プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、はんこ、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪
万年筆初心者。


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
216

アナログで描いてデジタルで彩色する絵日記といふものを私もしてみむとてするなり

先日読んだこの本でヨシムラマリさんの絵日記に感銘を受け、私もやってみようと思ったのです。 手帳で楽しむスケッチイラスト 〈イラスト・写真・スタンプ・付箋・シールを使った活用術〉 MdN編集部 エムディエヌコーポレーション 2015-05-26 by G-Tools 「リンゴの木を揺すると、なぜか宇宙はオレンジを与えてく... <p>先日読んだこの本でヨシムラマリさんの絵日記に感銘を受け、私もやってみようと思ったのです。</p> <br /> <table cellpadding="5" border="0"> <tbody> <tr> <td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844365045/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" target="_blank"><img border="0" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51zkIWqFocL._SL160_.jpg" alt="4844365045" /></a></td> <td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844365045/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" target="_blank">手帳で楽しむスケッチイラスト 〈イラスト・写真・スタンプ・付箋・シールを使った活用術〉</a><br /> MdN編集部 <br /> エムディエヌコーポレーション 2015-05-26<br /> <br /> </font><font size="-2">by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html">G-Tools</a></font></td> </tr> </tbody> </table> <br /> <br /> <p><a class="embedly-card" data-card-type="article" href="http://coromegane.hateblo.jp/entry/2015/09/13/210657">「リンゴの木を揺すると、なぜか宇宙はオレンジを与えてくれる。」 - コロメガネの手帳</a><script async src="//cdn.embedly.com/widgets/platform.js" charset="UTF-8"></script></p> <br /> <p>シンプルでリラックスした、静かな可笑しみのある絵。こういう絵、好きですね!<br /> こんな風に描けたらいいな〜〜、という理想は今は置いといて。</p> <p>自分がやり易い方法でやってみました。<br /> iPhoneアプリとPhotoshopを使いました。</p> <br /> <h3>やってみた</h3> <h4>1.紙に描く</h4> <p>ダイソーのスケッチブックにボールペン(無印のゲルインキボールペン黒0.7)で描きました。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="331" src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/rakugaki201509-akisoon0.jpg" alt="アナデジらくがき201509 - 紙に描いた" /></p> <br /> <p>いつもはここで終了、ですが。</p> <br /> <h4>2.iPhoneアプリでスキャン</h4> <p>「Evernote Scannable」という無料(2015/09/18現在)アプリでスキャンしました。</p> <br /> <p><span class="appIcon"><img height="60" alt="" class="appIconImg" src="http://is4.mzstatic.com/image/thumb/Purple3/v4/f3/9e/5d/f39e5dfe-a3c0-abec-70f3-51b52f94991a/AppIcon60x60_U00402x.png/0x0ss-85.jpg" style="float:left;margin: 0px 15px 15px 5px;" /></span><span class="appName"><strong><a href="https://itunes.apple.com/jp/app/evernote-scannable/id883338188?mt=8&uo=4&at=11l8nG" target="itunes_store">Evernote Scannable</a></strong></span><br /> <span class="appCategory">カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス</span><br /> <span class="badgeS" style="display:inline-block; margin:6px"><a href="https://itunes.apple.com/jp/app/evernote-scannable/id883338188?mt=8&uo=4&at=11l8nG" target="itunes_store" style="display:inline-block;overflow:hidden;background:url(http://linkmaker.itunes.apple.com/htmlResources/assets//images/web/linkmaker/badge_appstore-sm.png) no-repeat;width:61px;height:15px;"></a></span></p> <br /> <p style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/rakugaki201509-akisoon1.jpg/"><img width="500" border="0" height="303" alt="アナデジらくがき201509 - スキャン白黒" src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/rakugaki201509-akisoon1.jpg" /></a></p> <br /> <p>これをMacに取り込んで。</p> <br /> <h4>3.Photoshopで彩色</h4> <br /> <p style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/rakugaki201509-akisoon2.jpg/"><img width="500" border="0" height="303" alt="アナデジらくがき201509 - デジタル彩色後" src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/rakugaki201509-akisoon2.jpg" /></a></p> <br /> <p>こうなりました!<br /> Photoshopのマジック消しゴムツール、ブラシツール(エアブラシ)、楕円形ツールなどを手探りしながら。<br /> レイヤーも利用しました。</p> <p>Photoshopにあまり慣れてませんが、それでもこの程度の仕上がりにはなりました。使い方はおいおい必要に応じて覚えて慣れていけばいいかな。</p> <br /> <h3>らくがきがちょっと新鮮に</h3> <p>彩色前と比べてちょっとは様になった気がします、と自画自賛。こんな、ちょっとしたことで。</p> <p>線画と彩色でツールを分けるという発想には驚きましたね。<br /> 画材要らずな点もとっつきやすいですね。</p> <p>iPhoneアプリもPhotoshopも紙もペンも、今回のために用意したわけではもちろんなく、たまたま身近にあるツールでした。ゆえに、すんなり試すことができました。</p> <p>私のように「らくがき生活を充実させたい」「しかし絵はちょっと・・・」「色の塗り方もわからないし」「画材などない」という人、そしてデジタルツールに抵抗がない人は、やってみたらいいと思います。ちょっと視界が開けるかもしれません。</p> <p>Evernoteに絵日記ノートブック作ろうかなぁ。</p> <br /> <p>▼勇気をもらえる参考記事!</p> <p><a class="embedly-card" href="http://howtoillustlog.blogspot.jp/2012/01/3.html">絵日記ノススメ: 描くのが苦手、という人にも絵日記をススメたい3つの理由</a><script async src="//cdn.embedly.com/widgets/platform.js" charset="UTF-8"></script></p> <br /> <p>以上♪</p>
  • Date : 2015-09-18 (Fri)
  • Category : 雑記
74

