プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan mikanapril1
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
232

[楽譜] 華麗なるピアニスト 一人で弾くピアノ協奏曲 〜(よくもわるくも)ハイライト・エディション〜

久しぶりに楽譜の感想でも。 ラフマニノフのピアノ協奏曲が弾きたくて買いました。 第2番の第1楽章、ハ短調。「のだめカンタービレ」で千秋が演奏してたやつですね。 (この第◯番の数字はいつになっても覚えられないなぁ。) タイトルや表紙がちょっと仰々しいですが、中身はあっさりしたもんです。 ちなみに私はピアノ協奏曲ほとんど知りません。むしろこの楽譜で知る勢い。そんな人間のぬる〜い感想です。 華麗なるピアニスト ... <p>久しぶりに楽譜の感想でも。</p> <p>ラフマニノフのピアノ協奏曲が弾きたくて買いました。<br /> 第2番の第1楽章、ハ短調。「のだめカンタービレ」で千秋が演奏してたやつですね。<br /> (この第◯番の数字はいつになっても覚えられないなぁ。)</p> <p>タイトルや表紙がちょっと仰々しいですが、中身はあっさりしたもんです。</p> <p>ちなみに私はピアノ協奏曲ほとんど知りません。むしろこの楽譜で知る勢い。そんな人間のぬる〜い感想です。</p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636892119/mikannomoto0c-22"><img height="160" width="120" style="border: none" alt="ピアノソロ 華麗なるピアニスト 1人で弾くピアノ協奏曲 〜ハイライト・エディション〜 (ピアノソロ/中上級)" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xxPER2gsL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636892119/mikannomoto0c-22">華麗なるピアニスト 1人で弾くピアノ協奏曲 〜ハイライト・エディション〜 (ピアノソロ/中上級)</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">岩間稔</div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">ヤマハミュージックメディア</div> <div style="margin-top: 1em;" class="amakuri-default-link"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636892119/mikannomoto0c-22">Amazonで詳細を見る</a></div></div></div> <br /> <h6>ほどほどの難易度で、入門編としてもちょうどいい、かも?</h6> <blockquote> <p>大曲のピアノ協奏曲を原曲のエッセンスは残しつつ、最低限の音で弾けて、サイズは構成上矛盾のない長さにアレンジしています。</p> </blockquote> <p>ということで、難易度もほどほど。<br /> <br /> ピアノ協奏曲に詳しくないけど、ちょっと興味があって、原曲はとても弾ける気がしない、指も届かない、しかし何らかの形で弾いて楽しみたい・・・!!そんな人への入門編(?)にちょうどいいかも。つまり私のこと。</p> <h6>収録曲</h6> <p>収録曲はこのとおり。</p> <br /> <ol> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11 / ショパン</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 作品21 / ショパン</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 イ短調 作品54 / シューマン</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23 / チャイコフスキー</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 イ短調 作品16 / グリーグ</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18 / ラフマニノフ</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 / モーツァルト</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488 / モーツァルト</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第26番 ニ長調 「戴冠式」 K.537 / モーツァルト</span></li> <li><span style="color: rgb(51, 51, 153);">ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 「皇帝」 作品73 / ベートーヴェン</span></li> </ol> <br /> <p>物理的にも技術的にも一人では不可能な協奏曲を、一人で味わえるピアノソロにアレンジしてくれるのはありがたいです。<strong>協奏曲が一人で完結するってある意味とても贅沢</strong>な気がします。ピアノは「一人オーケストラ」って言いますしね。すばらしい楽器だこと。</p> <h6>目的のラフマニノフは・・・</h6> <p>目的のラフマニノフ第2番第1楽章は、序盤の左手の簡素さを受け入れられれば楽しめるかなーと思います。私はおおむね気に入りました!普段、中〜上級レベルの楽譜を使っている人なら、初見でざっと雰囲気はつかめそう。</p> <p>以前、もう少し原曲に近い楽譜で挫折してるので、おとなしくこのアレンジを大事に楽しみ尽くしたいところです。難しい楽譜で悪戦苦闘するか、易しい楽譜で淡白さに妥協するか、ジレンマです。弾けないってじれったいんだから。</p> <h6>もの足りないか、いいとこ取りか</h6> <p>ただ、<strong>本当に「最低限の音」で「エッセンス」だけ</strong>という感じです。<br /> <strong>よくもわるくも「ハイライト・エディション」</strong>なので、普段から聴き込んでいる人やピアノ上級者には、もの足りないかもしれません。「帯に短したすきに長し」な面はやっぱりあるかな。</p> <p>好意的に見れば、<strong>「いいとこ取り」で「コンパクト」で「手軽」</strong>。<br /> 敷居が高いから一生触れないでおく?いやいや、「これなら弾けそうだからちょっとやってみよう」という機会を得られたのは幸せです。</p> <h6>蛇足</h6> <p>実はまだ全曲さらってないのですが、未来のお楽しみにしています。「初見」が好きなのでとっておく!幸い今すぐ全部弾きたいわけじゃないので。なんせよく知らないのでね〜HAHAHA。</p> <p>それにしても、「協奏曲」を「一人で」弾くというのは、一抹の寂しさがありますね(笑)本来はたくさん存在するのにね、音も、人も。ピアノ独奏曲だったなら感じない孤独。</p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636892119/mikannomoto0c-22"><img height="75" width="56" style="border: none" alt="ピアノソロ 華麗なるピアニスト 1人で弾くピアノ協奏曲 〜ハイライト・エディション〜 (ピアノソロ/中上級)" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xxPER2gsL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636892119/mikannomoto0c-22">華麗なるピアニスト 1人で弾くピアノ協奏曲 〜ハイライト・エディション〜 (ピアノソロ/中上級)</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">岩間稔</div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">ヤマハミュージックメディア</div></div></div> <br /> <p>以上♪</p>
103

