プロフィール

みかん

Author:みかん
東京在住30代♀の趣味戯言ブログ。
ピアノ、読書、映画、iPhone、文具など、浅く気ままに。
RolandのHP205を愛用♪


iianbaiMikan

耳コピ楽譜まとめ
カテゴリ

openclose

ブログ内検索/全記事一覧

全記事一覧/全タグ一覧

RSS
rss follow us in feedly
278

[読書] シャーロック・ホームズ 最後の解決

映画「ネバーエンディング・ストーリー」に出てくるカタツムリに乗った人と「鷹の爪」の菩薩峠を足して割ったような不気味な顔の表紙。 読みました。 (原題:The Final Solution) シャーロック・ホームズ 最後の解決 Posted with Amakuri マイケル・シェイボン 新潮社 以下ネタバレご注意。 ざっくり感想 「ホームズ」の名は一切出てこず、ただ「老人」とだけ描かれる点は良かったです。 彼だと分かる描写が散りばめられていて... <p>映画「ネバーエンディング・ストーリー」に出てくるカタツムリに乗った人と「鷹の爪」の菩薩峠を足して割ったような不気味な顔の表紙。</p> <p>読みました。</p> <p>(原題:The Final Solution)</p> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lB4Zu6zqL._SL160_.jpg" alt="シャーロック・ホームズ最後の解決 (新潮文庫)" style="border: none" width="112" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank">シャーロック・ホームズ 最後の解決</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">マイケル・シェイボン</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">新潮社</div></div></div> <p>以下ネタバレご注意。</p> <br /> <h3 id="toc_1">ざっくり感想</h3> <p><strong>「ホームズ」の名は一切出てこず、ただ「老人」とだけ</strong>描かれる点は良かったです。</p> <p>彼だと分かる描写が散りばめられていて、どこか一歩引いて見ているような独特の雰囲気が新鮮でした。</p> <br /> <p>舞台は1944年、第二次世界大戦真っ只中の英国。<br /> そこで養蜂を営む老人は、ある少年と出会う。少年の肩には、謎の数字を唱え続けるオウムが。<br /> 数字の意味とは?口の聞けないその少年には一体何が?</p> <br /> <p>冒頭にはぐいぐい引き込まれたんですが、最後はもやっとしました。<br /> てっきりすべてを白日のもとにさらしてくれるものと思い込んでいたので、みなまで語られずに終わってしまって。<br /> 「ぎゃふん」って言うなら今。</p> <br /> <p>振り返ってみれば、老いたホームズ、もとい「老人」は、以前のような<strong>怜悧さは失っている</strong>。<br /> 御年89歳。かつての面影はありません。<br /> 時代も移り変わり、街の様子もすっかり様変わり。<br /> もっと荒廃したロンドンを期待したのに、アメリカナイズされちゃって…と元名探偵は感慨にふけります。</p> <p>ホームズもひとりの人間であって、不老不死の超人ではないけれども、そうはいっても、です。<br /><strong>老いてもなお喜々として芝居がかった種明かしを披露してくれるんじゃないか、とつい期待</strong>してしまいました。そういうんじゃあなかった。</p> <p>老ホームズのキャラが個人的にもうひといきというところでした。</p> <p><strong>変人度も低かった</strong>気がするし。<br /> 偏屈な老人ではあるんだろうけど、そんなのありふれてる。もっと強烈な光るものを見たい。</p> <br /> <p>そして何よりーーここが肝心ーー<strong>ワトソンがいない</strong>!!</p> <p>いや、分かってたよ、なんとなく、ワトソンは出てこないだろうってことは。ホームズが養蜂家をやっている時には既にワトソンはいないイメージがあるし(少なくとも90近い年齢の時には)。それは致し方ないと思ってたんだけど。</p> <p>ホームズひとりでも、この作品の雰囲気が肌に合いさえすれば面白かったと思う。ちょっともの足りなかったものだから、急にワトソンが恋しくなる。</p> <p>ワトソンがいない寂しさが増幅する。</p> <p>やっぱりワトソンがいないと駄目だな!!<strong>砥石がないと錆びちゃう</strong>んだよ!!</p> <br /> <p>若干リアリティのあるホームズ爺さんというところでした。<br /> そういうリアリティは追求せずにおいてほしいなぁ。せっかくのフィクションなんだから。</p> <br /> <p>最後にあとがきから、著者のことば。</p> <blockquote> <p>“すべての小説は続篇であり、影響を受けることは至福である”</p> </blockquote> <p>著者曰く、意識的にせよ無意識的にせよ、誰しも先人の影響を受けている。独創性にこだわるあまり、誰かの真似だと非難されるのを恐れるなんて理解できない。そんなようなニュアンスを述べた後の、締めくくりの一文です。</p> <p>絶対に何かしらの影響は免れないという意味では確かに100%オリジナルなんてないんですよね。<br /> 特に何か創作しているような身ではありませんが、これにはなんだか心が軽くなりました。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lB4Zu6zqL._SL160_.jpg" alt="シャーロック・ホームズ最後の解決 (新潮文庫)" style="border: none" width="112" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410203613X/mikannomoto0c-22" target="_blank">シャーロック・ホームズ 最後の解決</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">マイケル・シェイボン</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">新潮社</div></div></div> <br /> <p>以上。</p>
277

ミニスーファミが出ると聞いて

ミニスーファミが出ると聞いて懐かしさを抑えきれない30代の私。 スーパーファミコンの21タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」 全21タイトルで税抜7,980円。 本体のみ手乗りサイズで、コントローラーは元のサイズ。 《収録タイトル》 上記URLより抜粋。 スーパーマリオワールド F-ZERO がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 超魔界村 ゼルダの伝説 神々のトライフォース ... <p>ミニスーファミが出ると聞いて懐かしさを抑えきれない30代の私。</p> <p><a href="https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170627.html" target="_blank">スーパーファミコンの21タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」 </a></p> <p>全21タイトルで税抜7,980円。<br /> 本体のみ手乗りサイズで、コントローラーは元のサイズ。</p> <p>《収録タイトル》<br /> 上記URLより抜粋。</p> <blockquote> <ul> <li>スーパーマリオワールド</li> <li>F-ZERO</li> <li>がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻</li> <li>超魔界村</li> <li>ゼルダの伝説 神々のトライフォース</li> <li>スーパーフォーメーションサッカー</li> <li>魂斗羅スピリッツ</li> <li>スーパーマリオカート</li> <li>スターフォックス</li> <li>聖剣伝説2</li> <li>ロックマンX</li> <li>ファイアーエムブレム 紋章の謎</li> <li>スーパーメトロイド</li> <li>ファイナルファンタジーVI</li> <li>スーパーストリートファイターII</li> <li>スーパードンキーコング</li> <li>スーパーマリオ ヨッシーアイランド</li> <li>パネルでポン</li> <li>スーパーマリオRPG</li> <li>星のカービィ スーパーデラックス</li> <li>スターフォックス2</li> </ul> </blockquote> <br /> <p>収録作品以外では遊べないとはいえ、けっこうもりだくさんではないかと。<br /> 「スターフォックス2」は当時未発売だったものなのですね。</p> <p>それにしても<strong>「スーパー」と名の付くものの多い</strong>こと!</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/pp-key-superfamicon.jpg" alt="pp-key-superfamicon" width="320" border="0" height="213" /><br /> photo credit: toughkidcst <a href="http://www.flickr.com/photos/45153470@N00/261200570">Key Holder with Nintendo SuperFamicom - SNES</a> via <a href="http://photopin.com">photopin</a> <a href="https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.0/">(license)</a></p> <br /> <h6>駆られっちまった懐かしさに</h6> <p>うち、「スーパーマリオカート」、「ヨッシーアイランド」、「超魔界村」などは、ここ数年の間にも遊んでいます。</p> <p>マリカーは、現実世界でペーパードライバーの私が唯一ハンドルを握る場所。<br /> ヨッシーアイランドはとにかくすべてが可愛らしい。特にヘイホー。</p> <p>魔界村シリーズは難易度が高いアクションゲーム…らしいけど、<strong>アクション全般が下手な私にはその難しさがピンとこない</strong>。ちょうど<strong>方向音痴過ぎて新宿駅のダンジョンっぷりがいまいちピンとこない</strong>のに似てる。すべての駅という駅で迷う私に死角はない。<br /> <strong>「村」という牧歌的な一字</strong>によって、魔物たちが攻撃してくるというよりは「これはもしや<strong>彼らなりの歓迎の挨拶なのでは?</strong>」などと思ったり思わなかったりする。永久凍土の5面の曲が好き。</p> <p>「桃源郷」「牛歩」「臨機応変」などのことばを覚えたのは「スーパーマリオワールド」の攻略本だったなぁ。</p> <p>スト2といえば、高校の時「ヨガファイヤー」の発音がやたら上手い子がいて。<br /> 「ヨガ?」って言うと、「fire」って言う。こだまでしょうか、いいえダルシム。<br /> 時々「frame」が混入したりもしたなぁ。</p> <p>FF6を含むFFシリーズは、なんだかんだで大人になってからもほどほどに触れて遊んだので、現状満足しており優先度は低め。でも不意にセッツァーとダリルの友情とか思い出すと熱い。音楽も良いよね、良い。</p> <p>未プレイのタイトルの中では、「聖剣伝説2」が気になるなぁ。「不思議なお話しを」がゲーム中で流れるのを聴いてみたい。<br /> 「聖剣伝説3」なら最近初めてプレイしてクリアしました。「Evening Star」が流れた時は感動。<br /> 2も3も音楽先行なんですよね。<br /> そして音楽といえばドンキーコングの水中のステージの曲も美しい。</p> <p>ゴエモンゆき姫は友人宅でかじる程度遊んだ記憶が。私が下手で全然先に進めなかった記憶が。<br /> でも最近、「きらきら道中」をクリアしました。クリアできました。夫と協力して、だけど。どうでもいいけどデリバシティをダイバーシティとよく間違えてた。</p> <p>ゼルダ、カービィ、ファイアーエムブレムはシリーズのどの作品にも触れたことがないので、機会あらば。</p> <p>そういえばスマホでも過去の作品を遊べるケースがあるけど、スマホでゲームをする気にはなれないので見送り。</p> <h6>我が家のスーファミ環境今昔</h6> <p>…などと思い出や願望がちらほら蘇るわけですが。</p> <p>現在我が家にあるハードは、ズバリあのグレーのスーパーファミコンではなく、「NEW FC DUAL」というもの。或る日どうしてもスーファミ版マリオカートで遊びたくなったのがきっかけで、ふらっと入った店舗でよくわからんまま購入。</p> <p>見た目はたいへんチープですが、ファミコン用のソフトも遊べるみたいだし、現状これで間に合ってはいます。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004TIF1SK/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41yHOb-PLTL._SL75_.jpg" alt="NEW FC DUAL (ニューエフシーデュアル) ファミコン・スーパーファミコン互換機" style="border: none" width="75" height="75" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004TIF1SK/mikannomoto0c-22" target="_blank">NEW FC DUAL (ニューエフシーデュアル) ファミコン・スーパーファミコン互換機</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-platform">No Operating System</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">GAME JOY</div></div></div> <br /> <p>ただこれ、時折コントローラーのボタンが陥没するなどして効かなくなるのが難点。</p> <p>連打とかする際にちょっと不安になる。私の扱いが雑なのか?いつも壊すの私だし…(疑惑濃厚)。いやいや、ゲーム機ですぞ?ちょっと繊細過ぎでしょう。</p> <p>何度、夫にドライバーでこじあけてもらったことか。壊す妻あれば直す夫あり。</p> <p>でも、そんな<strong>「常に当たり前に問題なく遊べるわけではない」という状況すらも懐かしい思い出の再現</strong>であり、<strong>それ自体が楽し</strong>かったりします。</p> <p>小学生当時、やっとのことで親に買ってもらったスーファミ本体は、ちょっとした衝撃でバグったり止まったりが日常茶飯事でした。ハードもソフトも中古だったせいかな?友人宅ではあまりそういう目に遭ったことがないですね。たとえばFF5で「クルル」が「ゲルル」になったり、カーソル音が変な「ぐしゃっ」って音になったり、初めて見るエンディングでフリーズしたり。<br /> <br /> だからそれはもう腫れ物に触るように大切に大切に扱いましたよね。それでもセーブデータよく消えたなぁ(涙)。<strong>データが消える絶望感たるや、魔界村シリーズであとひと息のところでふりだしに戻されるそれの比ではない</strong>ですね。いや魔界村の強制ふりだしも相当なものだけど、あれは、醍醐味だから。</p> <p>まあそんなわけで、ちらちらミニスーファミが気になりつつ、懐ゲーで遊んでいきたいと思います。</p> <p>以上。</p>
  • Date : 2017-07-05 (Wed)
  • Category : 雑記
276