5分で描いたシャーロック&ジョン

「SHERLOCK」シーズン3がやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ! SHERLOCK(シャーロック)3|NHK BSプレミアム 海外ドラマ 放送まであと2日。 待ってました!もう、早く会いたいよ! 待ちぼうけの勢い余って似顔絵描いちゃった。 5分でささっと描いてみたシャーロック&ジョン。 「SHERLOCK」の文字そこで切るんかい、と自分でツッコミ。 シャーロックは個性的なので、鼻と口の間を長めにしてツンッとさせればな... 「SHERLOCK」シーズン3がやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ!<br /> <br /> <a style="color:#0070C5;" href="http://www9.nhk.or.jp/kaigai/sherlock3/" target="_blank">SHERLOCK(シャーロック)3|NHK BSプレミアム 海外ドラマ</a><br /> <br /> 放送まであと2日。<br /> 待ってました!もう、早く会いたいよ!<br /> <br /> 待ちぼうけの勢い余って似顔絵描いちゃった。<br /> 5分でささっと描いてみたシャーロック&ジョン。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: right;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/sherlock_140522.jpg/" target="_blank"><img width="300" height="300" border="0" src="http://blog-imgs-70.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/sherlock_140522.jpg" alt="sherlock_140522" /></a></div> <br /> <div style="text-align: left;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/john_140522.jpg/" target="_blank"><img width="300" height="300" border="0" src="http://blog-imgs-70.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/john_140522.jpg" alt="john_140522" /></a></div> <br /> <br /> <br /> 「SHERLOCK」の文字そこで切るんかい、と自分でツッコミ。<br /> シャーロックは個性的なので、鼻と口の間を長めにしてツンッとさせればなんとかなりそう。<br /> <br /> 問題はジョンだ。<br /> <br /> ジョンはどんぐり眼にへの字口<span style="font-size: x-small;">(さすがにくるくるほっぺはナシ。覆面姿はもっとナシ。)</span>ただし現実をきちっと見据えてる感じなので瞳は真っ黒に。<br /> しかし可愛くしたら、元軍医という凛々しさは消えてしまうな(笑)<br /> あと髪型がジョン!難しいんだジョン!こういう髪型はどうやって描いたらいいの?本当難しい。<br /> <br /> もっとキリッとしてるところや、ニコニコ笑ってるところでもよかったんだけど。<br /> 高機能社会不適合変人シャーロックに振り回されて狼狽え憤慨しながらも、ついて行かずにはいられない、常識人の皮を被った勇ましき愛すべき変人ジョンの、その振り回されてるところが、深く私の心に刻まれていて、それでこうなりました♪<br /> <br /> <br /> <br /> 以上!<br />
  • Date : 2014-05-22 (Thu)
  • Category : 雑記
60