ピアノログ(2014.07)

iPhoneでのピアノ練習記録。 7月の結果。 「Classic etc.」は、複数の作曲者の曲を一気に弾く時用に便宜上設けたカテゴリ。 主に弾いた曲&楽譜 先月に引き続きサティ成分多め。やっぱ「ジュ・トゥ・ヴ」が好きだなぁ♪ サティ ジュ・トゥ・ヴ ラヴェル ソナチネ 第1楽章 楽譜「ピアノで奏でるオーケストラ名曲選50」 モルダウ 歓喜の歌 威風堂々 ・・・など、ほぼ全曲。... iPhoneでのピアノ練習記録。<br /> 7月の結果。 <br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><img width="278" height="400" border="0" src="//blog-imgs-70-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/pianolog_201407.jpg" alt="pianolog_201407" /></div> <br /> <br />「Classic&#160;etc.」は、複数の作曲者の曲を一気に弾く時用に便宜上設けたカテゴリ。<br /><br /> <br /> <h6>主に弾いた曲&楽譜</h6> <br /> <br /> 先月に引き続きサティ成分多め。やっぱ「ジュ・トゥ・ヴ」が好きだなぁ♪<br /> <br /> <br /> <span style="color: rgb(153, 102, 204);"><strong>サティ</strong></span><br /> <br /> <ul> <li>ジュ・トゥ・ヴ</li> </ul> <br /> <br /> <span style="color: rgb(0, 153, 255);"><strong>ラヴェル</strong></span><br /> <br /> <ul> <li>ソナチネ&#160;第1楽章</li> </ul> <br /> <br /> <span style="color: rgb(51, 153, 153);"><strong>楽譜「ピアノで奏でるオーケストラ名曲選50」</strong></span><br /> <br /> <ul> <li>モルダウ</li> </ul> <ul> <li>歓喜の歌</li> </ul> <ul> <li>威風堂々</li> </ul> <br />・・・など、ほぼ全曲。<br /><br /><br />「ピアノで奏でるオーケストラ名曲選50」は、有名なオーケストラ曲をざーっと手軽に味わえる楽譜で、たまに無性に弾きたくなります。1曲1曲はけっこう端折られていて短めなので、エッセンスだけ拾って広く浅くどんどん行こうぜ!!っていう気分で。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%85%A8%E9%9B%86-1-%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0-%E4%B8%8A%E9%87%8E/dp/4285118033%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4285118033" target="_blank"><img border="0" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/4285118033.09.TZZZZZZZ.jpg" alt="エリックサティ ピアノ全集(1) ドレミ・クラヴィア・アルバム" /></a><img width="1" height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" style="border: none;" alt="" /> <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%85%A8%E9%9B%86-%E7%9B%A3%E4%BF%AE%E3%83%BB%E8%A7%A3%E8%AA%AC-piano-library/dp/4111602312%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4111602312" target="_blank"><img border="0" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/4111602312.09.TZZZZZZZ.jpg" alt="ラヴェル ピアノ作品全集 第1巻 三善晃 監修・解説 (zen‐on piano library)" /></a><img width="1" height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" style="border: none;" alt="" /> <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%A7%E5%A5%8F%E3%81%A7%E3%82%8B-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E5%90%8D%E6%9B%B2%E9%81%B850-%E4%B8%AD%E7%B4%9A%7E%E4%B8%8A%E7%B4%9A%E5%AF%BE%E5%BF%9C-%E6%B0%B4%E6%BE%A4-%E5%87%9B/dp/4401018249%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4401018249"><img border="0" alt="ピアノで奏でる オーケストラ名曲選50(中級~上級対応)" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/4401018249.09.TZZZZZZZ.jpg" /></a><img width="1" height="1" alt="" style="border: none;" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" /></div> <br /> <br /> <br /> 記録に使用中のアプリはこれ↓<br /> <br /> <br /> <span class="appIcon"><img height="60" alt="" class="appIconImg" src="http://a60.phobos.apple.com/us/r30/Purple/v4/cc/f2/aa/ccf2aaef-7526-b39f-0112-279eb5b8ed95/Icon.png" style="float:left;margin: 0px 15px 15px 5px;" /></span><span class="appName"><strong><a href="https://itunes.apple.com/jp/app/atimelogger-2/id576718804?mt=8&uo=4&at=11l8nG" target="itunes_store">aTimeLogger 2</a></strong></span><br /> <span class="appCategory">カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル</span><br /> <span class="badgeS" style="display:inline-block; margin:6px"><a href="https://itunes.apple.com/jp/app/atimelogger-2/id576718804?mt=8&uo=4&at=11l8nG" target="itunes_store" style="display:inline-block;overflow:hidden;background:url(http://linkmaker.itunes.apple.com/htmlResources/assets//images/web/linkmaker/badge_appstore-sm.png) no-repeat;width:61px;height:15px;"></a></span><br /> <br /> <br /> <br /> 以上♪
97