[読書] シャーロック・ホームズの事件録 芸術家の血

魅力的なキャラクター、ホム&ワトの友情、切れ味のある台詞、悪党を懲らしめるヒーローへの憧れ、謎が解き明かされるカタルシス、世界的名作、BBCドラマ「SHERLOCK」に触発されたミーハー魂 etc. ホームズを読む動機はいろいろありますが(最大のきっかけはミーハー魂ですすみません)、正典は、残酷で生々しい描写が少ない、という点も消極的理由ながら大事な要素。 もちろん主観ですけど。 パスティーシュとは本家を模倣したも... <p>魅力的なキャラクター、ホム&ワトの友情、切れ味のある台詞、悪党を懲らしめるヒーローへの憧れ、謎が解き明かされるカタルシス、世界的名作、BBCドラマ「SHERLOCK」に触発されたミーハー魂 etc.</p> <p>ホームズを読む動機はいろいろありますが(最大のきっかけはミーハー魂ですすみません)、正典は、残酷で生々しい描写が少ない、という点も消極的理由ながら大事な要素。 もちろん主観ですけど。</p> <p>パスティーシュとは本家を模倣したもの。原作の雰囲気を踏襲したもの。ならば、そのあたりの加減もぜひ同じようであってほしいところ。</p> <p>その点、この作品は個人的に完全にアウトでした・・・。<br /> 読書ノートのひとこと欄に大きく「NG」って書いたわ。</p> <p>小綺麗で快適なものだけ出てくるなんて夢にも思ってないけどさぁ〜〜、こんな話にしなくったってさぁ〜〜。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LXM5PUI/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZNl5mf5aL._SL160_.jpg" alt="シャーロック・ホームズの事件録 芸術家の血 (ハーパーBOOKS)" style="border: none" width="113" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LXM5PUI/mikannomoto0c-22" target="_blank">シャーロック・ホームズの事件録 芸術家の血 </a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">ボニー・マクバード</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">ハーパーコリンズ・ジャパン</div></div></div> <br /> <p>(原題:Art in the Blood A Sherlock Holmes Adventure)</p> <p>以下ネタバレご注意〜。</p> <h3>ざっくり感想</h3> <p>冒頭で述べたような、キャラ、友情、切れ味、ヒーローだのといったおよそ私の期待する要素がことごとく満足できなかったうえに、暗く重くつらい展開で、後味わるかったです。</p> <p>まったく救われないわけじゃないけど、なんか補いきれない。</p> <p>そもそも殺人事件を扱う物語なわけですから(必ずしも人が殺される話ばかりではないが)、暗い必要ない。事件が起きただけで十分、十分重いし暗いんだよ〜〜。それをただシリアスに語られてもなぁ、と思う今日この頃。</p> <p>犯人に情状酌量の余地はまったくなく、モリアーティ教授のような魅力的でぞくぞくする悪玉感もなし。<br /> もっとも、教授を食ってしまうような強烈な存在感があっては、それはそれでバランスが崩れそうですが。</p> <p>ホームズが痛めつけられて瀕死になるのもつらい。<br /> その後、コカインで元気百倍ってのも笑えない。そんなノリじゃない。</p> <p>「SHERLOCK」でシャーロックが鞭打たれていたシーンは割と平気だったんですけどね。あれは、シャーロックのキャラというか、痛々しさを緩和して余りある要素で笑いに変えていたから。ほんと頑丈な奴だな、で済ませられる軽快さというか。</p> <p>酷な描写に目をつむったとしても、ホームズとワトソンのやりとりも至って普通だし、他の主要な登場人物たちも何人か出てきたけどいまいち面白みに欠けるし、<strong>ホームズらしからぬアクティブさとエモーショナルさに激しい違和感</strong>を覚えました。</p> <p>タイトルの「芸術家の血」から、私はてっきりホームズのご先祖様にまつわる話かと思ったんですが、そういうわけではなかったですね。</p> <p>ネタが少々わざとらしかったのも引っかかりました。<br /> 「ハイ、これホームズネタね!確かに登場させましたからね!」とでも言いたげ。<br /> いったんマイナスに引っ張られると駄目ですね。本来ならくすっと楽しめるところなのに。</p> <p>唯一のオアシスはこの一文。</p> <blockquote> <p>なかなか大人にならない大学生の面倒をみるように世話してくれたのだ。</p> </blockquote> <p>ハドソンさん視点だと<strong>息子のようなふたり</strong>。できがいいのかわるいのか、面倒ばかり起こして、まったく、本当にしょうがないんだから。「なかなか大人にならない大学生」というところに、なんだかんだで見守ってくれるハドソンさんの温かみを感じて、私めちゃくちゃ癒やされましたです。よかった、ハドソンさんがいてくれて本当に!</p> <br /> <p>ところで私は以前「ワトソン」と「ワトスン」どちらで書いていたっけ?と過去の自分の記事を検索しかけたんですが、やめました。常々迷うので、その時の気分に従います。少なくとも同じ記事の中では統一しようと思います。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LXM5PUI/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZNl5mf5aL._SL160_.jpg" alt="シャーロック・ホームズの事件録 芸術家の血 (ハーパーBOOKS)" style="border: none" width="113" height="160" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LXM5PUI/mikannomoto0c-22" target="_blank">シャーロック・ホームズの事件録 芸術家の血 </a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">ボニー・マクバード</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">ハーパーコリンズ・ジャパン</div></div></div> <br /> <p>以上。</p>
275

[万年筆INK] 神戸インク物語 加納町ミッドナイト

「夜色?深海があるから要らない」と言い聞かせて気を鎮めてきたけどまあ買いますよね。 深夜の歩道橋から見上げた夜空の深いブルーを表現したという加納町ミッドナイト。 個人的なイメージでは、夜空色といったら色彩雫の深海だったんですが、ふたを開けてみれば(←まさに)加納町ミッドナイトは深海とは似て非なる色でした。まあそりゃそうか〜。 ▲トモエリバーにガラスペンで(拡大) Kobe INK物語 No.51 加納町ミッドナイ... <p>「夜色?深海があるから要らない」と言い聞かせて気を鎮めてきたけどまあ買いますよね。<br /> 深夜の歩道橋から見上げた夜空の深いブルーを表現したという加納町ミッドナイト。</p> <p>個人的なイメージでは、夜空色といったら色彩雫の深海だったんですが、ふたを開けてみれば(←まさに)加納町ミッドナイトは深海とは似て非なる色でした。まあそりゃそうか〜。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kanochomidnight-zoom.jpg" alt="加納町ミッドナイト - ズーム" width="450" border="0" height="338" /> <br /> ▲トモエリバーにガラスペンで(拡大)</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01A9X6LL4/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31azQXc78jL._SL160_.jpg" alt="NAGASAWA 万年筆用ボトルインク PenStyle Kobe INK物語 (No.51 加納町ミッドナイトブルー)" style="border: none" width="160" height="113" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01A9X6LL4/mikannomoto0c-22" target="_blank">Kobe INK物語 No.51 加納町ミッドナイト</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">NAGASAWA</div></div></div> <h3>紫がかった夜闇色</h3> <p>万年筆はプロギアΣスリムの中字に入れました。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kanochomidnight-tomoe-moji.jpg" alt="加納町ミッドナイト - トモエリバー" width="450" border="0" height="254" /> <br /> ▲トモエリバーに万年筆で</p> <p>ほんのり紫がかった素敵な色!</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kanochomidnight-hobonichi-moji.jpg" alt="加納町ミッドナイト - ほぼ日手帳" width="400" border="0" height="503" /> <br /> ▲ほぼ日手帳にガラスペンで</p> <br /> <p>365デイズノートだと、マットな、沈むような感覚。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kanochomidnight-365dn.jpg" alt="加納町ミッドナイト - 365デイズノート" width="500" border="0" height="228" /> <br /> ▲365デイズノートに万年筆で</p> <br /> <p>トモエリバーでの発色&濃淡のほうが好みかなぁ。</p> <p>まあしかし濃い色は視認性が抜群だなぁ。<br /> 特に中字でなみなみと注がれると。</p> <p>どっぷりと、夜です。</p> <p>そうそう、ほんのり紫といえば、色彩雫の冬将軍。<br /> 加納町ミッドナイトと並べると実にクールで良い感じです!</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kanochomidnight-fuyu-nakayoshi.jpg" alt="加納町ミッドナイト - 冬将軍と" width="500" border="0" height="375" /></p> <br /> <h3>色の比較:深海、セーラーのブルーブラック</h3> <ul> <li>神戸インク物語 加納町ミッドナイト</li> <li>パイロット 色彩雫 深海</li> <li>セーラー ブルーブラック</li> </ul> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/kanochomidnight-hikaku.jpg" alt="加納町ミッドナイト - 色比較" width="500" border="0" height="286" /> <br /> ▲トモエリバーにガラスペンで</p> <br /> <p>セーラーのブルーブラックが緑黒なら、加納町ミッドナイトは紫黒。うわ、どちらも改めて好きだわ。</p> <p>新しいインクを買うと、既存のインクにも肉付けがされて、さらなる魅力や意外な一面を発見できたりするからいけません。</p> <p>加納町ミッドナイトは、都会の夜景を遠くから眺めているような、どこか喧騒や現実から離れた感じがある。どこまでもどこまでもずっと夜で、明ける気配がない。</p> <p>対して深海は、この写真だとそうでもないけど、褪せて薄いブルーグレーになると、これまた明けるのか明けないのかはっきりしないうすぼんやりした感じになって、有象無象を飲み込んだ人間くさい夜というか、少しくたびれてにごった部分と、ぴんぴんしてる澄んだ部分と、両面を合わせ持った魅力がだ醸し出されてですね、うんたらかんたら。</p> <p>その「にごり」とか「グレー」の加減が良いよなぁ、自分の好みのポイントなのかな、などと思わせてくれる色ですね、この3色は。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002WM5EY6/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41DdgC1goAL._SL75_.jpg" alt="セーラー万年筆 万年筆ボトルインク ジェントル 13-1000-244 ブルーブラック" style="border: none" width="75" height="66" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002WM5EY6/mikannomoto0c-22" target="_blank">ジェントル ブルーブラック</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">セーラー万年筆</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009UOL3E4/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41EVB%2BhsDmL._SL75_.jpg" alt="パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SNK シンカイ" style="border: none" width="75" height="74" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009UOL3E4/mikannomoto0c-22" target="_blank">色彩雫 深海</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">パイロットコーポレーション</div></div></div> <p>以上。</p>
274

[万年筆INK] 色彩雫 露草

色彩雫の露草を買いました。ミニボトル。 清涼感があって少し儚げな、みずみずしい青です! 色彩雫でいうと紫陽花と紺碧の間って感じかな。 想像したより濃いですが、淡さも感じられてたいへん美しいです。 色彩雫の名前って風情があってなかなか魅力的ですが、これほど名前とイメージが合致するものもないのでは? photo credit: ashitaka-f studio k2 Commelina communis ツユクサ via photopin(license) なんか田舎を... <p>色彩雫の露草を買いました。ミニボトル。<br /> <strong>清涼感があって少し儚げな、みずみずしい青</strong>です!</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/tsuyukusa-bottle-goron.jpg" alt="露草miniごろん" width="450" border="0" height="338" /></p> <br /> <p>色彩雫でいうと紫陽花と紺碧の間って感じかな。<br /> <strong>想像したより濃い</strong>ですが、淡さも感じられてたいへん美しいです。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/tsuyukusa-first.jpg" alt="露草こんにちは" width="400" border="0" height="300" /></p> <br /> <p>色彩雫の名前って風情があってなかなか魅力的ですが、これほど名前とイメージが合致するものもないのでは?</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/pp-tsuyukusa.jpg" alt="pp-tsuyukusa" width="320" border="0" height="240" /><br /> <span style="font-size: xx-small;">photo credit: ashitaka-f studio k2 </span><a href="http://www.flickr.com/photos/40595990@N06/7448717750"><span style="font-size: xx-small;">Commelina communis ツユクサ</span></a><span style="font-size: xx-small;"> via </span><a href="http://photopin.com"><span style="font-size: xx-small;">photopin</span></a><a href="https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/"><span style="font-size: xx-small;">(license)</span></a></p> <p></p> <p>なんか田舎を思い出すなぁ。<br /> <br /> と、書きながら頭に浮かんだのはツユクサ…ではなくオオイヌノフグリでしたが。(でもツユクサと似てなくもないよね?)<br /> オオイヌノフグリは実家の近所のあぜ道に咲いてたんですよね。幼馴染みの家に遊びに行く途中の景色が目に浮かぶ…。</p> <p>手持ちインクの中で個人的に「THE 青!!」といったら紺碧やゴッホコバルト(いずれも頂き物です感謝!)なんですが、これらの「元気な青」に対し、露草は少し「控えめな青」。それでもしっかりと<strong>意志がある</strong>感じがします。</p> <p>一時期、淡色至上主義かってくらい淡くて薄い色を好んで多用してましたが、徐々に濃いめの布陣に移行しつつあります。そこにこの意外と淡過ぎない露草は、ちょうど良いかも。</p> <p>しばらく紫陽花を入れていた名月を洗浄し、露草を入れました。馴染むなぁ。</p> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/tsuyukusa-sailorbb-shinkai.jpg" alt="露草、セーラーBB、深海 365" width="450" border="0" height="193" /><br /> <span style="font-size: x-small;">▲365デイズノートにて</span></p> <p>似て非なるパイロットのブルーと並べてみました。<strong>パイロットのブルーは少しもやがかかる</strong>印象があります。</p> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/tsuyukusa-meigetu-pblue-kakuno.jpg" alt="露草とパイロットブルー" width="500" border="0" height="160" /><br /> <span style="font-size: x-small;">▲トモエリバーにて</span></p> <br /> <h3 id="toc_1">色の比較</h3> <ul> <li>パイロット 色彩雫 露草</li> <li>パイロット 色彩雫 紫陽花</li> <li>パイロット 色彩雫 紺碧</li> <li>パイロット ブルー(カートリッジ)</li> <li>ペリカン&#160;ロイヤルブルー</li> </ul> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/tsuyukusa-hikaku-5blues.jpg" alt="露草色比較" width="500" border="0" height="375" /><br /> <span style="font-size: x-small;">▲トモエリバーにガラスペンで</span></p> <p>この写真だとアレですが、たとえば紺碧は実際はもっと黄色いです。<br /> 前述のとおり、露草とパイロットのブルーとはよく似て見えるけど、インクたっぷりガラスペンで書いても露草のほうが澄んだ感じがするかな?このへんはお好みで。</p> <p>実はパイロットのブルーを初めて使った時、露草も買うか絶賛検討中だったんですが、このパイロットブルーで満足できるんじゃないか、露草を買う必要はないんじゃないか、と言い聞かせてたんですよね。まあでも買っちゃったよね!!</p> <p>ブルーのほうはカートリッジがなくなりそうですが、露草があるうちはボトル購入はおあずけかな。当分はこの露草の爽やかさが暑さをいくらかやわらげてくれることに期待です。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001AX5SVW/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51mnl3xf-AL._SL75_.jpg" alt="パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TS ツユクサ" style="border: none" width="73" height="75" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001AX5SVW/mikannomoto0c-22" target="_blank">色彩雫 露草</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">PILOT</div></div></div> <br /> <p>以上。</p>
273