水彩色鉛筆事始:お手本見ながら練習「りんご」「キウイ」

水彩色鉛筆に遅れること数日、やっと水筆が届きまして、 めくるめく水彩色鉛筆の世界へと足を踏み入れました。 ぺんてる アクアッシュ用 みず筆 丸 中字 ぺんてる by G-Tools 《前回の記事》 水彩色鉛筆 ファーバーカステル アルブレヒトデューラー を購入♪ カラーチャート完成 水筆に水を入れ、まずは作りかけだったカ... 水彩色鉛筆に遅れること数日、やっと水筆が届きまして、<br /> めくるめく水彩色鉛筆の世界へと足を踏み入れました。<br /> <br /> <br /> <table cellpadding="5" border="0"> <tbody> <tr> <td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BA%E3%82%93%E3%81%A6%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E7%94%A8-%E3%81%BF%E3%81%9A%E7%AD%86-%E4%B8%B8-%E4%B8%AD%E5%AD%97/dp/B0017OSBQI%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB0017OSBQI" target="_blank"><img border="0" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/B0017OSBQI.09.MZZZZZZZ.jpg" alt="B0017OSBQI" /></a></td> <td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BA%E3%82%93%E3%81%A6%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E7%94%A8-%E3%81%BF%E3%81%9A%E7%AD%86-%E4%B8%B8-%E4%B8%AD%E5%AD%97/dp/B0017OSBQI%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB0017OSBQI" target="_blank">ぺんてる アクアッシュ用 みず筆 丸 中字</a><img width="1" height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" style="border: none;" alt="" /><br /> ぺんてる <br /> <br /> </font><font size="-2">by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html">G-Tools</a></font></td> </tr> </tbody> </table> <br /> <br /> 《前回の記事》<br /> <a style="color:#0070C5;" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-58.html" target="_blank">水彩色鉛筆 ファーバーカステル アルブレヒトデューラー を購入♪</a><br /> <br /> <br /> <br /> <h5>カラーチャート完成</h5> <br /> <br /> 水筆に水を入れ、まずは作りかけだったカラーチャートを完成!<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/colorchart_ok.jpg/" target="_blank"><img width="400" height="299" border="0" src="http://blog-imgs-70.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/colorchart_ok.jpg" alt="カラーチャート完成" /></a></div> <br /> <br /> よし、これはこれでとりあえず満足だ(笑)<br /> <br /> <br /> <h5>お手本を見ながら絵の練習</h5> <br /> <br /> ↓こちらの本を見て、お手本を真似して描いてみました。<br /> <br /> <br /> <table cellpadding="5" border="0"> <tbody> <tr> <td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E5%BD%A9%E8%89%B2%E9%89%9B%E7%AD%86-%E7%9F%A2%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E7%BE%8E/dp/4537208511%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4537208511" target="_blank"><img border="0" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/4537208511.09.MZZZZZZZ.jpg" alt="4537208511" /></a></td> <td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E5%BD%A9%E8%89%B2%E9%89%9B%E7%AD%86-%E7%9F%A2%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E7%BE%8E/dp/4537208511%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4537208511" target="_blank">はじめての水彩色鉛筆</a><img width="1" height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" style="border: none;" alt="" /><br /> 矢田 勝美 <br /> 日本文芸社 2010-11-17<br /> <br /> </font><font size="-2">by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html">G-Tools</a></font></td> </tr> </tbody> </table> <br /> <br /> 紙は適当な裏紙に。スケッチブックとか大層なものではなく。<br /> 先日購入した「アルブレヒト&#160;デューラー」の色番号が載っているので、その色を使用。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/apple_book.jpg/" target="_blank"><img width="299" height="400" border="0" src="http://blog-imgs-70.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/apple_book.jpg" alt="本を見ながらりんご描く" /></a></div> <br /> <br /> <h6>りんご</h6> <br /> <br /> <br /> ドライ&#160;→&#160;ウェット&#160;→&#160;ドライ&#160;で描く基本スタイルというのをやってみました。<br /> まず色鉛筆で描いて(ドライ)、水筆で溶かして(ウェット)、乾いたらまた色鉛筆で仕上げる(ドライ)。<br /> <br /> 写真は、ウェット直後。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/apple_dry_wet.jpg/" target="_blank"><img width="400" height="292" border="0" src="http://blog-imgs-70.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/apple_dry_wet.jpg" alt="りんご(ドライ→ウェット)" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲ドライ&#160;→&#160;ウェット</div> <br /> <br /> 溶け具合や線の太さ、色合いなどもろもろがお手本のようにいかず、難しかった・・・けど、<br /> <span style="color: rgb(255, 102, 102);"><span style="font-size: large;"><strong>すべては「味わい」になると信じて突き進む</strong></span></span>。