[書籍] エリック・サティ(著:アンヌ・レエ)

「音楽会の異端児」とか呼ばれてるというサティさん。それを知って矢も盾もたまらず本を読んでみたのです。 エリック・サティ (白水Uブックス)アンヌ・レエ Anne Rey 白水社 2004-05評価 by G-Tools 皮肉めいた文章そのものはとても面白く、サティさんの魅力のかけらは垣間見れたと思う!なんかわけわからずもやもやする箇所が多々あり、サティ初心者に必ずしも親切な本ではないと思うけど、サティさんに愛着を持てたので一歩前進... 「音楽会の異端児」とか呼ばれてるというサティさん。<br />それを知って矢も盾もたまらず本を読んでみたのです。<br /><br /><br /> <div class="hreview"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3-%E7%99%BD%E6%B0%B4U%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8C-%E3%83%AC%E3%82%A8/dp/4560073716%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4560073716" class="item url"><img style="float:left; margin: 0 15px 10px 10px; padding: 0;border:none;" class="photo" alt="photo" src="http://images-jp.amazon.com/images/P/4560073716.09.MZZZZZZZ.jpg" /></a><dl style="margin-bottom:0.5em; text-align:left; min-height: 168px;font-size:12px;line-height:16px;"><dt class="fn"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3-%E7%99%BD%E6%B0%B4U%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8C-%E3%83%AC%E3%82%A8/dp/4560073716%3FSubscriptionId%3D15SMZCTB9V8NGR2TW082%26tag%3Dmikannomoto0c-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4560073716" class="item url">エリック・サティ (白水Uブックス)</a><img width="1" height="1" alt="" style="border: none;" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikannomoto0c-22&l=ur2&o=9" /></dt><dd>アンヌ・レエ Anne Rey </dd><dd>白水社 2004-05</dd><dd>評価<abbr title="2" class="rating"><img alt="" src="http://g-images.amazon.com/images/G/01/detail/stars-2-0.gif" /></abbr> </dd></dl><p style="font-size:10px;" class="gtools">by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html">G-Tools</a></p></div> <br /><br /><span style="font-size: large;">皮肉めいた文章そのものはとても面白く、サティさんの魅力のかけらは垣間見れた</span>と思う!<br /><br />なんかわけわからずもやもやする箇所が多々あり、サティ初心者に必ずしも親切な本ではないと思うけど、サティさんに愛着を持てたので一歩前進かな♪<br /><br /><br /> 記念受験ならぬ記念記事の如きぐだぐだ感想は続きから↓<br /><br /><br /><br />
66

