのだよ!!<br /> (お前に絶妙な心の機微が分かるのかと身近な人には言われそうだけど(笑))<br /> <br /> <br /> それから、地球に居るのが長過ぎてじれったいことこの上なかった。<br /> 早く出ようよ地球!!宇宙行こうよ早く!!!<br /> <br /><br />肝心のお話の詳細はすっかり忘れた\(^o^)/<br /> なぜこうも簡単に忘れるのか自分でも焦るくらい(笑)<br /> キャッチコピーの「人類最大の弱点は、愛だ。」については、「ん?」でした。それは言える。<br /> <br /><br /> <br /> <h6>キャラ</h6> <br /> <br /> オリジナルを知らないので、他のシリーズなどで出てきたわずかな話題の断片と映画の印象とをつなぎ合わせると、好きなキャラはスコッティかな!気さくでにくめない感じのエンジニア。<br />ちょっと気弱そうな顔の俳優さんがたまらないですね。<br /> <br /> カークは、なるほど熱血漢で、いいんじゃないですか!前作でも思ったけど。<br /> たとえバカっぽく見えることがあっても、宇宙艦隊の制服を着てる以上、選ばれた優秀な人材なんだって信じてるから!信じてますとも!伊達に士官やってませんよね!?英雄色を好むとも言うしね!?大丈夫…だよね!?<br /> 死なないって分かっててもヒヤヒヤするくらい無茶するし、感情的なところもあるけど、<br />根拠がなくとも彼が直感で「おれについてこい」と言ったらついて行きたくなるような、<br />不思議と魅力的な船長でした。<br /> <br />いや、ヒヤヒヤするという点では、そもそもスタートレックはドラマのほうのお話もだいたい毎回危なっかしいし、知性と機転と行動力その他もろもろのアビリティで<span style="color: rgb(51, 51, 153);"><strong>華麗に難局を切り抜けるクルー達にしびれる</strong></span>わけだから、エンターテイメントとしては全然よいですね。どんどん果敢にやっちゃってくださいよ!<br /> <br /> カーン役のカンバーバッチは、悪役がビシッと決まってて良かったです!<br /> カーンという人物が思ったほど印象に残らなかったのが残念だけど。<br /> <br /> スポックは、キャラとしてはすごく興味津々設定な人なんですが、なぜだか特筆すべきポイントが見当たらない・・・。<br /> カークとの友情にはグッときたけど、いやいやそんなもんじゃないでしょう!?<span style="color: rgb(51, 51, 153);"><strong>お涙頂戴に頼るような安っぽい絆じゃないはずでしょう!?</strong></span>みたいな気持ちになってしまって、あーなんか私が求めてるものと何かが違うなーって感じでした。<br /> <br /> うーん、思い出すまま書いてみたけど、やっぱりまだ誰が好きとかきらいとか言うには判断材料が少ないなぁ。<br /> 少なくとも映画だけでは判断したくないなぁ・・・。<br /> <br /> 不足分は、スタートレックに敬意を表して、自分の中でどんどんカッコイイ奴に補足変換するよう努めよう(笑)<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/medium_1217157.jpg/" target="_blank"><img width="360" height="270" border="0" src="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/medium_1217157.jpg" alt="pp_startrek_enterprise" /></a> <br /> photo credit: <a href="http://www.flickr.com/photos/kt/1217157/">The Rocketeer</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.0/">cc</a></div> <br /> <br /> <h5>おわりに</h5> <br /> <br />面白かったのは面白かったです。が、なんか違う。<br /> やっぱりドラマがいいよーーーー!何度も観たくなるのはドラマのほうだーーー!って当たり前!?<br /> <br /> あえて厳しく書いたよ・・・スタートレックの世界は好きだしこれからもずっと好きでいたいからね!<br /> <br /> とはいえ、またきっと観ると思います。これはこれで。<br /> アクションやCGなんて・・・とは書いたけど、映像の美しさや臨場感のあるスピーディなアクションシーンは、それ自体は単純に楽しかったです!わくわくしました!<br />きらいじゃないんだ、ただ、何かっていうと引っかかるってだけのこと。<br /> <br /> <br /> 以上♪<br /> <br />
33

メディアマーカー+Evernoteで楽譜管理♪

メディアマーカー と Evernote で、 手持ちのピアノ楽譜を管理することにしました♪ メディアマーカーのEvernote自動投稿機能を利用して、 楽譜データを簡単にEvernoteにためていけます。 どっちかっていうとEvernoteメインな話かな。 【2015/07/22 追記】Evernote無料プランの場合は自動投稿機能が動かないようです。 photo credit: djwtwo via photopin cc 設定 メディアマーカーの「設定」→「Evernote投稿」で、... <a href="http://mediamarker.net/" target="_blank">メディアマーカー</a> と <a target="_blank" href="https://evernote.com/intl/jp/">Evernote</a> で、<br /> 手持ちのピアノ楽譜を管理することにしました♪<br /> <br /> メディアマーカーのEvernote自動投稿機能を利用して、<br /> 楽譜データを簡単にEvernoteにためていけます。<br /> どっちかっていうとEvernoteメインな話かな。<br /> <br /> <span style="color: rgb(255, 102, 102);">【2015/07/22&#160;追記】<br />Evernote無料プランの場合は自動投稿機能が動かないようです。</span><br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/medium_8538647622.jpg/" target="_blank"><img width="400" border="0" height="266" src="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/medium_8538647622.jpg" alt="pp_sheetmusic_piano" /></a> <br /> photo credit: <a href="http://www.flickr.com/photos/djwtwo/8538647622/">djwtwo</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/">cc</a></div> <br /> <br /> <br /> <h6>設定</h6> <br /> <br /> メディアマーカーの「設定」→「Evernote投稿」で、<br /> 投稿タイミングや画像サイズなどを好きなように設定。<br /> あとは楽譜を登録していけばOK!<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/MM-config-Evernote_post.jpg/" target="_blank"><img width="460" border="0" height="349" src="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/MM-config-Evernote_post.jpg" alt="MM設定 - Evernote自動投稿" /></a></div> <br /> <br /> <br /> <h6>Evernoteでの表示</h6> <br /> <br /> いくつか登録しますと、Evernoteはこんな感じに。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/evernote-mm-gakuhu.jpg/"><img width="450" border="0" height="318" alt="Evernote-MM-楽譜" src="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/evernote-mm-gakuhu.jpg" /></a> &#160;</div> <br /> 画像と基本データ、そして自分で入力した評価などが、シンプルな形のノートになります♪<br /> あとは煮るなり焼くなり好きにするぜ(笑)<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>おわりに</h6> <br /> <br /> Evernoteには趣味やライフログで日々お世話になってますが、<br /> 楽譜がすっかりぽっかり抜けていることに気付きました。<br /> 楽譜って書籍ではあるけど読書とは違うんだよね、その点で漏れてたのかも。<br /> <br /> メディアマーカーはもう少しデザインが好みだったらなと・・・そこがなんか残念でならないです。<br /> <br /> 好きな物が並んでるといい眺め(∩´∀`)∩<br /> 眺めてるだけじゃ弾けるようにならないんだけどねっ!<br /> <br /> <br /> 以上♪<br /> <br />
  • Date : 2014-02-04 (Tue)
  • Category : Evernote
    Return to Pagetop