[万年筆] #3776センチュリー細字の書き味がいい塩梅

プラチナの#3776センチュリーを買って半年。すこぶる書きやすくてどうしてくれよう。 私にとって大大大当たりの1本ではなかろうかと! 以前ペンクリニックで、筆圧の高さを指摘されると同時にセンチュリーを勧められたことがあり、なるほど自分向きなのねとは思ってたんですが、じわじわ実感してきた気がします。 特に近頃めっぽうお気に入りであるセーラーのブルーブラック(以下、セーラーBB)を入れてからのハマりようが尋常じ... <p>プラチナの#3776センチュリーを買って半年。すこぶる書きやすくてどうしてくれよう。<br /> <strong>私にとって大大大当たりの1本</strong>ではなかろうかと!</p> <p>以前ペンクリニックで、<strong>筆圧の高さを指摘</strong>されると同時に<strong>センチュリーを勧められた</strong>ことがあり、なるほど<strong>自分向き</strong>なのねとは思ってたんですが、じわじわ実感してきた気がします。</p> <p>特に近頃めっぽうお気に入りである<strong>セーラーのブルーブラック(以下、セーラーBB)を入れてからのハマりようが尋常じゃない</strong>。グレーと若干の緑を感じる渋くて素敵な濃紺色に、<strong>書き味との相乗効果でますます夢中</strong>です。あ、純正インクじゃなくてごめんなさいですが。<br /> ちなみにペン先は未調整です。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img alt="センチュリー×セーラーBB×365デイズノート" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/3776century-sailorbb-365.jpg" width="450" border="0" height="338" /><br /> <span style="font-size: x-small;">▲365デイズノートに</span></p> <br /> <p><strong>よどみなく、しかし一定の細さを保って</strong>、紙の上をすらすらとインクが流れ、特に365デイズノートでは時にざくざくと心地良い音を鳴らすのがもう、たまりません。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img alt="3776センチュリー×セーラーBB×365読書ノート" src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/3776century-sailorbb-365-reading.jpg" width="450" border="0" height="318" /> <br /> <span style="font-size: x-small;">▲読書ノートのメイン筆記具に昇格です</span></p> <br /> <p style="text-align: center;"><img src="//blog-imgs-106-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/3776century-sailorbb-365-sokontoko.jpg" alt="3776センチュリー×セーラーBB×365 そこんとこ" width="450" border="0" height="338" /> <br /> <span style="font-size: x-small;">▲ノートのこの部分に思いっきり寝かせて書くのが今私の中で大流行</span></p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002WM5EY6/mikannomoto0c-22"><img style="border: none" alt="セーラー万年筆 万年筆ボトルインク ジェントル 13-1000-244 ブルーブラック" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41DdgC1goAL._SL75_.jpg" width="75" height="66" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002WM5EY6/mikannomoto0c-22">セーラー ジェントル ブルーブラック</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">セーラー万年筆</div></div></div> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LFEBTCI/mikannomoto0c-22"><img style="border: none" alt="ニトムズ STALOGY 365DaysNotebook A5" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41LMTuXDklL._SL75_.jpg" width="54" height="75" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LFEBTCI/mikannomoto0c-22">ニトムズ STALOGY 365DaysNotebook A5</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">ニトムズ</div></div></div> <br /> <p>純正のプラチナのブルーブラック(以下、プラチナBB)だと「極細か?」ってくらい線が細くなったんですよね。購入して間もないってのもあったかもしれないけど、フローがしぼられるというんでしょうか。シャープできりっとした線になって、それはそれで良かったんですが、この今の書きやすさに比べたら。セーラーBBで書いた時のほうが圧倒的に心躍る事実。これは仕方ないよね!</p> <p>趣味文(vol.40)の粘度&表面張力のグラフを見ると、セーラーBBよりプラチナBBのほうがフローが渋いようですね。ほほう。<br /> 粘度グラフは任意のインクを抜粋してノートに書き出しています。時々自分なりに眺めては参考にしてる…つもり。</p> <p>もう本当、<strong>書くたびにいちいち感動する</strong>んですよね、馬鹿みたいに。書いたそばからキラキラしたエフェクトが見えるようで。昔、マウスのカーソルに星がキラキラ追随するフリーソフトを使ってましたが、あのイメージだな…(笑)どうかしてる。いや、それくらい私にとっては心地良いです。例によって入れたいインクが複数待機中なんですけど、もうしばらく待たせておきます。</p> <br /> <p>《関連記事》 <br /> 購入時の記事: <a href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-260.html" target="_blank"> [万年筆] #3776 センチュリー ブルゴーニュ 細字</a></p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007R9Z3UO/mikannomoto0c-22"><img style="border: none" alt="プラチナ萬年筆 #3776 ブルゴーニュ 細字 PNB-10000#71-2" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/315sBJWrekL._SL160_.jpg" width="160" height="140" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007R9Z3UO/mikannomoto0c-22">#3776 ブルゴーニュ 細字</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラチナ萬年筆</div></div></div> <br /> <p>以上。</p>
272

[万年筆INK] 銀座蔦屋書店 江戸納戸の色

銀座蔦屋書店のオリジナルインク「江戸納戸の色」を勢い余って購入しました。 ▲グラフィーロにガラスペンで Twitterで既に購入された方の写真を見かけ、一晩頭を冷やした後、何食わぬ顔でお店に向かったそうな。 来てはみたものの躊躇していた私の耳に飛び込んできた「何色にされました?」という店員さんの言葉が、「買うかどうかではない、どれを買うかだ!そうだろう?」と変換され心地よく響いて駄目だこりゃ。 「江戸納戸... <p>銀座蔦屋書店のオリジナルインク「江戸納戸の色」を勢い余って購入しました。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="318" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/ednnd-bottle.jpg" alt="江戸納戸の色 - ボトルと" /> <br /> <span style="font-size: x-small;">▲グラフィーロにガラスペンで</span></p> <br /> <p>Twitterで既に購入された方の写真を見かけ、一晩頭を冷やした後、何食わぬ顔でお店に向かったそうな。</p> <p>来てはみたものの躊躇していた私の耳に飛び込んできた「何色にされました?」という店員さんの言葉が、「<span style="font-size: x-large;"><strong>買うかどうかではない、どれを買うかだ!そうだろう?</strong></span>」と変換され心地よく響いて駄目だこりゃ。</p> <p>「江戸納戸の色」の他には、「朱鷺の羽色」と「江戸暖簾の色」があり、数量限定のようです。<br /> 「朱鷺の羽色」は淡いピンクブラウン的、江戸暖簾の色は色彩雫の稲穂っぽい、という印象でした。<br /> 自分が行った時はまだどれもたくさん置いてありました。</p> <p><a href="http://top.tsite.jp/lifestyle/lifetrend/i/35160339/" data-card-type="article" data-card-description="0" class="embedly-card">アートと日本文化に触れる「銀座 蔦屋書店」GINZA SIX6階に4月20日オープン。ギャラリー、スタバ、注目商品は?【レポート】 [T-SITE LIFESTYLE]</a><script async src="//cdn.embedly.com/widgets/platform.js" charset="UTF-8"></script></p> <p>一定レベルを超えて気になったらもう買っておけよ、ということで。<br /> どうしようかなぁ〜〜〜買おうかなぁ〜〜〜あ〜う〜あ〜〜〜と悶々とする未来の時間を買い戻したのですよ。うん、すごい意味不明な言い訳をまた思いついたところで、やっと先に進めるっふーっ!</p> <br /> <h3>第一印象:月夜から山鳥!?</h3> <p>書いてみた第一印象は「月夜から山鳥!?」でした。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="446" border="0" height="280" alt="江戸納戸の色 - 変化" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/ednnd-henka.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲365デイズノートにガラスペンで</span></p> <br /> <p>書いた直後は色彩雫の月夜を思わせ、みるみる緑が強まり、今度は四季彩の山鳥を彷彿と。<br /> 月夜〜緑のくだりは色彩雫の松露を、グレーっぽいところはセーラーのブルーブラックもちょっと想起しました。<br /> (↓後ほど並べて比較。)</p> <p>どれに似ていようが似ていまいが素敵な色には違いなく、名前に引っ張られてどことなくいなせな感じ…!</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="338" alt="江戸納戸の色 - ラベルと" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/ednnd-label-hiaceneo.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲グラフィーロにハイエースネオで</span></p> <br /> <p>ひとまずセーラーのハイエースネオに入れました。<br /> 発色の良いグラフィーロだとラベルの色に近く感じられますね。</p> <p>しかしグラフィーロってちょっとカリカリするペンでも本当するすると書けるよなぁ。<br /> 割高なノートなので私にとっては非日常なアイテムですが。</p> <p>で、金ペンで書いてみたい気持ち抑えきれず、松露を入れていたセレモを洗浄。<br /> 松露もお気に入りですが、「緑」要素担当としていったん江戸納戸の色と交代で。<br /> 好きなインクや個人的に旬なインクに対して万年筆が慢性的に不足しているのはもう致し方ありません。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="500" border="0" height="312" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/ednnd-seremo-blues.jpg" alt="江戸納戸の色×セレモと仲間たち" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲日常的に使うトモエリバーにセレモで</span></p> <br /> <p>いやー、良いんじゃないですかねこれは!!<br /> ちなみに使用した万年筆は、セーラーのブルーブラックが#3776センチュリー、深海が同じくセレモ(2本目)、松露がpreppy02です。</p> <br /> <h3>色の比較</h3> <p>手持ちのインクと並べてみました。</p> <ul> <li>銀座蔦屋書店 江戸納戸の色</li> <li>セーラー 四季彩 山鳥</li> <li>パイロット 色彩雫 松露</li> <li>パイロット 色彩雫 月夜</li> <li>セーラー ブルーブラック</li> </ul> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="566" alt="江戸納戸の色 - 比較 - トモエリバー" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/ednnd-hikaku-tomoe.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバー(ジブン手帳IDEA)にガラスペンで</span></p> <br /> <p>山鳥とも似て非なる色でした。山鳥よりグレーでちょっと淡いかな?この写真だと緑が強くも見えます。絶妙。<br /> ガラスペンでそれなりにインクひたひた状態で書いていますので、気持ち濃いめだとは思いますが。<br />うーん、しかしどれも良いなぁ。</p> <p>《比較したインク》</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00K568H5E/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="72" style="border: none" alt="セーラー万年筆 万年筆ボトルインク ジェントル 四季彩 13-1005-207 山鳥" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41V8jzAq0UL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00K568H5E/mikannomoto0c-22">四季彩 山鳥</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">セーラー万年筆</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001BMX22E/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="74" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51FZLJsl1NL._SL75_.jpg" alt="パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SY ショウロ" style="border: none" /></a></div><div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001BMX22E/mikannomoto0c-22" target="_blank">色彩雫 松露</a></div><div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div><div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">PILOT</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0019XWYC4/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="73" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51oFEUmnjuL._SL75_.jpg" alt="パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TY ツキヨ" style="border: none" /></a></div><div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0019XWYC4/mikannomoto0c-22" target="_blank">色彩雫 月夜</a></div><div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div><div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">PILOT</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002WM5EY6/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="75" height="66" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41DdgC1goAL._SL75_.jpg" alt="セーラー万年筆 万年筆ボトルインク ジェントル 13-1000-244 ブルーブラック" style="border: none" /></a></div><div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002WM5EY6/mikannomoto0c-22" target="_blank">万年筆ボトルインク ジェントル ブルーブラック</a></div><div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div><div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">セーラー万年筆</div></div></div> <br /> <p>以上。</p>
271