[お気に入りの曲] ダカン「かっこう」

子どもの頃から好きなピアノ曲。 鳴き声のような「♪かっこう かっこう」が可愛らしくて切ないです。 もの悲しさが沁みます。 ずっと似たようなパターンの繰り返しだけど、飽きないから不思議。 出会いは小学生の頃のピアノ教室。たぶん。よく覚えてないけど。 ぼんやりと子どもの頃を思い出させてくれる曲です。学校に行きたくなかったなぁ、とか・・・(笑) 電子ピアノに付属の楽譜に載っていて、今もたまに弾きます。 ... 子どもの頃から好きなピアノ曲。<br /> 鳴き声のような「♪かっこう かっこう」が可愛らしくて切ないです。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><iframe width="400" height="300" frameborder="0" allowfullscreen="" src="//www.youtube.com/embed/4nVr9bIpxzU?rel=0"></iframe></div> <br /> <br /> もの悲しさが沁みます。<br /> ずっと似たようなパターンの繰り返しだけど、飽きないから不思議。<br /> <br />出会いは小学生の頃のピアノ教室。たぶん。よく覚えてないけど。<br /> ぼんやりと子どもの頃を思い出させてくれる曲です。学校に行きたくなかったなぁ、とか・・・(笑)<br /> <br /> 電子ピアノに付属の楽譜に載っていて、今もたまに弾きます。<br /> <br /> 以上♪<br /> <br />
  • Date : 2014-05-06 (Tue)
  • Category : 音楽
37

[書籍] 4コマ西洋音楽史 <全3巻>

漫画ならいけると思い、手に取りましたが。     ざっくり感想 冒頭に地図と年表があり、各ページ見開きで4コマと文章と人物解説、時々コラムといった作りで、読みやすかったです。 時系列で全3巻ありますが、個人的には3巻が一番面白かったですね。 1巻は音楽そのものの歴史という印象。 2巻の終わりでベートーヴェン登場。このあたりからようやっと私の興味アンテナが反応。 3巻ではショパンなど。 やっぱりピ... 漫画ならいけると思い、手に取りましたが。<br /> <br /> <br /> <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636869184/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="すぐわかる!4コマ西洋音楽史 1 古代・中世~バロック初期" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61I17rx0tIL._SL160_.jpg" /></a>   <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636869192/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="すぐわかる! 4コマ西洋音楽史 2 バロック中期~ロマン派初期" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61%2BI%2BAvbPFL._SL160_.jpg" /></a>   <a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4636869206/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="すぐわかる! 4コマ西洋音楽史 3 ロマン派中期~近現代" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61eBLBZsQ2L._SL160_.jpg" /></a> <br /> <br /> <br /> <br /> <h5>ざっくり感想</h5><br /> <br /> 冒頭に地図と年表があり、各ページ見開きで4コマと文章と人物解説、時々コラムといった作りで、読みやすかったです。<br /> <br /> 時系列で全3巻ありますが、個人的には3巻が一番面白かったですね。<br /> 1巻は音楽そのものの歴史という印象。<br /> 2巻の終わりでベートーヴェン登場。このあたりからようやっと私の興味アンテナが反応。<br /> 3巻ではショパンなど。<br /> <br /> やっぱりピアノが登場してくれないとテンション上がんないな!とか思いながら。<br /> <br /> ショパンやリストが期待通りコミカル(と言っちゃぁなんですが)に描かれていて良かったです!<br /> 五人組なんてただの可愛いおっさん五人衆にしか見えないし^^<br /> <br /> メンデルスゾーンてお姉さんも作曲家だったのですね。<br /> 姉がいたことに妙に納得してしまった。 単なるイメージだけど、確かに、少なくとも男兄弟の長男って印象はなかったわ。<br /> 弟か。メンデルスゾーン、君は弟なんだな。今度から弾くたびに「弟よ」とつぶやいてしまいそう。弟がどうかしたのか私よ。<br /> <br /> <br /> <h5>おわりに</h5><br /> <br /> 西洋音楽史、私の脳みそには漫画の力をもってしても頭に入らないことが分かり、肩を落としました(笑)<br />漫画ならばと思って借りたんだけどなー。<br />ま、いっか。<br /><br /><br />以上。<br /><br />
26