<br /> <br /> 乾くのを待って、茶色やえんじ色を塗り足す。<br /> 赤いりんごを茶色で塗る・・・ドクン・・・腐ったりんごになるのではという不安が脳裏をよぎる(笑)<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/apple_dry_wet_dry.jpg/" target="_blank"><img width="400" height="299" border="0" src="http://blog-imgs-70.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/apple_dry_wet_dry.jpg" alt="りんご(ドライ→ウェット→ドライ)" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲ドライ&#160;→&#160;ウェット&#160;→&#160;ドライ</div> <br /> <br /> うーん、ちょっと腐ったか(笑)<br /> <br /> 立体感が思うように出せなかったです。<br /> これならウェットのままでやめといたほうがジューシーだったかもなぁ。<br /> それにしてもりんごの形ってなんて難しいんだ。<br /> <br /> <br /> <br /> <h6>キウイ</h6> <br /> <br /> 写実性が求められるとなかなかつらいものがある。<br /> ということで、今度はどちらかというとイラスト風なキウイを。<br /> あえていびつな線で、色も塗りつぶさず適度に空白があるお手本でした。<br /> <br /> いびつな線と言っても、上手い人がこなれた感じでサラサラーっと描くのとはわけが違うので、<span style="color: rgb(153, 204, 0);"><strong>いびつ度合いはどこまで許されるのか、どこまでがセンスや味わいの範疇におさまるのか</strong></span>、その感覚に自信がない初心者としては、ドキドキものなのです。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/kiwi.jpg/" target="_blank"><img width="400" height="299" border="0" src="http://blog-imgs-70.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kiwi.jpg" alt="水彩色鉛筆 - キウイ" /></a></div> <br /> <br /> キウイに見えるのでよしとしましょう。<br /> <br /> <br /> <br /> <h5>おわりに</h5> <br /> <br /> <br /> 描き始めと完成後でだいぶ印象が変わるんだなー、と思いました。<br /> アウトラインで失敗しても、色を溶かしたらそれなりに見えてきたり、逆もまた然りで。<br /> <br /> 描き方も、色鉛筆に水筆を付けて直接色を取ったり、ナイフで色鉛筆を削って粉を散らしたり、紙のほうを湿らせたり、いろいろあるんですね。<br /> 紙を湿らせたところに色鉛筆で描いた時の描き心地は、なかなか癖になりそうでした♪<br /> <br /> 他の本も見て真似しながら慣れていこうと思います。<br /> <br /> <br /> <table cellpadding="5" border="0"><tbody><tr><td colspan="2"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E5%BD%A9%E8%89%B2%E9%89%9B%E7%AD%86-%E7%9F%A2%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E7%BE%8E/dp/4537208511%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4537208511">はじめての水彩色鉛筆</a><img width="1" height="1" alt="" style="border: none;" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" /></td></tr><tr><td valign="top"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E5%BD%A9%E8%89%B2%E9%89%9B%E7%AD%86-%E7%9F%A2%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E7%BE%8E/dp/4537208511%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4537208511"><img border="0" alt="はじめての水彩色鉛筆" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/4537208511.09.MZZZZZZZ.jpg" /></a></td><td valign="top"><font size="-1">矢田 勝美 <br /><br />日本文芸社 2010-11-17<br />売り上げランキング : 387228<br /><br /><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E5%BD%A9%E8%89%B2%E9%89%9B%E7%AD%86-%E7%9F%A2%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E7%BE%8E/dp/4537208511%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4537208511">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2">by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html">G-Tools</a></font></td></tr></tbody></table><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837305288/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img border="0" alt="はじめてさんのおうちで水彩色鉛筆Lesson" src="http://images.amazon.com/images/P/4837305288.09._SCTHUMBZZZ_.jpg" /></a> <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4331514188/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img border="0" alt="おいしい水彩帖" src="http://images.amazon.com/images/P/4331514188.09._SCTHUMBZZZ_.jpg" /></a> <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837305229/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img border="0" alt="はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson 超初心者編" src="http://images.amazon.com/images/P/4837305229.09._SCTHUMBZZZ_.jpg" /></a> <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766118901/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img border="0" alt="水彩色鉛筆でらくらくスケッチ―絵の基本がわかる (スタートシリーズ)" src="http://images.amazon.com/images/P/4766118901.09._SCTHUMBZZZ_.jpg" /></a> <br /> <br /> <br /> <br /> 以上♪<br /> <br />
    Return to Pagetop