[文具] カキモリさんのローラーボールを万年筆インククリーナーで洗浄

詰まったり染まったりしたカキモリさんのローラーボール、クリーナーで洗浄したところ、無事復活。 洗浄前 インクがまったく出てこなくなったものが1本、インクで染まってしまったものが1本。 ▲うそみたいだろ、洗ったんだぜ…(水で) 前略 カキモリより » Blog Archive » カキモリのローラーボールの推奨メンテナンス方法 上記によれば、 ペン先が乾かないよう毎日使う 黒に近い色だと乾きやすく詰まりやすい、... <p>詰まったり染まったりしたカキモリさんのローラーボール、クリーナーで洗浄したところ、無事復活。</p> <h3>洗浄前</h3> <p>インクがまったく出てこなくなったものが1本、インクで染まってしまったものが1本。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="283" alt="青ローラーボール洗浄前" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/before-rollerball-blue.jpg" /><br /> <span style="font-size: small;">▲うそみたいだろ、洗ったんだぜ…(水で)</span></p> <br /> <ul> <li><a target="_blank" href="http://www.kakimori.com/wp286/?p=2580" style="color:#0070C5;">前略 カキモリより » Blog Archive » カキモリのローラーボールの推奨メンテナンス方法</a></li> </ul> <p>上記によれば、</p> <ul> <li>ペン先が乾かないよう毎日使う</li> <li>黒に近い色だと乾きやすく詰まりやすい、薄く淡い色だと粘度が低くなり問題が発生しやすい</li> <li>色を変える際はクリーナーで洗浄</li> <li>(浸け置き後の水の出し入れの際)あまり洗い過ぎるとボールの滑りを良くする成分が流れてしまうので注意</li> </ul> <p>とのことで、基本的には万年筆と同様のメンテナンスをすればOKとのこと。</p> <p>しかし、私の使い方はぶっちゃけ、</p> <ul> <li>毎日は使わず数日放置するのが常…</li> <li>色味も粘度もおかまいなしに次々と色を変えた…(ただし染料インクのみです)</li> <li>色を変える際は水だけで洗浄…</li> <li>洗い過ぎたかも…</li> </ul> <p>でした。</p> <p>この「毎日使う」ってのがね〜、まあ、言ってもあくまで目安だろうと思ってたんですが、1〜2日使わないと書き出しでインクが出てこない。本当、あっという間に乾く印象。</p> <p>それでも、ちょっと書いたり振ったりすればインクが出てきてくれたので、おおむね快適に使えてはいました。</p> <p>今回は、油断して数ヶ月ほど放置してしまい、にっちもさっちもいかなくなったというわけです反省。</p> <br /> <h3>万年筆インク専用クリーナー</h3> <p>そこで買い求めたるはプラチナの万年筆インククリーナーキット。</p> <br /> <table border="0"> <tbody> <tr> <td width="150" valign="top"><a href="http://www.platinum-pen.co.jp/ink_cleaner_top.html" target="_blank"><img width="150" border="0" height="110" src="http://capture.heartrails.com/150x110/shadow?http://www.platinum-pen.co.jp/ink_cleaner_top.html" alt="" /></a></td> <td valign="top"><a style="color:#0070C5;" href="http://www.platinum-pen.co.jp/ink_cleaner_top.html" target="_blank">顔料インク・染料インク共用万年筆専用インククリーナーキット | プラチナ万年筆</a><br /> <span style="color: #808080;font-size: 80%;">●製品仕様:インク洗浄液10g(アルミパック入り)5パック入  洗浄スポイト1本(軟質ポリエチレン)</span></td> </tr> </tbody> </table> <br /> <ul> <li><strong>プラチナ万年筆専用(ICL-1200)</strong></li> <li><strong>ヨーロッパサイズ専用(ICL-1200E)</strong></li> </ul> <br /> <p>2種類ありますが、違いはスポイトの形状だけかな。</p> <p>カキモリさんのローラーボールはヨーロッパサイズが適合するとのことですが、スポイトの用途を見る限り付属のコンバーターで間に合いそうなので、私はプラチナ万年筆用(ICL-1200)のほうを買いました。</p> <p>プラチナ用のスポイトはpreppyの洗浄に便利にシュパシュパ使ってます。プラチナのコンバーター空いてないからちょうどよかった。</p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003YNK1CM/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラチナ 万年筆インククリーナーキット 染料、顔料インク共用" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41n1DPCX0tL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003YNK1CM/mikannomoto0c-22">万年筆インククリーナーキット ICL-1200</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラチナ萬年筆</div></div></div> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0064Y1R62/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラチナ 万年筆インククリーナーキット 染料、顔料インク共用 ヨーロッパサイズ用" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Gza5wbA3L._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0064Y1R62/mikannomoto0c-22">万年筆インククリーナーキット ヨーロッパサイズ ICL-1200E</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラチナ萬年筆</div></div></div> <br /> <h3>洗浄方法</h3> <ul> <li><a target="_blank" href="http://www.kakimori.com/wp286/?p=2580" style="color:#0070C5;">前略 カキモリより » Blog Archive » カキモリのローラーボールの推奨メンテナンス方法</a>(再掲)</li> <li><a target="_blank" href="http://www.platinum-pen.co.jp/ink_cleaner_top.html" style="color:#0070C5;">顔料インク・染料インク共用万年筆専用インククリーナーキット | プラチナ万年筆</a></li> </ul> <p>上記を参考に、一応自分がおこなった手順も簡単に書いておきます。<br /> スポイトの代わりにコンバーターを使いました。</p> <ol> <li>洗浄液1パック10mlを水100mlで薄める。</li> <li>ペン先をひたしてしばらく置く。(※)</li> <li>コンバーターで水を1〜2回出し入れする。</li> </ol> <p>1回分の洗浄液で何本まで洗えるのか分かりませんが、2本とも入れてみました。</p> <p>(※)染料インクの場合、軽微なよごれなら2〜3時間で大丈夫とのこと。自分は6時間ほど置きました。</p> <p>コンバーターは、洗浄液を吸入して内部の隅々にいきわたらせてから水洗いしたところ、それだけでもけっこう落ちました。ペン先といっしょに浸け置きしようか迷ったけど、余計なものを突っ込んで肝心のペン先の洗浄効果が薄れてもあれなので、コンバーターは軽く洗うのにとどめました。手探り手探りです。</p> <br /> <h3>洗浄後</h3> <p>こびりついていた青インクがきれいに落ちました!<br /> (ちなみにインクは神戸インク物語のゴッホコバルト)</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="600" alt="青ローラーボール洗浄前後" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/rollerball-clean-beforeafter.jpg" /><br /> <span style="font-size: small;">▲洗浄前と洗浄後</span></p> <br /> <p>丸一日以上乾燥させ、インクを入れて、数日後。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="283" alt="ローラーボール洗浄乾燥後ロイヤルブルー" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/rollerball-clean-pelikan-rb.jpg" /></p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="283" alt="ローラーボール洗浄乾燥後ココアブラウン" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/rollerball-clean-cocoabrown.jpg" /><span style="font-size: small;"><br /></span></p> <br /> <p>このとおり、復活です!よかったー♪</p> <br /> <h3>今後</h3> <p>今後は<strong>「毎日使わないならインクを入れるな」「1日放置したら詰まると思え」</strong>をモットーに掲げたい所存です。まあ、あくまで理想…。</p> <p>なかなか手間がかかりますが、それを引いて余りある魅力があるので使ってます。なんか独特なんだよね。</p> <p>それに、我が家では貴重な太字、0.7mm。<br />普段は細字がメインでも、たまに太い線を書きたくなる時ってありますよね、万年筆インクで。濃淡もきれいだし。そんな時に重宝します。って、常用しないとまた詰まるぞ?あーっ;</p> <p>最近、0.5mm版も発売されたようです。けっこう人気みたいで品切れなんですね?<br />0.5mmのほうが汎用的に使えそうだけど、これ以上は管理しきれないよなぁ。</p> <ul> <li><a style="color:#0070C5;" href="http://www.kakimori.com/wp286/" target="_blank">前略 カキモリより</a></li> </ul> <br /> <p>《関連記事》<br /> <a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-244.html" style="color:#0070C5;">[文具] カキモリさんオリジナルのローラーボール</a></p> <br /> <br /> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001TBQ09O/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="75" height="56" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41Z16GHEihL._SL75_.jpg" alt="ペリカン ボトルインク ロイヤルブルー 4001/76 正規輸入品" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001TBQ09O/mikannomoto0c-22" target="_blank">ペリカン ロイヤルブルー</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">Pelikan</div></div></div> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP3YPE/mikannomoto0c-22"><img width="64" height="75" style="border: none" alt="エルバン トラディショナルインク ココアブラウン 30ml hb13045" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Pz9CmC4sL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP3YPE/mikannomoto0c-22">エルバン ココアブラウン</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">エルバン</div></div></div> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003YNK1CM/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラチナ 万年筆インククリーナーキット 染料、顔料インク共用" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41n1DPCX0tL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003YNK1CM/mikannomoto0c-22">万年筆インククリーナーキット ICL-1200</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラチナ萬年筆</div></div></div> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0064Y1R62/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラチナ 万年筆インククリーナーキット 染料、顔料インク共用 ヨーロッパサイズ用" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Gza5wbA3L._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0064Y1R62/mikannomoto0c-22">万年筆インククリーナーキット ヨーロッパサイズ ICL-1200E</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラチナ萬年筆</div></div></div> <br /> <p>以上。</p>
270