「むかしむかしの素敵なピアノ展」@ヤマハ銀座店に行ってきた♪

ヤマハ銀座店B2Fで開催中の「むかしむかしの素敵なピアノ展」に 行ってきました! 19世紀頃に作られたピアノ6台が、静かにこぢんまりと展示されていました。 入場料は500円、写真撮影OK! むかしむかしの素敵なピアノ展 目で、耳で、ピアノを楽しむ 会場に入ると、美しいピアノたちがずらり! 演奏CDの試聴もでき、音色を聴きながらじっくり見ることができました♪ 打鍵の原理や年表、浜松市の博物館から運ぶ際の映像... ヤマハ銀座店B2Fで開催中の「むかしむかしの素敵なピアノ展」に<br /> 行ってきました!<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/20130821203103738.jpg/" target="_blank"><img border="0" width="300" height="402" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/20130821203103738.jpg" alt="mukashipiano_chirashi" /></a></div> <br /> <br /> 19世紀頃に作られたピアノ6台が、静かにこぢんまりと展示されていました。<br /> 入場料は500円、写真撮影OK!<br /> <br /> <a href="http://jp.yamaha.com/about_yamaha/125th_anniversary/piano_history/" target="_blank">むかしむかしの素敵なピアノ展</a><br /> <br /> <br /> <h5>目で、耳で、ピアノを楽しむ</h5> <br /> <br />会場に入ると、美しいピアノたちがずらり!<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/broad-walter.jpg/"><img border="0" width="480" height="359" alt="mukashipiano_zurari01" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/broad-walter.jpg" /></a></div> <br /> <br /> 演奏CDの試聴もでき、音色を聴きながらじっくり見ることができました♪<br /> 打鍵の原理や年表、浜松市の博物館から運ぶ際の映像なんかもありました。<br /> <br /> ピアノって、やっぱり形も素敵だよなぁ(●´ω`●)♪<br /> <br /> 以下、展示順に写真を載せます。<br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/cristofori_piano.jpg/"><img border="0" width="300" height="401" alt="mukashipiano_cristofori" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/cristofori_piano.jpg" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲<strong>クリスト―フォリ</strong>(レプリカ)。ちっちゃめのフォルムが可愛らしいです。</div> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/broadwood_piano.jpg/"><img border="0" width="300" height="401" alt="mukashipiano_broadwood" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/broadwood_piano.jpg" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲<strong>ブロードウッド</strong>。ペダルが内股〜!</div> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/walter_piano.jpg/"><img border="0" width="300" height="401" alt="mukashipiano_walter" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/walter_piano.jpg" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲<strong>ワルター</strong>。ペダルが…あんなところに…!上に付いていて膝で押すみたいです。ほぅ…!</div> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/square_piano.jpg/"><img border="0" width="400" height="299" alt="mukashipiano_square" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/square_piano.jpg" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲<strong>スクエアピアノ</strong>。省スペースでお求めやすいお値段だったそうで!