[万年筆INK] 神戸インク物語 岡本ピンク

ずっと在庫切れであきらめかけていた岡本ピンク、ようやく買えて歓喜です!! ▲GRAPHILOにガラスペンで ぱっと紙面が春めきます。嗚呼めんこい(∩´∀`)∩  黄色味のある明るいピンク ▲もぎたてのみずみずしい瞬間 サーモンピンクというかコーラルピンクというか、黄色味のある華やかな明るいピンクですね。 ▲トモエリバーにkakuno(M)で ▲トモエリバーにセレモ(F)で 書いた直後は、蛍光レッドと蛍光オレンジを足... <p>ずっと在庫切れであきらめかけていた岡本ピンク、ようやく買えて歓喜です!!</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="283" alt="岡本ピンク - ボトルと" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/okamotopink-bottle.jpg" /><br /> <span style="font-size: small;">▲GRAPHILOにガラスペンで</span></p> <br /> <p>ぱっと紙面が春めきます。嗚呼めんこい(∩´∀`)∩&#160;</p> <br /> <h3>黄色味のある明るいピンク</h3> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="300" alt="岡本ピンク - うるうる" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/okamotopink-uruuru.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲もぎたてのみずみずしい瞬間</span></p> <br /> <p>サーモンピンクというかコーラルピンクというか、黄色味のある華やかな明るいピンクですね。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="300" border="0" height="424" alt="岡本ピンク - kakunoM - 感謝" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/okamotopink-kakuno-arigato.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーにkakuno(M)で</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="300" alt="岡本ピンク - 縦書き - セレモF_3" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/okamotopink-tategaki3.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーにセレモ(F)で</span></p> <br /> <p><strong>書いた直後は、蛍光レッドと蛍光オレンジを足したようなまぶしさ</strong>を放ちますが、ほどなくして<strong>乾くと少し落ち着いて赤味が出る</strong>感じ。赤ピンク化するというか。時折、朱色を淡くしたようにも感じます。素敵だ。</p> <p>もうなんだこの<span style="font-size: x-large;"><strong>尋常じゃない可愛さ</strong></span>は!!<strong><span style="font-size: xx-large;">爆裂</span></strong>である!!</p> <p>あまりに明る過ぎて、現在の我が家の渋色陣営の中で浮いております(笑)</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="300" border="0" height="300" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/okamotopink-urara.jpg" alt="岡本ピンク - 「麗」" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲春うらら色</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="300" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/okamotopink-oboroge.jpg" alt="岡本ピンク - おぼろげ" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲たまらぬ!</span></p> <br /> <h3>色の比較:桜森、イナゴマメレッド 他</h3> <ul> <li>ナガサワ&#160;神戸インク物語 岡本ピンク</li> <li>セーラー 四季彩 桜森</li> <li>エルバン イナゴマメレッド</li> <li>エルバン アンカーブラウン</li> <li>エルバン アンティークブーケ</li> <li>パイロット 色彩雫 秋桜</li> <li>プラチナ レッド(カートリッジ)</li> </ul> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="450" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/okamotopink-7pinks.jpg" alt="岡本ピンク - 7色比較" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーにガラスペンで</span></p> <br /> <p>この写真だとプラチナのレッドがいちばん近いかな?<br /> 文字の色は岡本ピンクです。</p> <h6>プラチナのレッド</h6> <p>プラチナのレッドは、preppyに付属のカートリッジから採取(?)しました。赤preppyを買うたびに増えていったカートリッジ。先生の採点ペンのような赤ですよね。小1の頃、この色で採点したいがために教師になりたいと思ってました。懐かしい。</p> <h6>桜森、アンカーブラウン</h6> <p>桜森は、<strong>守って差し上げたくなるような</strong>優しいピンク。渋いかと思えば意外と明るかったりして。</p> <p>何より名前がずるいよなぁ、桜森って。<br /> 乾燥して濃く出るとアンカーブラウンっぽくもあります。アンカーブラウンのピンク味を実感する瞬間です。ピンクの隣に並べたら茶色にしか見えないかと思ったけど、うっすらとピンクが見え隠れしてて面白い。</p> <h6>イナゴマメレッド</h6> <p>イナゴマメレッドは、ずばり入手困難な岡本ピンクに似た色を探してたどり着いたインク。イナゴマメレッドに水を加えて薄めて使ってた時期もありました。上の写真だとそうでもないけど、みずみずしいと<strong>トマトっぽい</strong>です。</p> <h6>秋桜</h6> <p>秋桜は、実にはっきりとしたピンクで、この中では最もピンクの王道という感じ。フローによって印象がかなり変わるかも?ほどほどの濃さで出てくれるとほんのり黄色味を感じる気がします。</p> <h6>アンティークブーケ</h6> <p>我が家で一番付き合いの長いピンク、アンティークブーケは、岡本ピンクとはまた違う趣のある枯淡ピンク。どちらもお気に入りであることには違いないです。</p> <br /> <h3>"幸玉"</h3> <p>岡本ピンク、まことに個人的かつ自己満足な脳内イメージでは、カプコンの和風神ゲー<strong>「大神」</strong>に出てくる<strong>「幸玉<span style="font-size: small;">(さちだま)</span>」</strong>なんですよね。</p> <p>「幸玉」は、花を咲かせてもらった枯れ木やエサをもらった動物が、主人公アマテラスに捧げる<strong>感謝の気持ちのようなもの</strong>。アマテラスは、<strong>生きとし生けるものたちを幸せにして「幸玉」を集めながら、どんどん強くなり</strong>ます。熱い…!!</p> <p>その「幸玉」の色が岡本ピンクとそっくりかっていうと、そうでもないんですが、あくまでイメージですから。理屈や後付けじゃないんだ!岡本ピンクを見た時の感覚が、<strong>「大神」の優しくて温かくてにぎやかな世界観と合ってる</strong>気がするんですよね。呪われた大地が一気に浄化されて草花が咲き乱れる爽快なシーンも彷彿とするし。</p> <p>岡本というところは梅の名所だそうですね。ニッポンの、花の色。なんだかますますしっくり来るというかね。<span style="font-size: small;">こじつけですみませんが。</span></p> <br /> <p><span style="font-size: small;">▼「絶景版」ですらもう5年も前という事実に驚きを隠せない。オリジナルは更に昔…</span></p> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008CMDSOI/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="65" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61lBY-y-36L._SL75_.jpg" alt="大神 絶景版" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008CMDSOI/mikannomoto0c-22" target="_blank">大神 絶景版</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-platform">PlayStation 3</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">カプコン</div></div></div> <br /> <h3>あとがき</h3> <p>神戸インク物語、銀座・伊東屋(G.ITOYA)3Fにて常設販売開始ということで、都内在住の人間としては非常にお求めやすくなってしまった。既にネットでも買えるものは買ってたけど。</p> <p>何はともあれ、念願の岡本ピンクが手元に来てくれたことがうれしいです。</p> <p>《参考記事》<br /> <a style="color:#0070C5;" href="http://www.nichima.co.jp/news/entry/2883.html" target="_blank">ナガサワの「Kobe INK物語」、銀座・伊東屋で販売開始 披露イベント - 文マガ</a><br /> <span style="color: #808080;font-size: 80%;">手作りのため生産が追いつかないということだったが、今回供給体制が整ったことから販売する ...</span></p> <br /> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01CY9CXLI/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="75" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41Imkb2Pl2L._SL75_.jpg" alt="セーラー万年筆 万年筆ボトルインク ジェントル 四季彩 13-1005-212 桜森" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01CY9CXLI/mikannomoto0c-22" target="_blank">四季彩 桜森</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">セーラー万年筆</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP1XA2/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="64" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51I2Jtp-syL._SL75_.jpg" alt="エルバン トラディショナルインク イナゴマメレッド 30ml hb13022" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP1XA2/mikannomoto0c-22" target="_blank">イナゴマメレッド 30ml</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">エルバン</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP1XL6/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="63" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51URSBpDaYL._SL75_.jpg" alt="エルバン トラディショナルインク アンカーブラウン 30ml hb13058" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP1XL6/mikannomoto0c-22" target="_blank">アンカーブラウン 30ml</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">エルバン</div></div></div> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP06SC/mikannomoto0c-22"><img width="64" height="75" style="border: none" alt="エルバン トラディショナルインク アンティークブーケ 30ml hb13064" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51z4lOMeILL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP06SC/mikannomoto0c-22">アンティークブーケ 30ml</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">エルバン</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005JWIRWC/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="75" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41OEKwmE-eL._SL75_.jpg" alt="パイロット ボトルインク 色彩雫(いろしずく) 50ml INK-50-KM 秋桜" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005JWIRWC/mikannomoto0c-22" target="_blank">色彩雫 秋桜 50ml</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">パイロット</div></div></div> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001D7V5BW/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="75" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/5160Y8qq8QL._SL75_.jpg" alt="プラチナ萬年筆 デスクペンカートリッジインク 赤 &#160;SPSQ-400#2" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001D7V5BW/mikannomoto0c-22" target="_blank">カートリッジインク 赤 SPSQ-400#2</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">プラチナ萬年筆</div></div></div> <p>以上。</p> <br />
269

[文具] プチデコラッシュでほぼ日手帳に棒グラフ

ほぼ日手帳カズンの年間インデックスで、日々の歩数を棒グラフにしてます。 プチデコラッシュを使ってみたらけっこう気に入ったので、色鉛筆から変更してみました。 柄は、細幅の「色えんぴつピンク」です。 プチデコラッシュ 細幅 色えんぴつピンク Posted with Amakuri プラス ほぼ日手帳カズンの方眼は3.7mm、プチデコラッシュの細幅は4.2mmですが、柄自体は罫線内に収まります。むしろ余白がちょうどいい具合になる。 ... <p><strong>ほぼ日手帳カズンの年間インデックスで、日々の歩数を棒グラフ</strong>にしてます。<br /> プチデコラッシュを使ってみたらけっこう気に入ったので、色鉛筆から変更してみました。</p> <p>柄は、細幅の「色えんぴつピンク」です。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="300" alt="プチデコラッシュ - 色えんぴつピンク本体と" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/petitdeco-pink-hontai-graph.jpg" /></p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VRK124A/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラス デコレーションテープ プチデコラッシュ DC-044-1 細幅 色えんぴつピンク 48-905" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41b6GvauORL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VRK124A/mikannomoto0c-22">プチデコラッシュ 細幅 色えんぴつピンク</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラス</div></div></div> <br /> <p><strong>ほぼ日手帳カズンの方眼は3.7mm</strong>、<strong>プチデコラッシュの細幅は4.2mm</strong>ですが、<strong>柄自体は罫線内に収ま</strong>ります。<br />むしろ余白がちょうどいい具合になる。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="225" border="0" height="169" alt="プチデコラッシュ - 棒グラフ" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/petitdeco-graph-hougan.jpg" /> <img width="225" border="0" height="169" alt="プチデコラッシュ - 棒グラフ - みっちりと" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/petitdeco-micchiri.jpg" /><br /> <span style="font-size: small;">▲光にかざすとテープ全体は隙間なくみっちり引けてるのがわかります。</span></p> <br /> <p>手帳の年間インデックスはこんな感じです。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="300" border="0" height="225" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/petitdeco-index-graph.jpg" alt="プチデコラッシュ - 棒グラフ - 年間インデックス" /><br /> <span style="font-size: small;">▲上3つは色鉛筆で描いた紫の線が透けてます。</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="121" border="0" height="121" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/petitdeco-index-graph-moji.jpg" alt="プチデコラッシュ - 棒グラフ - 年間インデックス文字上" /><br /> <span style="font-size: small;">▲一応下の字も読めるのでOKOK。</span></p> <br /> <p>万年筆で書いた文字にの上に重ねてもにじまない点が良いですね。もちろん、インクが乾いてから引きますけど。<br />なんかこう、ピシっと<strong>封印する感じ</strong>がする(笑)</p> <p>色は個人的にはもうちょっと薄いほうが好みだなぁ。<br /> たとえばプチモジライナーの「ふんわりピンク」くらいのね。<br />文字の上に引くならなおさら「(プチ)モジライナー」のほうが適任。</p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N405QQV/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラス マーキングテープ プチモジライナー ふんわりピンク" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41vAiCn73xL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N405QQV/mikannomoto0c-22">プチモジライナー ふんわりピンク</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラス</div></div></div> <br /> <p>でも、プチモジライナーは幅が6mmしかないらしく…。3.7mm方眼罫にはどうしたってはみ出し必至。<br /> よって、4.2mmのプチデコラッシュのラインナップから選びました。</p> <br /> <div style="text-align: center;"></div> <table> <thead> <tr> <th style="text-align: center;"></th> <th style="text-align: center;">テープ幅</th> <th style="text-align: center;">テープ長</th> <th style="text-align: center;">税抜価格</th> </tr> </thead> <tbody> <tr> <td style="text-align: center;">プチデコラッシュ</td> <td style="text-align: center;">6mm / 4.2mm</td> <td style="text-align: center;">3m(きらり) / 4m</td> <td style="text-align: center;">¥200</td> </tr> <tr> <td style="text-align: center;">プチモジライナー</td> <td style="text-align: center;">6mm</td> <td style="text-align: center;">4m</td> <td style="text-align: center;">¥200</td> </tr> </tbody> </table> <div style="text-align: center;"></div> <span style="font-size: small;">(2017/02/24現在、わたし調べ)</span><br /> <ul> <li><a target="_blank" href="https://bungu.plus.co.jp/product/deco/petit_decorush/index.html" style="color:#0070C5;">プラス株式会社ステーショナリーカンパニー / デコレーションテープ プチデコラッシュ</a></li> <li><a target="_blank" href="https://bungu.plus.co.jp/product/deco/mojiliner/petit_mojiliner.html" style="color:#0070C5;">プラス株式会社ステーショナリーカンパニー / マーキングテープ プチモジライナー</a></li> </ul> <br /> <p>そうそう、手が汚れない点もまた良いです。たとえばスタンプだと、押した直後にうっかりこすって紙や手を汚しがち(それも醍醐味ではある)だけど、テープは実にスマート。プリントしたようにつるんときれいな柄が付く。</p> <p>あと、消そうと思えば消せるというのも気楽ですね。デコラッシュ専用消しゴムなんてものがありますね。モジライナーにも共通で使えるという。<br /> 個人的にはあまり消す必要性を感じてないし、普通の消しゴムで頑張れば消せないこともない。家にあったMONO消しゴムで一応消せました。トモエリバー上で。あくまで"一応"レベルですが。</p> <p>専用消しゴムについてはこちらの記事が参考になります。</p> <p>《参考》</p> <ul> <li><a target="_blank" href="http://www.pirameko-life.com/?p=7854" style="color:#0070C5;">デコラッシュやプチモジライナーには、やはり専用の消しゴムを使うべきなのか? | ぴらめこな生活</a></li> <li><a target="_blank" href="http://powertac.blog.shinobi.jp/Entry/1725/" style="color:#0070C5;">たこぶろぐ プチデコラッシュの専用消しゴムを使ってみた</a></li> </ul> <div style="text-align: center;"></div> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="283" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/decorush-iroiro.jpg" alt="デコラッシュいろいろ201702" /><br /> <span style="font-size: small;">▲ああ楽し</span></p> <div style="text-align: center;"></div> <br /> <p>今回は棒グラフかつ下の文字が見やすいということで、マーカー的なライン柄にしましたが、他にもまあ心くすぐる柄がいろいろあって困る。思考停止でただ引くだけで可愛くて、気分が上がりますね。</p> <br /> <p>《関連記事》<br /> <a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-267.html" style="color:#0070C5;">[手帳] ほぼ日手帳カズンに戻して1ヵ月、2017年はこんな感じで</a></p> <br /> <div style="text-align: center;"></div> <p>▼この「きらり〜」シリーズはメタリックな光沢が素敵。</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0px 20px 0px 0px;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0166EZZDA/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラス きらり プチデコラッシュ きらり細幅コラージュD 49-064" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2BRAbuZcaL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0166EZZDA/mikannomoto0c-22">きらりプチデコラッシュ きらり細幅コラージュD</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラス</div></div></div> <p>▼アンティークな車、万年筆、時計の3種類のパック。よく使う柄はもちろん万年筆です。</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0px 20px 0px 0px;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AR0VXK4/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラス デコラッシュ ストーリーパック DC-ST-6 47-154 レトロ" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51wlS%2Bw1syL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AR0VXK4/mikannomoto0c-22">デコラッシュ ストーリーパック レトロ</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラス</div></div></div> <p>▼10mm幅のワイドデコラッシュ。この果物柄、抜群に可愛いと思う…!</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0px 20px 0px 0px;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BONGAVE/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="プラス ワイドデコラッシュ くだもの DC-070-13 49-143" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41XX9TAHbtL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BONGAVE/mikannomoto0c-22">ワイドデコラッシュ くだもの</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">プラス</div></div></div> <p>以上。</p> <div style="text-align: center;"></div>
  • Date : 2017-02-24 (Fri)
  • Category : 文具
268