</div> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/graf_piano.jpg/"><img border="0" width="300" height="401" alt="mukashipiano_graf" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/graf_piano.jpg" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲<strong>グラーフ</strong>。鍵盤に貝殻があしらわれていておしゃれ。ペダル部分も竪琴みたいな装飾が。</div> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/erard_piano.jpg/"><img border="0" width="300" height="401" alt="mukashipiano_erard" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/erard_piano.jpg" /></a></div> <div style="text-align: center;">▲<strong>エラール</strong>。なんか落ち着く。</div> <br /> <br /> <br /> その当時のピアノに合わせて、そのピアノの特色を活かして、曲が作られたんだよなぁ、と当たり前なことにも思いを馳せました。<br /> <br /> たとえば、「エラール」の「ダブル・エスケープメント」という仕組みのおかげで、連打やトリルが可能になり、超絶技巧が可能になったという話。目からウロコ!<br /> それまでのピアノは、一度鍵盤を押さえたら一番上まで離さないと連続してその鍵盤を鳴らせなかったとか。<br /> <br /> <br /> ちなみに6台の中でどの音色が好きか選べと言われたら、私は「エラール」です。<br /> 展示されていた中では一番新しく、現在のピアノに近いから。<br /> チェンバロっぽい音より、やっぱりピアノの柔らかい音が好きかな!<br /> <br /> <br /> <h5>生演奏でプチ贅沢な気分♪</h5> <br /> <br /> ピアニストの方が解説付きで6台すべてを演奏してくれました。<br /> 時間は30分ほどで、曲はきらきら星変奏曲や小犬のワルツなど、有名な曲を弾いてくれました。<br /> <br /> 会場の中央に椅子があったので、そこに座ってゆっくりと。<br /> <br /> ブロードウッドの演奏時のお話で、デュセックっていう作曲家は横顔がイケメンだったので横顔を見せる形の演奏スタイルになったとかならないとか(笑)<br /> <br /> いやぁ〜、なんかプチ贅沢な気分でした。良かったです!<br /> <br /> <br /> <h5>おまけ:初トランペット</h5> <br /> <br /> B2Fのピアノ展を後に、1Fに上がると、「さあ!僕を鳴らしてみせてよ!」と言わんばかりに楽器が置いてありました。<br /> 自由に吹いてOKということで、憧れのトランペットに挑戦!<br /> <br /> ぷしゅーっ…あれ?ぷしゅーっ…出ないねぇ(笑)ところで持ち方これで合ってる?<br /> <br /> とかゴタゴタやっていると、店員さんが来てくれて教えてくれました。<br /> 何度かトライしていると、突然「パーン!」と音が!!!鳴りました!!!<br /> <br /> 「やったぁぁぁぁ(*゚∀゚)!!」<br /> <br /> それだけで舞い上がる目標の低い私。<br /> <br /> どうやったのか忘れないうちにもっと吹きたかったですが、ほどほどで退出。<br /> でも、嬉しかった〜♪<br /> <br /> 管楽器は、鍵盤叩けば誰でも鳴らせるピアノとは大違い。<br /> と最初に実感したのは、中学の吹奏楽部時代ですが、その頃のことを思い出しました。<br /> まず音を出す、それだけで予想外に苦労したよなぁって。<br /><br /> 他にも、トロンボーンやホルン、サックス、クラリネットなどがありました。<br /> また行って吹きたいくらいです('∀`)<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/small__680378936.jpg/" target="_blank"><img border="0" width="320" height="257" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/small__680378936.jpg" alt="pp_tp" /><br /> </a><br />photo credit: <a href="http://www.flickr.com/photos/desaint/680378936/">The Photomaton</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/">cc</a></div> <br /> <br /> 場違い感をそれとなく隠しながら銀座の街をそわそわ歩きつつ、ワンコインで気軽にふらりと立ち寄れて、貴重な楽器を見て聴いて、吹いて♪<br /> <br /> ほんの2時間程度でしたが、楽しい時間を過ごせました(*´ω`*) <br /><br /><br />以上〜♪<br />
  • Date : 2013-08-21 (Wed)
  • Category : 日記
23