[万年筆INK] 梅田スカイブルー

「スモーキーな水色」というのにびびびと惹かれて購入。 梅田 蔦屋書店オリジナルインク 全4色 販売 梅田 蔦屋書店(オンラインショップ) 2016年の夏に発売、数量限定とのこと。 ※2017/02/21現在、完売のようです…。 一度はスルーしたんですけども。 なんかもう気になってしょうがないなら買ったらいいじゃない? 今使わずしていつ使うのか! という声が天からですね。 冬空色 まさにその名のとおり、スモーキーで落ち着いた水... <p>「<strong>スモーキーな水色</strong>」というのにびびびと惹かれて購入。</p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="300" alt="梅田スカイブルー - ボトルと" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/umedaskyblue-bottle.jpg" /></p> <p><a target="_blank" href="http://real.tsite.jp/umeda/event/2016/09/-4-2.html">梅田 蔦屋書店オリジナルインク 全4色 販売</a><br /><a target="_blank" href="https://shopping.geocities.jp/umd-tsutayabooks/index.html"> 梅田 蔦屋書店(オンラインショップ)</a></p> <p>2016年の夏に発売、数量限定とのこと。<br /> <span style="font-size: small;">※2017/02/21現在、完売のようです…。</span></p> <p>一度はスルーしたんですけども。<br /> なんかもう気になってしょうがないなら買ったらいいじゃない?<br /> 今使わずしていつ使うのか!<br /> という声が天からですね。</p> <br /> <h3>冬空色</h3> <p>まさにその名のとおり、スモーキーで落ち着いた水色。<br /> ちょうど今の時期の、冬の空という感じがします。夏のパワフルな青空ではなく、<strong>静かな空のイメージ</strong>。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="338" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/umedasukyblue-moji-14kstandard-kimiko.jpg" alt="梅田スカイブルー - 14Kスタンダード - エッセイ" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーに14Kスタンダード(EF)で</span></p> <br /> <p>極細字で書いても、淡過ぎるということはなく、<strong>適度な濃さ</strong>があると思います。<span style="font-size: small;"><br /> </span></p> <p>また、ほどよく枯れた味わいがあるので、エルバンのココアブラウンと並べても違和感なし。<br /> これはポイント高しです。なぜなら私の手帳はココアブラウンを中心に回ってるといっても過言ではないので!<br /> 早速、手帳の青色担当に抜擢しました。</p> <p>かと思えば、軽率にセーラーの桜森と並べると若干「キキララ感」が出るという。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="337" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/umedaskyblue-sakuramori-daiso.jpg" alt="梅田スカイブルー - 桜森とDAISOで競演" /><br /> <span style="font-size: small;">▲ダイソー万年筆、シールを貼って区別してます</span></p> <br /> <p>落ち着いてる一方でこんなキュンキュンな雰囲気も醸し出せるの、君?守備範囲広くないかい?<br /> 写真はちょっと色が濃いめに出てるかもしれません。が、それにしても…すまんがしまってくれんか、わしにはファンシー過ぎる…!</p> <br /> <h3>色の比較:ブルーアズール 他</h3> <p>青系インクと比較してみました。</p> <ul> <li>梅田蔦屋書店 梅田スカイブルー</li> <li>エルバン ブルーアズール</li> <li>エルバン ナイトブルー</li> <li>パイロット 色彩雫 紫陽花</li> <li>パイロット 色彩雫 紺碧</li> <li>ペリカン ターコイズ</li> </ul> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="395" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/umedaskyblue-6blues.jpg" alt="梅田スカイブルー - 青6色比較" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーにガラスペンで</span></p> <p>改めて絶妙な良い色だなぁと。<br /> ブルーアズールをちょっと曇らせた感じかな?むしろもっとスモーキーでもいいかも。<br /> 紺碧やターコイズは元気な空色、梅田スカイブルーは控えめな空色って感じがします。どれもそれぞれに良い。<br /> 文字の色も梅田スカイブルーです。</p> <p>ガリ◯リ君…じゃなかった、ブルーアズールは、なんかもう「水」かなと思う。清涼感は抜群ですね。爽やか。</p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="300" alt="梅田スカイブルー - ぐりぐり" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/umedaskyblue-guriguri.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲GRAPHILOにガラスペンで</span></p> <p>限定物ということで、使い切ったら終わりという切なさがありますが、素敵な空色のひとつとして愛用していこうと思います。</p> <p>冬場は梅田スカイブルー、夏場はブルーアズール、なんて使い分けるのもいいかもなぁ。</p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP06DW/mikannomoto0c-22"><img width="64" height="75" style="border: none" alt="エルバン トラディショナルインク ブルーアズール 30ml hb13012" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51xDyXOv4%2BL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP06DW/mikannomoto0c-22">エルバン ブルーアズール 30ml</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">エルバン</div></div></div> <p>以上。</p>
267

[手帳] ほぼ日手帳カズンに戻して1ヵ月、2017年はこんな感じで

「万年筆ならやっぱりトモエリバー!」「たくさん書けるA5がいい!」ということで、2017年は再びほぼ日手帳カズンにしました。 広々とした紙面でお気に入りの万年筆を走らせ、うふふあはは状態の今日この頃です。 私にとっての手帳は、自宅でのみ使用する実用性不問のぬるいライフログ趣味日記、みたいなものです。スケジュール管理もしてないし、ビジネス要素もゼロ。 ▲システミックカバーにまたお世話になるよ 改めて1ヵ月使... <p><strong>「万年筆ならやっぱりトモエリバー!」「たくさん書けるA5がいい!」</strong>ということで、2017年は再びほぼ日手帳カズンにしました。</p> <p>広々とした紙面でお気に入りの万年筆を走らせ、うふふあはは状態の今日この頃です。</p> <p>私にとっての手帳は、<strong>自宅でのみ使用する実用性不問のぬるいライフログ趣味日記</strong>、みたいなものです。スケジュール管理もしてないし、ビジネス要素もゼロ。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="338" alt="ほぼ日2017 - ペンとインデックスと" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/hobo2017-pen-index.jpg" /><br /> <span style="font-size: small;">▲システミックカバーにまたお世話になるよ</span></p> <br /> <p>改めて1ヵ月使ってみて、書き方が定着してきました。<br /> あ、実際の紙面の写真はあまり載せてません。プライベートの極みなのでね〜。</p> <br /> <h3>わたし的ポイント3つ</h3> <p>週間ダイアリーにおけるわたし的ポイントを3つ。</p> <p>全体的に<strong>メリハリ</strong>を付けることを心がけてます。<br /> 私は<strong>ついごちゃごちゃと雑多に書きがち</strong>なんですよね。なので視認性を意識しました。</p> <h5>1.「誰と」で色分け、道具は不問</h5> <p>主に<strong>誰と会ったか、誰の用事か</strong>で、文字の色や時間軸を色分けしてます。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="318" alt="梅田スカイブルー - 手帳文字色案" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/umedaskyblue-moji-hobo2017.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲時間軸の色は今のところマイルドライナーを使用。幅もぴったり。</span></p> <br /> <ul> <li><span style="color: rgb(255, 204, 0);">●</span> 友人、知人:黄または橙   例)友人とお茶</li> <li><span style="color: rgb(153, 204, 0);">●</span> 親族   :緑       例)実家に帰省</li> <li><span style="color: rgb(255, 153, 204);">●</span> 夫婦   :桃または紫   例)ふたりで外出</li> <li><span style="color: rgb(51, 102, 255);">●</span> 夫    :青       例)夫の歯医者  <span style="font-size: small;">※書いたり書かなかったり気まぐれ。</span></li> <li><span style="color: rgb(102, 51, 51);">●</span> 自分のみ :茶       例)ひとりで買い物</li> </ul> <br /> <p><strong>茶色を基本色</strong>とし、誰に関する記述かひと目で分かるように。</p> <p>加えて、下記の時間軸にも色を塗ってます。</p> <br /> <ul> <li><span style="color: rgb(128, 128, 128);">●</span> 睡眠時間:グレー</li> <li><span style="color: rgb(255, 0, 0);">●</span> 勤務時間:赤</li> </ul> <br /> <p>つまり、読み返した時に時間軸に色が付いてたら、仕事中、睡眠中、誰かと会ってる時、外出時のいずれか。</p> <p><strong>道具は不問</strong>。万年筆に限定せず、色鉛筆でもボールペンでもOK。とにかく<strong>固定するのは色の系統だけ</strong>。<br /> 黄色系はこれ、青系はこれ、とガチガチに固定したところで、気は変わる。過去の失敗から学びました。</p> <br /> <p>▼基本の茶色はずっとこれ。私の鉄板インク。</p> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP3YPE/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="64" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Pz9CmC4sL._SL75_.jpg" alt="エルバン トラディショナルインク ココアブラウン 30ml hb13045" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002MP3YPE/mikannomoto0c-22" target="_blank">ココアブラウン 30ml hb13045</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">エルバン</div></div></div> <br /> <p>▼もっと渋くてもいいな。</p> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0027MA9FA/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="75" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41GTda-V12L._SL75_.jpg" alt="ゼブラ 蛍光ペン マイルドライナー 渋マイルド色 NC5色 WKT7-5C-NC" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0027MA9FA/mikannomoto0c-22" target="_blank">蛍光ペン マイルドライナー 渋マイルド色 NC5色 WKT7-5C-NC</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">ゼブラ</div></div></div> <br /> <h5>2.アイコンは手描きかスタンプか</h5> <p>何にせよ基本的に頭にアイコンを付けて書いてます。</p> <p>食事、入浴、洗濯などの<strong>生活上のルーチンは手描き</strong>で済ませ、それ以外の、たとえば本読了時や映画鑑賞時、お土産を頂いた時など、<strong>特筆すべきものは</strong><a style="color:#0070C5;" href="http://www.torinoha.com/?mode=cate&cbid=668522&csid=0" target="_blank"><strong>鳥の葉工房さんのスタンプ</strong></a>で目立たせてます。</p> <p>全部スタンプだと手間がかかるし、サイズ的にも窮屈になる。じゃあ全部手描きでいいかっていうと、「いやスタンプも使いたいのよ!鳥の葉工房さんのスタンプを!!」ということで、折衷案。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="474" alt="ほぼ日2017 - 週 - 手描きアイコン凡例" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/hobo2017-w-icon-example.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲絵柄はまだ検討の余地あり…</span></p> <p style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/img/icon-torinoha-book-gutara.jpg/"><img width="400" border="0" height="131" alt="鳥の葉工房アイコン - 読書" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/icon-torinoha-book-gutara.jpg" /></a><br /> <span style="font-size: small;">▲インクはカラーキスのセピア。そろそろ寿命かな?</span></p> <br /> <p>スタンプはその都度押すのではなく、一週間分まとめて押してます。インクも茶色で統一。</p> <br /> <h5>3.移動時間も考慮してみる</h5> <p>移動時間を点線で書いてます。</p> <p>時間の正確さにはそこまで重点を置いてませんが、少しでも時間の使い方を把握し、「何をしてたか不明」な空白の時間をなるべくなくそう、という試み。矛盾してるようだけど。</p> <br /> <h3>どこに何を書いてるか</h3> <p>以下、具体的にどのフォーマットに何を書いてるか。</p> <ul> <li><a href="#year">年間インデックス:健康</a></li> <li><a href="#month">月間カレンダー :交際&収支&娯楽</a></li> <li><a href="#week">週間ダイアリー :その日の行動</a></li> <li><a href="#day">1日ページ   :何でもあり</a></li> </ul> <h5 id="year">年間インデックス:健康</h5> <p>内容:睡眠時間、生理、お通じ、腹痛、歩数 など <br /> 頻度:基本的に毎日</p> <ul> <li>iPhoneアプリ「<a target="itunes_store" href="https://itunes.apple.com/jp/app/chaojibun-guan-li-rizumukea/id1032666232?mt=8&uo=4&at=11l8nG">リズムケア</a>」で記録したものを見て記入。</li> <li>歩数は右から左へ棒グラフ。5,000歩スタートで中央が10,000歩、左端が15,000歩。</li> <li>睡眠時間が8時間未満の場合は印を付けて注意喚起。</li> <li>月末に余白に所感を。</li> </ul> <p>なお1月の所感には「風邪なめるな」って書いときました。毎年のように寝込んでる気がする…。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="127" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/hobo2017-y-hosu.jpg" alt="ほぼ日2017 - 年 - 15000歩" /></p> <p>《関連記事》</p> <ul> <li><a style="color:#0070C5;" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-261.html" target="_blank">デジタル&アナログで記録中のライフログ 2016(1)生活編</a></li> </ul> <h5 id="month">月間カレンダー:交際&収支&娯楽</h5> <p>内容:出/休、行った場所、収支、購入品、贈答品、読んだ本、観た映画 など<br /> 頻度:都度または月末</p> <ul> <li><a style="color:#0070C5;" href="http://www.torinoha.com/?mode=cate&cbid=668522&csid=0" target="_blank">鳥の葉工房さんのスタンプ</a>をアイコン的に使用。</li> <li>先述の色分けルールに則り、日付の横に丸印を。</li> <li>収支はiPhoneアプリ「<a target="itunes_store" href="https://itunes.apple.com/jp/app/jia-ji-buotonanookodzukai/id933475348?mt=8&uo=4&at=11l8nG">おとなのおこづかい帳</a>」を見て月末に記入し意識付け。</li> <li>購入品および贈答品は週間ダイアリーから拾って余白に記入。</li> <li>読んだ本、観た映画なども週間ダイアリーから拾って余白に記入。</li> </ul> <p>本や映画の他、面白かったドラマや熱中したゲーム、よく弾いた曲、感動した音楽など、心の動いた作品も適宜書きます。</p> <p>月間カレンダーは、<strong>週間ダイアリーから主なできごとをピックアップしたダイジェスト版</strong>といったところですかね。</p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="283" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/torinoha-stamp-201702.jpg" alt="鳥の葉工房スタンプ201702" /><br /> <span style="font-size: small;">▲アイコンに大活躍の鳥の葉工房さんスタンプ</span></p> <br /> <h5 id="week">週間ダイアリー:その日の行動</h5> <p><strong>週間ダイアリーを見ればその日のことがありありと思い出せる</strong>ようにしたい。</p> <p>内容:食事、心身の調子(顔イラスト)、天気、購入品、贈答品 など <br /> 頻度:毎日</p> <ul> <li>先述のとおり、何をして過ごしたかを、手描きもしくは<a style="color:#0070C5;" href="http://www.torinoha.com/?mode=cate&cbid=668522&csid=0" target="_blank">鳥の葉工房さんのスタンプ</a>でアイコン付きで記入。</li> <li>先述の色分けルールに則り、時間軸を塗る。</li> <li>先述のとおり、移動時間を点線で。</li> <li>余白にはイラストやインク履歴を。</li> </ul> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="208" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/hobo2017-w-ameatamaitai.jpg" alt="ほぼ日2017 - 週 - 上部に天気と顔" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲天気は今のところフリクションスタンプを使用。</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="153" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/hobo2017-w-newink.jpg" alt="ほぼ日2017 - 週 - インク瓶はんこ" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲インクを変えたら余白に明記。</span></p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00PZUAO0G/mikannomoto0c-22"><img width="75" height="75" style="border: none" alt="フリクションスタンプ 【雨】インキ色:ブルー SPF1230L" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31N2RWtPFXL._SL75_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00PZUAO0G/mikannomoto0c-22">フリクションスタンプ 雨</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">パイロットコーポレーション</div></div></div> <br /> <h5 id="day">1日ページ:何でもあり</h5> <p>書く、貼る、押す、描く、何でもOK。</p> <p>使用した万年筆インクを明記するようにしてます。<br /> 後で読み返した時、色の変化にハッとしたり魅力を再発見したりすることがあるので、その時に何のインクか定かでないと困るからです。「そんなの忘れないよ!」と思ってたのは過去の話…インクを増やした結果ですなぁ。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="138" alt="ほぼ日2017 - 日 - 使用インク明記" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/hobo2017-d-inks.jpg" /></p> <br /> <p>最近は、縦書き横書き混在で書くのが好きですね。ブロック単位で、縦書きのブロックの隣に横書きのブロックというように。<br /> それから、今まで必須アイテムだった下敷きを封印し、筆圧を自然に弱くしようとお試し中です。</p> <br /> <p style="text-align: center;"><img width="250" border="0" height="333" alt="下敷き禁止令" src="//blog-imgs-102-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/shitajiki-kinshirei.jpg" /><br /><span style="font-size: small;">▲下敷き挟む手間もなくなっていいかも</span></p> <br /> <h3>ほぼ日の他に2冊継続</h3> <p>ほぼ日手帳以外にも24年日記とジブン手帳LIFEを継続。<br />そう頻繁には書かないけど、長〜〜い目で見て使用中です。</p> <h5>EDiT24年日記</h5> <p>EDiTで始めた24年日記、ほぼ日の週間ダイアリーを見ながら不定期で書いてます。</p> <p>《関連記事》</p> <ul> <li><a style="color:#0070C5;" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-241.html" target="_blank">[手帳] EDiTで24年連用日記はじめました</a></li> </ul> <h5>ジブン手帳LIFE</h5> <p><a style="color:#0070C5;" href="http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/contents.html#life" target="_blank">ジブン手帳のLIFE</a>のみ単品で。<br /> 家系図、記念日、地図、ジブン年表を使用中です。</p> <p>ただ、家系図や記念日を追記する機会は少なく、旅行もほとんどしないので地図も更新されず、書くとしたらジブン年表なんですが、何を書くかの選別が億劫で…なかなか書けてないのが実情ですが。</p> <p>《関連記事》</p> <ul> <li><a style="color:#0070C5;" href="http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-114.html" target="_blank"> [文具] 「ジブン手帳2015」検討の末、とりあえず「LIFE」だけ買ってみた♪</a></li> </ul> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01JRP1VFG/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="75" height="75" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31K1yHi1ugL._SL75_.jpg" alt="コクヨ ジブン手帳 LIFE ニ-JCL2" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01JRP1VFG/mikannomoto0c-22" target="_blank">ジブン手帳 LIFE</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">コクヨ</div></div></div> <br /> <p>とまあだいたいこんな体制での2017年スタートです! スタートというにはもう2月中旬か!</p> <p>以上。</p>
266

[読書] たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術

コクヨ社員のノートの実例が100通り紹介されている本。 方眼ノート:50通り 横罫ノート:30通り 無地ノート:20通り と罫線別に3つに分類され、解説+写真の見開き2ページ構成。 とても読みやすかったです。 趣味用ノートに何か活かせないかと思い、手に取りました。 中身はビジネス一色でしたが、実用的かつ汎用的で、奇抜なアイデアこそなかったものの、参考になりました。 たった1分ですっきりまとまる コクヨ... <p>コクヨ社員のノートの実例が100通り紹介されている本。</p> <ul> <li>方眼ノート:50通り</li> <li>横罫ノート:30通り</li> <li>無地ノート:20通り</li> </ul> <p>と罫線別に3つに分類され、解説+写真の見開き2ページ構成。</p> <p>とても読みやすかったです。</p> <p>趣味用ノートに何か活かせないかと思い、手に取りました。<br /> 中身はビジネス一色でしたが、実用的かつ汎用的で、奇抜なアイデアこそなかったものの、参考になりました。</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046017619/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="108" height="160" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51nrRcoctqL._SL160_.jpg" alt="たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046017619/mikannomoto0c-22" target="_blank">たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">コクヨ株式会社</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">KADOKAWA</div></div></div> <br /> <h3>感想</h3> <h5>コクヨ製品を全然推さないのね…!</h5> <p>まず、<strong>全部が全部コクヨのノートではない</strong>点に驚き!<br /> 測量野帳(コクヨ)が多い印象はあるものの、無印だったりモレスキンだったり。</p> <p><strong>てっきりコクヨ製品を大々的にアピールされるものと思って</strong>読み始めたので、<strong>いい意味で拍子抜け</strong>。</p> <p>「<span style="font-size: x-large;">ノート自体は何だっていいんですよ。そうでしょう?</span>」</p> <p>と言われているような。</p> <p>ノート術の本なんだから、コクヨに限らずあらゆるノートに当てはまるべき。<strong>汎用的</strong>で、非常に好感を持ちました。</p> <h5>ビジネス一色</h5> <p>ビジネス用途の例がほとんど。<strong>実用性重視</strong>。打ち合わせのメモが多い印象。</p> <p><strong>カラフルで丁寧で美しくまとまったノート…ではなく、走り書きのノートが多めで、リアルで具体的</strong>。</p> <p>コピーを取る時、持ち運ぶ時、お客様の前で使う時、会議の時などを考慮して、それぞれ最適なノートをみなさん選ばれてます。って当たり前か。</p> <p>ノートは買わずに会社の物を使ってる方や、不要なコピー用紙を裏紙として使ってる<span style="font-size: small;">(それノート術?と一瞬思ったが)</span>方も。</p> <p>ただ、あまりにビジネスビジネスで途中からノート術というよりは<strong>「いち社会人の心得」を読んでるような気分</strong>にもなりますね…ってそんなの私だけ?ビジネスいやいや期。まあその割にはさらりと読めましたが。</p> <h5>当たり前!と思ったけど</h5> <p>目からうろこの発想や、真似してみたい点はいくつかありましたが、全体的に斬新なアイデアは意外と少なく、今まで普通にノートを使ってきた人には「当たり前」なんじゃないかと思う例が多かったです。</p> <p>ただ、<strong>ひとつひとつは「手段」としてはすぐ取り入れられそう</strong>なものばかりですが、結局のところ、その<strong>「当たり前」な書き方が身につくかどうか</strong>ですよね。自分に合ったやり方が、無理なく自然と。</p> <p>「当たり前」をないがしろにしてはいけないな、ということで。</p> <br /> <h3>個人的に参考になったもの</h3> <p>個人的に参考になった例をいくつか。</p> <h5>013:サイドインデックスをつくる</h5> <p>最初のページにインデックスを設け、ノートの右端に色を塗り、横からパッと探しやすくするというもの。<br /> タグを付けるイメージだとか。</p> <p>スマートですね。<br /> 映画ノートなんかでやってみようかな。</p> <h5>031:業務によってペンを使い分ける</h5> <p>ペンを使い勝手だけでなく内容で変える。モードの切り替えが自然にできそう。手が覚えそうですよね。</p> <h5>042:黒と赤のサインペンを使う</h5> <p>サインペンにというよりは、太字のペンだと文字数が制限され簡潔に書く訓練になる、という点になるほどです。</p> <h5>046:打ち合わせのメモは前から、発想のメモは後ろから書く</h5> <p>1冊で2通り!荷物も少なく一元化できる!</p> <h5>054:横罫を時間軸にしてスケジュール管理</h5> <p>ノートを横向きにして横罫線を縦に使い、ガントチャート的にスケジュール管理。</p> <p>普通の横罫レイアウトを工夫。コンビニなどでも入手しやすいノートを使っているそうで、特別なノートじゃなくてもちょっと頭を使えばご覧のとおり、という好例でしょうか。</p> <br /> <br /> <p>最後の以外すべて方眼ノートの項目でしたが、こうして見ると特に方眼じゃなくてもよさそう。方眼ならでは、無地ならではの例ももちろんありましたが、罫線の種類を飛び越えてとらえられますね。</p> <br /> <h3>あとがき的な</h3> <p>私自身は職場より自宅でのんびり趣味ノートを書くのが主なので、「カラフル上等!」とまではいかないまでも、丁寧にまとめることが目的にもなってます。</p> <p>そんな実用性そっちのけな私でも、得るものがあってよかったです。</p> <p>ちなみに仕事や勉強のノートは昔から雑です。字は「読めりゃいい」レベル。仕事だとどんなに丁寧に書こうとしても書けない呪いがかかってるんですよ…!</p> <br /> <div class="amakuri-default" style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-image" style="float: left; margin: 0 20px 0 0;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046017619/mikannomoto0c-22" target="_blank"><img width="108" height="160" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51nrRcoctqL._SL160_.jpg" alt="たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術" style="border: none" /></a></div> <div class="amakuri-default-desc" style="overflow: hidden; _zoom:1;"><div class="amakuri-default-title" style="margin-bottom: 0.5em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046017619/mikannomoto0c-22" target="_blank">たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術</a></div> <div class="amakuri-default-posted" style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;">Posted with <a href="http://dadadadone.com/amakuri/" target="_blank">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">コクヨ株式会社</div> <div class="amakuri-default-label" style="margin-bottom: 0.5em;">KADOKAWA</div></div></div> <p>以上。</p>
265