[練習日記] グラドゥス・アド・パルナッスム博士/ドビュッシー(2)

今日も元気にパルナッスム! ・・・と言いたいところだが、どうにも調子が悪い。 「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」を弾けるようになりたくて、ぼちぼち練習を始めました。 現在までで時間にして3時間ほど。あれ、思ったより少な(; ・`д・´) (時間管理用のiPhoneアプリで「Debussy」で記録してるので、そこから推測。) 減速戦法は性に合わない!? 極力テンポを落として、丁寧に練習しようと思ったのです。 が、... 今日も元気にパルナッスム!<br /> ・・・と言いたいところだが、どうにも調子が悪い。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/fc2blog_20130725103956eb7.jpg/" target="_blank"><img width="300" height="300" border="0" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/fc2blog_20130725103956eb7.jpg" alt="グラドゥス・アド・パルナッスム博士" /></a></div> <br /> <br /> <br /> 「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」を弾けるようになりたくて、ぼちぼち練習を始めました。<br /><br /> 現在までで時間にして3時間ほど。あれ、思ったより少な(; ・`д・´)<br /> (時間管理用のiPhoneアプリで「Debussy」で記録してるので、そこから推測。)<br /> <br /> <br /> <h5>減速戦法は性に合わない!?</h5> <br /> <br /> 極力テンポを落として、丁寧に練習しようと思ったのです。<br /> が、その鈍足テンポでゆっくりゆっくり弾いてたら、なんだか<br /> 「<strong>もう一生このテンポでしか弾けなくなるんじゃないか</strong>」って恐怖におそわれた(笑)<br /> <br /> 思えば、<br /> <br /> 今まで、とりあえず弾けるようになるまでの過程で、<br /> ゆっくりなテンポからきっちり練習したことがあまりない。<br /> <br /> そもそも、テンポを落とさないと雰囲気すらつかめないような難曲には手を出さない。<br />滅多に。<br /> <br /> 弾きたい曲の、弾きたいところを、さっさと弾きたいので、ゆっくりコツコツとなんてじれったくてやってられないのです。<br /> <br /> たいてい衝動に駆られてドゥワーーーッ!!って弾くことが多いので。<br /><br /><span style="font-size: xx-small;">だからいつまで経ってもレパートリーと言える曲が生まれないんですけれども^^;</span><br /> <br /> あ、遅いのイヤだとか言いつつも、正規の(?)テンポで弾けるレベルまでは望んでいません。<br /> 自分が最低限満足できるテンポで弾けることが目標。<br /> 都合よく行こうじゃないの。<br /> <br /> <br /> <h5>考えると弾けない!?</h5> <br /> <br /> それから、考え出すと指が動かない(゚Д゚);<br /> いつも運指は適当なのに、なぜか着目してしまった。<br /> ふと「え!?今のとこ自分どうやって弾いたの?」と自問自答しながら運指にクローズアップして丁寧に弾こうとすると、あら不思議、どんどん弾けなくなってくΣ(゚д゚lll) <br /> <br /> 運指がゲシュタルト崩壊した、みたいな。<br /> <br /> 指と運指の神隠し。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/fc2blog_2013073016055633a.jpg/" target="_blank"><img width="250" height="250" border="0" src="//blog-imgs-60-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/fc2blog_2013073016055633a.jpg" alt="みかんのぬし" /></a></div><div style="text-align: center;">ええ、そのようです</div> <br /><br /> <h5>慣れないことはするべからず。</h5> <br /> <br /> とりあえず、ゆっくりじっくり戦法はやめよう。<br /> 運指も今までどおり、気にしない方向で。<br /> <br /> <br /> ひとりで勝手に力んで玉砕したパターンだなこりゃ(笑)<br /> <br /> <br /> <div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111601103/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41GHSEAWYVL._SL160_.jpg" alt="ドビュッシーこどもの領分 全音ピアノライブラリー" style="border: none;" /></a></div> <div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111601103/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ドビュッシーこどもの領分 全音ピアノライブラリー</a> <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 13.07.30</div></div> <div class="amazlet-detail">ドビュッシー 田中 希代子 <br /> 全音楽譜出版社 <br /> 売り上げランキング: 132,913</div> <div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111601103/mikannomoto0c-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div> <div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div> <br /> <br /> <br /> 以上〜♪<br /> <br /> <br />
6

[練習日記] グラドゥス・アド・パルナッスム博士/ドビュッシー(1)