[万年筆INK] 神戸インク物語 旧居留地セピア

新年(と新しいインクの瓶も)あけまして、おめでとうございます。 神戸インク物語の旧居留地セピアを購入しました。 エルバンのココアブラウンをくっきり濃いめにしたような素敵な茶色です。気に入りました。 Kobe INK物語 No.3 旧居留地セピア Posted with Amakuri NAGASAWA 茶色3色比較:旧居留地セピア、ココアブラウン、山栗 所有インクの中で比較的似ていると思われる3色を比較してみました。 神戸インク物語 旧居... <p>新年(と新しいインクの瓶も)あけまして、おめでとうございます。</p> <p>神戸インク物語の旧居留地セピアを購入しました。<br /> エルバンのココアブラウンをくっきり濃いめにしたような素敵な茶色です。気に入りました。</p> <p style="text-align: center;"><img width="300" border="0" height="333" alt="旧居留地セピア、ココアブラウン、山栗 - 帯" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/3browns2017_belt.jpg" /></p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01A9X6MBS/mikannomoto0c-22"><img width="160" height="113" style="border: none" alt="NAGASAWA 万年筆用ボトルインク PenStyle Kobe INK物語 (No.3 旧居留地セピア)" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/319gkRk53VL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01A9X6MBS/mikannomoto0c-22">Kobe INK物語 No.3 旧居留地セピア</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">NAGASAWA</div></div></div> <br /> <h3>茶色3色比較:旧居留地セピア、ココアブラウン、山栗</h3> <p>所有インクの中で比較的似ていると思われる3色を比較してみました。</p> <ul> <li>神戸インク物語 旧居留地セピア</li> <li>エルバン ココアブラウン</li> <li>パイロット 色彩雫 山栗</li> </ul> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="444" alt="旧居留地セピア、ココアブラウン、山栗 - 帯" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/3browns2017_belt.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーに(紙切れで)</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="318" alt="旧居留地セピア・ココアブラウン・山栗 - グラフィーロ - 2" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/cocoa3-GRAPHILO-2.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲GRAPHILO(グラフィーロ)にガラスペンで</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="318" alt="旧居留地セピア・ココアブラウン・山栗 - 365デイズノート - 1" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/cocoa3-365daysnote-1.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲365デイズノートに極細/細字万年筆で</span></p> <p>並べてみるとココアブラウンの淡さが際立つ。<strong>ココアブラウンのこの赤過ぎず黄色過ぎないグレイッシュな茶色</strong>、改めて好みだなぁと実感。</p> <p>その<strong>ココアブラウンを濃くしたような旧居留地セピア</strong>です。気に入らないわけがなかった。トモエリバーの帯状のやつなんか、濃さといい色味といい、いい塩梅で最高。</p> <p style="text-align: center;"><img width="396" border="0" height="165" alt="旧居留地セピア - 帯" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/belt-sepia.jpg" /><br /> <span style="font-size: small;">▲これヤバいっす</span></p> <p>ガラスペンや万年筆で書くと山栗っぽくもある旧居留地セピアですが、山栗はより色味が強く、旧居留地セピアのほうが枯れた感じがしますかね。</p> <br /> <h3>細字と中字で</h3> <p>旧居留地セピア、ひとまず#3776センチュリー(細字)とプロギアΣスリム(中字)に入れました。</p> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="318" alt="旧居留地セピア×センチュリーF×ほぼ日 - 2" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/sepia-3776-f-hobonichi-2.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲ほぼ日手帳に</span></p> <p>もはや万年筆充の感想をただ書き散らすだけの帳面と化しているほぼ日。もう少し日記っぽいことも書きたいんだけどな!<br /> どんどん<strong>字が雑になってるのは心奪われている証</strong>です(笑)そしてセンチュリーの書き易さに改めて感動。</p> <p>プロギアΣスリム(中字)のほうも、たっぷりと贅沢にインクが出て快適です。今まで色彩雫などいくつか入れてきましたが、セーラーのブルーブラックの次に書き易いかも。<br /> <br /> 拡大した時のこの淡い部分なんかたまらんですね。</p> <p style="text-align: center;"><img width="400" border="0" height="300" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/sepia-zoom-nobu.jpg" alt="旧居留地セピア - 拡大 - 信" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲365デイズノートに</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="500" border="0" height="354" alt="キャラメルチョコ感-2" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/caramelchoco-kebi-2.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーに</span></p> <p style="text-align: center;"><img width="450" border="0" height="584" alt="キャラメルチョコ感-1" src="//blog-imgs-100-origin.fc2.com/d/o/r/doremifaiianbai/caramelchoco-kebi-1.jpg" /> <br /> <span style="font-size: small;">▲トモエリバーに</span></p> <p>名月にビルマの琥珀を入れ、我が家の「プロギア夫婦」の醸し出す<strong>キャラメルチョコ感</strong>にひとり満足してニヤついています。</p> <br /> <h3>趣味文を参考に</h3> <p>今回「<a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777943496/mikannomoto0c-22">趣味の文具箱 vol.40</a>」の色の分布図を参考にしました。旧居留地セピアは以前から気になっていた茶色インクのひとつでしたが、分布図を見るとココアブラウンと非常に近い。道理でね、と大義名分を得た私。<strong>「ココアブラウン大好きな自分が気に入らないわけがないね?」</strong>と喜び勇んで入手しました。<strong>「ココアブラウンがあるから要らないね」とはならない</strong>のが不思議なところですよね。</p> <p>目の保養なのか目の毒なのか。</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777943496/mikannomoto0c-22"><img width="118" height="160" style="border: none" alt="趣味の文具箱 40 (エイムック 3556)" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51UIU7Lr9cL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777943496/mikannomoto0c-22">趣味の文具箱 40 (エイムック 3556)</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div class="amakuri-default-author">趣味の文具箱編集部</div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">エイ出版社</div></div></div> <p>この雑誌、インク一覧や粘度表を手元に置こうと思い今回初めて購入しました。が、案の定物欲が刺激される結果になったよね…そりゃまあそうか!</p> <p>色の分布図の他に、粘度&表面張力も載っていて、今後のインク選びの参考になりそうです。(旧居留地セピアの粘度&表面張力は残念ながら載ってませんでしたが。)</p> <br /> <p>▼このラベルの色は実際の色と随分違う気がする。</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01A9X6MBS/mikannomoto0c-22"><img width="160" height="113" style="border: none" alt="NAGASAWA 万年筆用ボトルインク PenStyle Kobe INK物語 (No.3 旧居留地セピア)" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/319gkRk53VL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01A9X6MBS/mikannomoto0c-22">Kobe INK物語 No.3 旧居留地セピア</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">NAGASAWA</div></div></div> <p>▼エルバンに試しやすいミニボトルが出(てしまっ)た。</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HJV9DKG/mikannomoto0c-22"><img width="160" height="160" style="border: none" alt="エルバン トラディショナルインク ココアブラウン 10ml hb11545" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41o7ShwJ2-L._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HJV9DKG/mikannomoto0c-22">ココアブラウン 10ml hb11545</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">エルバン</div></div></div> <p>▼私が持っているのはミニボトルのほうですが、果たして使い切る日は来るのだろうか。</p> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002K5U0O4/mikannomoto0c-22"><img width="160" height="160" style="border: none" alt="パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-YG ヤマグリ" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41Nv1%2BEI%2BgL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002K5U0O4/mikannomoto0c-22">色彩雫 山栗</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">PILOT</div></div></div> <p>以上。</p>
264

[映画] SHERLOCK 忌まわしき花嫁 再鑑賞(ネタバレあり)

19世紀コスプレしたシャーロック&ジョンに会いたくて映画を再鑑賞するうちに、なんかごにょごにょと書きたくなってきたので、勢いで書き散らしますね。 第一印象はもやっとしたんだけど、観れば観るほど評価上がってきた。 SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [DVD] Posted with Amakuri KADOKAWA / 角川書店 ぶわっと感想(ネタバレあり) ホームズの物語は「ワトソンが語っている」という点がいかように... <p>19世紀コスプレしたシャーロック&ジョンに会いたくて映画を再鑑賞するうちに、なんかごにょごにょと書きたくなってきたので、勢いで書き散らしますね。</p> <p>第一印象はもやっとしたんだけど、観れば観るほど評価上がってきた。</p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01FLUNPGY/mikannomoto0c-22"><img width="114" height="160" style="border: none" alt="SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [DVD]" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51cU3ZHiZnL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01FLUNPGY/mikannomoto0c-22">SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [DVD]</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">KADOKAWA / 角川書店</div></div></div> <br /> <h3>ぶわっと感想(ネタバレあり)</h3> <p>ホームズの物語は<strong>「ワトソンが語っている」という点がいかようにも解釈できる余地</strong>があって面白いよなぁ、と改めて思った。</p> <p> ホ−ムズ「私は感情を何よりも嫌悪している。感情は精密機械に入った砂粒だ。」<br /> ワトソン「それはあくまで私が読者に見せている君の像だ。」</p> <p>そうなんだよね。</p> <p> ジョン「君を動かすのはパズルじゃない、ドラマなんだ!!」</p> <p>ワトソンの語りからでしか(ホームズ自身が書いたケースもあるけど)彼らのことを知り得ないんだけど、ワトソン、なんだよね。</p> <p>ワトソンの書く物語は時に「ドラマチック過ぎて重要なところがいっこもない!!」なんてホームズにからかわれるけど、そんな愛すべき<strong>ワトソンのフィルターを通して書かれた、どうしたってワトソナイズされた</strong>お話なのであって、映画「忌まわしき花嫁」は、その制作秘話というかメイキングというか、内側の、読者としては決してのぞき見ることのできないはずの世界を見せてもらえたような、とびきり嬉しいプレゼントをもらったような、わくわくがある。</p> <p>ましてやドラマですっかり愛着の湧いた俳優陣が、19世紀の衣装に身を包み、相変わらずユーモアや皮肉を交えた知的な会話を交わしてくれる。現代版の良さを保ったまま、ヴィクトリア朝の雰囲気まで同時に味わえるなんて、夢。</p> <p>で、まさに夢だったんだけど、最初は十把一絡げに「夢かよー」と思った。思ったんだけど、今は気にならなくなったなぁ。盲目になっている節も否めないけれども、シーズン3から4までのつなぎとして、良いと今では思う。シーズン4、はよ。</p> <p>もっと深いところに行く、なんて、精神の宮殿に行くような感じもするし、夢オチとしては、本当にいかにもな夢っぽさがある。「夢なら何でもあり」っていうのを上手く料理してくれた気もする。(うわぁ、我ながら偉そうですいません。)</p> <p>拳銃を口から発射して自殺する花嫁を見せられたらモリアーティを彷彿とせずにはいられない。<strong>「あいつ、本当に死んだんだよね…?」</strong>というもやもや。亡霊だ何だというもやもやにも包まれながら、そのもやもやした霧が少しずつ晴れていくと、やっぱり現れるモリアーティ。よっ!待ってました!</p> <p>シャーロックとしては<strong>モリアーティを倒さずには(謎を解決せずには)いられない</strong>。そう決まってる。教授はライヘンバッハの滝壺に落ちて死ぬもんだ。「人はみんな死ぬもんだ」!そして<strong>シャーロックは、ホームズは、落ちても死なない。</strong><strong>だってワトソンがそう書いてるんだから</strong>。「死んでちゃ駄目」だ!!</p> <p>そんなこんなで意味不明な駄文ですが、とにかく面白いです「SHERLOCK」。他にもいっぱい。文章にできないもどかしさよ。</p> <br /> <div style="text-align: left; line-height: 1.5em; margin-bottom: 10px; overflow:hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default"><div style="float: left; margin: 0 20px 0 0;" class="amakuri-default-image"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01FLUNPC8/mikannomoto0c-22"><img width="129" height="160" style="border: none" alt="SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [Blu-ray]" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/517yhQ6iyfL._SL160_.jpg" /></a></div> <div style="overflow: hidden; _zoom:1;" class="amakuri-default-desc"><div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-title"><a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01FLUNPC8/mikannomoto0c-22">SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [Blu-ray]</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em; font-size: small;" class="amakuri-default-posted">Posted with <a target="_blank" href="http://dadadadone.com/amakuri/">Amakuri</a></div> <div style="margin-bottom: 0.5em;" class="amakuri-default-label">KADOKAWA / 角川書店</div></div></div> <p>以上。</p>
    Return to Pagetop