自分の飽きっぽさを少しでも解消すべく、 曲を決めて練習日記を書くことにしました。 書いたらちゃんと練習するかなぁと淡い期待を込めて。 正直続くか分からないけどね(・∀・)☆ ←早くも予防線 第1弾は、ドビュッシーの「子供の領分」より「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」。 理由は特にないです。突然弾きたくなりました。 なんか機械的なところもありつつ綺麗で楽しい曲だし♪ なんせ名前が長くて面白いし。 あ... 自分の飽きっぽさを少しでも解消すべく、<br /> 曲を決めて練習日記を書くことにしました。<br /> <br /> 書いたらちゃんと練習するかなぁと淡い期待を込めて。<br /> 正直続くか分からないけどね(・∀・)☆ ←早くも予防線<br /> <br /> <br /> 第1弾は、ドビュッシーの「子供の領分」より「<span style="color: rgb(102, 102, 153);"><strong>グラドゥス・アド・パルナッスム博士</strong></span>」。<br /> <br /> <br /> <div style="text-align: center;"><iframe width="400" height="225" frameborder="0" allowfullscreen="" src="//www.youtube.com/embed/hXHmxcgxEt0?rel=0"></iframe></div> <br /> <br /> 理由は特にないです。突然弾きたくなりました。<br /> なんか機械的なところもありつつ綺麗で楽しい曲だし♪<br /> なんせ名前が長くて面白いし。<br /> <br /> あ、電子ピアノの内蔵曲に入ってるのでそれを練習に活用したい、ってのもあります。<br /> <br /> <a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%AE%E9%A0%98%E5%88%86#1._Doctor_Gradus_ad_Parnassum" target="_blank">Wikipedia</a>によると<br /> <blockquote>退屈な練習に閉口する子供の心理を表現した曲</blockquote>だそうですね(*゚∀゚)オホッ☆<br /> さらに、毎朝朝食前に弾けとの仰せですが、それは見なかったことにします。<br /> <br /> <br /> <h5>ざっくり日記</h5> <br /> <br /> ハ長調なので入り口は優しく感じましたが。<br /> 途中の右手と左手が大接近するところがカオス。<br /> 大接近、そして絡まり空回り。<br /> 内蔵曲の左手だけ、右手だけを再生して、どっちの手で弾くのか把握。<br /> ざーっと弾いてみたけど、うん、おとなしくテンポ落とそうかね。<br /> まずはゆっくり弾いて、指に覚えさせてこうかな。<br /> <br /> 左右の手のクロスカウンターが面白い曲ですね。<br /> <br />とりあえず、全く歯が立たないってわけでもなさそう。<br />でもね、ここからが長いんだよ…わかってるつもりさ…。<br /><br />スラスラ弾けたら楽しそう〜♪イメトレしよう、イメトレ♪<br /> <br /> <br /> <div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111601103/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="ドビュッシーこどもの領分 全音ピアノライブラリー" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41GHSEAWYVL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111601103/mikannomoto0c-22/ref=nosim/">ドビュッシーこどもの領分 全音ピアノライブラリー</a> <div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 13.07.12</div></div> <div class="amazlet-detail">ドビュッシー 田中 希代子 <br /> 全音楽譜出版社 <br /> 売り上げランキング: 270,773</div> <div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111601103/mikannomoto0c-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div> <div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div> <br /> <br /> 続きがあれば、またいつか。いや、続けたい…!<br /> <br /> <br /> 以上〜♪<br /> <br />
2

[楽譜] 付属CDでひとり連弾も楽しめる「ピアノスタイル クラシック名曲連弾25選」♪

最近友人とピアノの連弾をしようって話になり、この楽譜をポチッと購入♪ 初見でさらっと合わせただけですが、なかなか楽しませてくれます、こやつ( ゚∀゚ ) ピアノスタイル クラシック名曲連弾25選 ひとりで楽しめる!カラオケCD付き ~連弾ピアノ・アレンジで弾く☆不滅のピアノ・オペラ・交響曲!(CD2枚付き) (2008/06/26) 内田 ゆう子、 他 ... 最近友人とピアノの連弾をしようって話になり、この楽譜をポチッと購入♪<br /> 初見でさらっと合わせただけですが、なかなか楽しませてくれます、こやつ( ゚∀゚ )<br /> <br /> <br /> <table border="0" style="width:75%;border:0;"> <tbody> <tr> <td valign="top" align="center" style="border:none;"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845615622/mikannomoto0c-22/ref=nosim/"><img style="border:none;" alt="ピアノスタイル クラシック名曲連弾25選 ひとりで楽しめる!カラオケCD付き ~連弾ピアノ・アレンジで弾く☆不滅のピアノ・オペラ・交響曲!(CD2枚付き)" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41WK7-3LENL._SL160_.jpg" /></a></td> <td valign="top" style="padding:0 0.4em;border:0;"><a target="_blank" href="http://blog.fc2.com/goods/4845615622/mikannomoto0c-22">ピアノスタイル クラシック名曲連弾25選 ひとりで楽しめる!カラオケCD付き ~連弾ピアノ・アレンジで弾く☆不滅のピアノ・オペラ・交響曲!(CD2枚付き)</a><br /> (2008/06/26)<br /> 内田 ゆう子、 他<br /> <br /> <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845615622/mikannomoto0c-22/ref=nosim/">商品詳細を見る</a></td> </tr> </tbody> </table> <br /><br /> ざっくり感想は続きから↓<br /><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。